ラスプーチンとはどんな人?デマが産み出した偽りのロシアの怪僧

はじめての三国志_ページネーション

こちらは3ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

ラスプーチンとはどんな人(1P目)


ラスプーチン暗殺

不死身のラスプーチン

 

ラスプーチンは、政界から手を引く事を条件に大金と豪邸と護衛を与えると政敵から懐柔されるなど、泥沼の政治闘争から抜けられなくなります。ですが、分離するのが不可能なレベルで皇后とラスプーチンは一心同体であり、アレクサンドラのラスプーチンへの盲従も深くなっていました。

 

そして、1916年の末になると、ラスプーチンは年内の自身の死を予言し、娘の口座に自分の預金を移すなど死を意識した行動をするようになり、外出を極端に恐れるようになります。かくして、1916年12月17日、ラスプーチンは大貴族、フェリックス・ユスポフ一派によって暗殺されました。


不死身のラスプーチン

 

ラスプーチンが殺害されたのは、ユスポフが新築したモイカ宮殿でした。ラスプーチンを招待したユスポフは青酸カリを混入したプリフールと紅茶をラスプーチンに勧めましたが、それを飲み食いしてもラスプーチンは苦しむ様子もなく平然としていました。

 

驚いたユスポフですが、さらにラスプーチンにワインを勧めて泥酔させ、その後に自室に戻るとリボルバーを取り出し背後から2発発射しました。銃弾はラスプーチンの心臓と肺を貫き地面に倒れ込みますが、しばらくするとラスプーチンは起き上がり、目を見開き自身の危機を知って逃げようとします。

 

うろたえたユスポフは悲鳴をあげて中庭に逃れ、その騒ぎを知って2階から下りてきた同志のプリシケヴィチがラスプーチンに向かい拳銃を4発発砲、4発の内3発は外れましたが、1発は右腎静脈(うじんじょうみゃく)から背骨を貫通し、ラスプーチンは雪の上に倒れます。

 

しかし、それでもラスプーチンは起き上がったそうです。まるでゾンビです。混乱したユスポフは、何を思ったか靴でラスプーチンの右目を殴り、その後、額を拳銃で撃ち抜きます。これが致命傷になり、さしもの怪僧も事切れます。47歳でした。

 

その後、ラスプーチンの死体は絨毯で()巻きにされ、自動車に乗せて凍結したネヴァ川に捨てられ、警察に発見されますが、ロシアの大物が関与した事件の為、警察の捜査は進まず事件の真相には謎が多いようです。


世界史ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

皇后アレクサンドラを通じてロシアの政治に関与したラスプーチンには、帝政ロシアを混乱させた責任があるでしょう。しかし、ラスプーチンは元々ドイツとの開戦には反対であり、その後もドイツとの和睦(わぼく)を模索するなど、一貫して平和主義でした。

 

ロシア正教の司教を自身の派閥に属する人間に替えるなど政治の私物化の面はありますが、晩年は暗殺に怯え、ままならない政治に疲れており、帝政ロシアを滅亡させた張本人とまではいえないでしょう。

どちらかというとラスプーチンは死後、写真の怪異(かいい)な容貌や不死身ぶり、謎だらけの暗殺の様子からミステリアスな人物像が造られて、大悪党のイメージが産み出されたのではないかと思います。

 

関連記事:世界の時を支配したグレゴリオ暦の不思議

関連記事:黒船を沈めよ!大砲鋳造と反射炉【鉄と日本の二千年史】

 

【人類が発明した時の記憶装置カレンダーの世界史】
カレンダーの世界史

 

 

< 1 2

3

関連記事

  1. 亀甲船(朝鮮水軍)
  2. 猛烈に強いテンプル騎士団
  3. ハーメルンの笛吹き男
  4. 女真族は辮髪
  5. シャルロット・コルデー
  6. ガレオン船(世界史)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP