大喬はどんな性格をしていた?実は性格すら分からない謎が多い孫策の妻

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

大喬はどんな性格をしていた?(1P目)


事実は小説よりも……

大喬と小喬

 

本当の所はわかりませんが、孫策と大喬の間には恋愛関係はなく、孫策が半ば無理やりに妻にしたという説もあるように、正史の記述だけ見ると大喬はあくまで孫策の「妻の一人」でしかないのです。

 

衝立の向こうから周瑜と話をしている孔明と魯粛に悪態をつく小喬

 

何とも皮肉なことに小喬の方は周瑜と恋愛をしていたと言われていますが、これは史実にある「二男一女」が大喬と孫策と違い、小喬の子ではないかと言われることに起因していると思うのです。

 

ほっぺたに矢を受ける孫策

 

というのも孫策と大喬は結婚してすぐ孫策が死んでいるから、大喬と孫策の子はいない、恋愛する暇もなかったのではないか……と想像されてしまうのですよね。

 

 

対して小喬と周瑜は結婚期間が10年ほどあるので、周瑜(しゅうゆ)の子は全て小喬が母親……と言えなくもないです。


孫策の子の母親は大喬ではない?

陸遜

 

因みに孫策の子の一人、娘が大喬の子で、その子が成長して陸遜(りくそん)に嫁いだ……と良く言われていますが、これについては実はちょっと怪しいというのが実情です。前述したように、孫策と大喬は結婚生活が短く、子もいなかった可能性があります。

 

孫策、陸遜、顧邵、他

 

なので恐らくこの娘は孫策の正妻か、別の妻の一人の子ではないかと思います……が、誰の娘であるか分からないよりも名前が知れている大喬の子、孫策の遺児が陸遜に嫁ぐ、というある種のロマンを感じさせるということもあり、個人的に(あくまでロマン的に)筆者はこの説は嫌いではありません。


大喬の悲哀

大喬・小喬 袁術

 

大喬は孫策に嫁ぐも、四ヶ月もしない間にその孫策が死亡。子供もいないまま、正史を追うと袁術(えんじゅつ)劉勲(りゅう くん
)
の妻子らと共に呉郡(ごぐん)へ送致された後の消息は一切不明となります。

 

妹が周瑜の妻になっているのでそこまでひどい扱いをされたとは思いませんが、それを踏まえても正史、演義の記述の少なさは目を見張るものがあります。

 

三国志を楽しく語るライターセン様

 

だからこそ筆者は現代の大喬の解釈を見ると、悲哀と共に「良かったなぁ」と思わなくもありません。ただ一人そのまま人生を終えたのではなく、短い間でも愛されたという思い出があって過ごしていた……そういうものを、大喬に感じずにはいられないのです。


三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

現代の小説、漫画、ゲームにおいて大喬は孫策の妻として代表的な存在。それは大喬が孫策の妻として唯一名前が分かっているということもあるでしょう。

 

ポイント解説をするセン様

 

しかし孫策の妻としてきちんと愛されているように描かれているのは、正史にも、演義にもその存在が良く分からないままにされてしまった彼女への手向け、もっというと「こうであってほしい」という願望もあるのかな、と思います。

 

もし今後、孫策がダークヒーローみたいに描かれる三国志モチーフの作品が出てきたら、悲劇の人としての大喬が見れるのかな?なんて、少し新しい姿にも期待してしまいますね。

 

参考文献:呉書孫破虜討逆伝 周瑜伝 江表伝

 

関連記事:周瑜がかっこいい理由は?周瑜の青春はいつだって親友孫策、大喬小喬のためな件

関連記事:大喬小喬とは?史実も正史も出番ほぼ無しの美人姉妹

関連記事:孫策は大喬を手に入れるためにとんでもない行動を起こした!?

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 趙雲
  2. 韓非
  3. 五虎大将軍の馬超
  4. 姜維、孔明
  5. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  6. 鄧禹と兵士

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP