日本人に死の呪いをかけたのはイザナミだった!

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

日本人に死の呪いをかけた(1P目)


イザナミがかけた死の呪いにイザナギは・・

 

イザナミは無念そうに岩の向こうから、おそろしい呪いの声をあげました。

 

「わが愛しき夫イザナギよ。お前の振る舞いを私は決して許しはしない・・お前の所業の報いとして毎日地上の人間を500人殺して黄泉へ引っ張ってやろう」

 

そう!このイザナミの呪いにより、日本人は死んで黄泉に行くようになったのです。しかし、妻の掛けた死の呪いにイザナギは怯まずに言い返しました。

 

アマテラスVSスサノオ(古事記)(日本神話)

 

「わが愛しき妻イザナミよ。お前がそんな心無い事をするのなら、私は毎日、1000人新しく人間を産み出そうぞ」

 

こうして、甘ったれ神だったイザナギは妻の死を受け入れて、大きく成長していきます。イザナミが黄泉を見た(けが)れを水で清めた時に生まれたのが、アマテラスとツクヨミとスサノオでした。


日本神話ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

人間は必ず死にます。1年間に日本人は137万人も死んでいるのです。これは、愛媛県の人口に匹敵する人数で、死ぬ割合は140名に1名くらいで決して低くはなく、1日無事に生きられるのは、本当はスゴイ奇跡なのです。不老不死にはならなくても、新しく生まれる世代がある限り日本人は存続します。辛い事や哀しい事の向こうで、嬉しい事や楽しい事がある。それが社会なのです。大昔の日本人はそう考えて、死を捉え、命が尽きるまで精一杯生きていたんですね。

 

関連記事:【日本神話の逆襲】出雲王国とたたら製鉄に見る朝鮮半島との繋がり

関連記事:十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門はじめての邪馬台国

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 龐統

    デザイン担当:よりぶりん

    劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴

    伏竜(ふくりゅう)というあだ名で呼ばれた孔…

  2. 王莽
  3. ローマ法王の尻に敷かれる貧乏な欧州の国王達
  4. 劉備 結婚

    デザイン担当:よりぶりん

    劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2

    周瑜の立てた劉備暗殺計画は、孔明が事前に趙雲に渡してお…

  5. 劉備と呂布
  6. 眠る董卓

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP