コナン・ドイルとはどんな人?冤罪を解決した名探偵ってホント?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

小説を執筆するコナン・ドイル

 

1930年7月7日は、不朽(ふきゅう)の探偵小説シャーロック・ホームズシリーズを産み出した作家、アーサー・コナン・ドイルが71歳で没した日です。

 

コナン・ドイルの本業が医者だった事はわりと有名ですが、ホントはシャーロック・ホームズが嫌いで、連載中に殺して強引に終わりにしたり、政治活動家としても有名で実際に起きた冤罪事件を推理力で解決するなど、シャーロック・ホームズ顔負けの名探偵ぶりも発揮していたのです。今回は、とっても意外なコナン・ドイルの人生の一面を紹介します。


1859年5月22日スコットランドエディンバラに生まれる

コナン・ドイル

 

アーサー・コナン・ドイルは、1859年5月22日、スコットランド・エディンバラで測量士補チャールズ・ドイルの息子として生まれました。コナン・ドイルの祖父、ジョン・ドイルはダブリンからロンドンに出てきて風刺画家として成功し、長男ジェームズは画家、次男リチャードはイラストレーター、三男ヘンリーはアイルランド国立美術館館長という芸術家一家として成功しました。

 

しかし、コナン・ドイルの父、チャールズだけは測量技師補の地位から出世せず、さらにはアルコール依存症で測量技師補の仕事まで失い療養所に送られたので、青年期まで貧しい環境で育ちました。

 

ただ、学業面では、裕福な伯父の支援を受け、1868年にイングランド・ランカシャーにあるイエズス会の寄宿学校ホダー学院に入学。1870年にはその上級学校であるストーニーハースト・カレッジに進学して同校に5年間学びました。

 

そこを卒業後、ドイツ語の勉強を兼ねてオーストリア・フェルトキルヒにあるイエズス会系の学校に1年間留学し帰国。その頃、母メアリは少しでも生活費を楽にすべく、ある医師を間借り人として置いており、コナン・ドイルは医師の影響を受けて医者になろうと考え1876年にエジンバラ大学医学部に進学します。


エジンバラ医学部でホームズのモデルに出会う

医者の顔もあるコナン・ドイル

 

医師を志して入学したエジンバラ大学医学部での5年間ですが、植物学、化学、解剖学、生理学、その他の医療という技術には繋がりがない必修科目の履修という状態で面白いものではなかったようです。しかし、ここでコナン・ドイルは、後のシャーロック・ホームズの原型となる人物との出会いを果たしました。

 

それがジョセフ・ベル博士で、彼はちょっとした特徴から患者の状況や経歴を言い当てる人物で、さらに驚くべきことにスコットランドで警察の捜査に何回も関与し1893年のアードラモント殺人事件などに検察側の証人として参加しています。

 

ベル博士の助手になったコナン・ドイルは、その患者の僅かな仕草から状況や経歴を言い当てるベルの手法からシャーロック・ホームズを産み出したんですね。

 

また、大学への通学路に古本屋街があった関係で、古本もよく読むようになり、タキトゥスやホメーロスなどの古典、クラレンドン伯爵のイングランド反乱史、エドガー・アラン・ポーの小説などに強い影響を受けました。

 

コナン・ドイルは身長183センチ、107キロのレスラー体格で、スポーツ万能、クリケット、サッカー、ゴルフ、ビリヤード、ラグビーを楽しみ、さらにアマチュアのボクサーでもあり、相手がいると試合をしたがり中々強かったそうです。

 

【あの偉人の意外な裏の顔を紹介】
歴史ヒストリア


医者になるもヤブ医者扱いで小説投稿を始める

封神伝(書類)

 

大学在学中コナン・ドイルは、苦しい実家の家計の足しにしようと医師の助手をしてパートタイム労働をしたり、捕鯨船に乗り組んで8カ月船医もやりました。

 

その経験から大学卒業後にアフリカ汽船会社に船医として就職しますが、ここで乗客が次々とマラリアに感染その治療に追われ、遂にはコナン・ドイルも感染して一時生死の境を彷徨う経験をします。気候も暑くて耐えがたく、就職から3カ月でリバプールに寄港した時に退職しました。

 

その後、エジンバラ大学で同期のジョージ・バッドに誘われてプリマスのバッド診療所の共同経営者になりますが、元々繁盛していた診療所はコナン・ドイルが診察するようになると客が減り始め2カ月も経過しないうちに二人は喧嘩別れしました。

 

1882年6月、コナン・ドイルは、ポーツマス郊外のサウスシーで診療所を個人開業しますが、8年の経営期間に年収が300ポンドを超えた年はなく、馬車も保有できないヤブ医者として客がよりつかず苦しい経営を強いられます。

 

一方でスポーツマンのコナン・ドイルは地域社会にはすぐに溶け込み、ボウリング大会で優勝し、クリケット・クラブの主将を務めるなど地域から孤立する事はありませんでした。

 

患者が来ず暇なコナン・ドイルは、やがて、短編小説を執筆しては雑誌社に投稿するようになります。才能はあり、1882年には「わが友、殺人者」という短編小説がロンドンソサエティ誌から10ポンドで買ってもらえました。

 

ただ、当時は作品買取りは稀な事であり、小遣い稼ぎ以上にはならず、それ以上に掲載された雑誌には作者名がクレジットされないので知名度も上がりません。1885年には結婚していたコナン・ドイルは、このまま短編を書いても進歩がないと考えるようになり単行本になるほどの長編を書こうと思い立ちます。

 

そして、1886年3月から4月にかけて執筆した長編小説が、あの大学時代のベル教授をモデルにした私立探偵のシャーロック・ホームズが活躍するシリーズの第1作「緋色(ひいろ)の研究」でした。

 

私達は、シャーロック・ホームズというビッグネームを知っているので、これでコナン・ドイルが作家として大成功するかと思いがちですが、意外にも書くには書いたものの、連載してくれる出版社がなかなか見つからず、ようやく1886年10月末にウォード・ロック社に25ポンドという短編並みの安値で買われます。1888年には、単行本化されたものの、反響はほどほどでしかなかったようです。


ヤブ医者を止め作家業一本に絞る

海上での戦い(地図と本)

 

この後、コナン・ドイルは歴史小説などで長編を出しますが、何を思ったのか、1890年11月に、突如眼科医になると言い出し診療所を閉めます。

 

そして妻を連れてオーストリアの首都、ウィーンに移住して眼科医の実習を受けたもののコナン・ドイルのドイツ語レベルは専門的授業を受けられるレベルではなく、すぐに授業についていけなくなり、結局6カ月の研修を2カ月で終わらせ、1891年3月にロンドンに帰国します。

 

そして、ロンドンのモンタギュープレイス23番地の邸宅で暮らしつつ、アッパーウィンポール街において無資格で眼科医を始めますが、そもそもロンドンには有資格の眼科医が沢山いたので、ここでもヤブ医者扱いで患者が全く来なくなり、また、暇な時間を小説執筆に費やします。

 

コナン・ドイルは、自分は医者としても経営者としても才能がないと悟らざるを得ず、眼科医も廃業し執筆業一本に絞る事を決意しました。以後のコナン・ドイルは、サウス・ノーウッドの郊外、テニスン・ロード12番地に移住します。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. ちょっとしたことで人を処刑するカリグラ
  2. 隕石が地球に落ちるシーン(ツングースカ大爆発)
  3. スキッパーキ(航海する船)
  4. 何度も軍事遠征を行う好戦的なカール大帝
  5. ジャンヌ・ダルク
  6. 院内感染予防の父 センメルヴェイス・イグナーツ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP