不遇なんてウソ!陳寿の悲劇の歴史家像は捏造だった?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

陳寿の悲劇の歴史家像は捏造?(1P目)


陳寿は不遇か?

黄皓

 

一般に陳寿は不遇な歴史家と言われています。蜀の官僚だった時は宦官(かんがん)黄皓(こうこう)や諸葛亮の息子である諸葛瞻(しょかつせん)から疎まれたりしています。また、父の服喪中に体調を崩したらしく風邪薬を処方してもらい服用しますが、それを客人に見られて故郷の人々から「親不孝者」の烙印を押されました。どうやら陳寿は親の服喪中に問題を起こす癖があるようです。

 

張華

 

ちなみに儒教社会では親が死んだ時は、気絶するまで泣くのが最高級の親孝行とされていました。また、西晋においては呉の討伐論者である張華(ちょうか)の派閥に所属していたことから、出世が閉ざされたことも不遇の要因の1つとされています。

 

陳寿 三国志

 

そして不遇の最大の要因とされているのは、正史『三国志』執筆にあたり、陳寿自身は蜀を正統としながらも、西晋に仕える役人として魏を正統と扱わなければいけなかったことにありました。

 

正史三国志・呉書を作り上げる韋昭(いしょう)

 

この話は(しん)(1644年~1911年)の時代から有名であり、現代でも信じている研究者はいます。ところが、陳寿の不遇説には疑問が残る個所がいくつも存在していたのでした。


存在しなかった陳寿と黄皓の対立

怪しい巫女のい占いを信じる黄皓

 

まず陳寿が蜀の官僚時代に黄皓と対立した話。出典は『晋書』ですが、この書物は(とう)(618年~907年)の編纂物であり、内容も物語のようなものが混じっており史料価値が低いのです。

劉禅に気に入られる黄皓

 

それでは陳寿について書かれているもう1つの書物『華陽国志』はどうでしょうか?こちらは東晋(とうしん
)
(317年~420年)に編纂されたものであり、史料価値が高いもので有名です。だが、陳寿と黄皓の対立は全く記されていません。要するに陳寿と黄皓の対立は後世の歴史家の捏造と言われています。


実は出世していた陳寿

荀勗(じゅんきょく)

 

一般の概説書で陳寿は出世が出来なかったと言われています。確かに呉の討伐論者である張華・杜預に味方をしたことから、荀勗に疎まれて出世の道が閉ざされたのは事実でした。

 

晋の陳寿

 

ただし、陳寿の官歴を見ると必ずしも出世していないとは言い切れません。西晋で陳寿は佐著作郎(さちょさくろう)という七品の官位からスタートしています。この官位は西晋では出世コースに当たりました。

 

その後、地方に左遷されますが郡太守(ぐんたいしゅ)(五品)になります。最終的には中央官である太子中庶子たいしちゅうしょし)(五品)にまでなりました。太子中庶子は将来の皇帝側近です。現代の日本で例えるのなら、首相補佐官のような存在。陳寿はそこまでの位まで昇っていたのです。残念ながら皇太子が失脚したので、陳寿は辞退しています。

 

西晋第2代皇帝恵帝(けいてい)も陳寿の才能を称賛していました。また、陳寿のパトロンである張華も名誉職である九卿(きゅうけい)を彼にあげる予定にしていたのです。この計画は張華の失脚と死で頓挫します。こうしてみると、陳寿は出世していないどころか、蜀の生き残りの官僚の中では大出世しているのではないでしょうか?


政治家・歴史家としても勝ち組!

 

こうしてみると陳寿は幸せな人生だったのかもしれません。政治家人生の後半は荀勗から疎まれてしまいますが、政治家人生のほとんどが出世で終わっています。

司馬遷(しばせん)

 

また、他の歴史家と比較してもどうでしょうか?『史記』の著者である司馬遷(しばせん)少し友人をかばった程度で宮刑にされていますし、『漢書』の著者である班固(はんこ)も政治闘争に巻き込まれて獄死、『後漢書』の著者の范曄(はんよう)も反逆罪で死罪。

 

范曄

 

彼らに比べると陳寿は幸せな人生であり「不遇」な歴史家ではなかったのです。それどころか、陳寿は処世術に長けた政治家でした。忘れてはいけないのは陳寿の本業は歴史家ではなく、政治家なのです!

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

陳寿は生前から悪い噂の絶えない歴史家でした。今回紹介した父の喪に服している最中に薬を飲んだ事件や母の遺体を故郷に葬らなかった事件もその1つです。

 

中国の研究者たちは、これらの事件は出世出来なかった蜀の官僚たちがばら撒いた噂の可能性があると言っています。もちろん確たる証拠はありませんけど・・・・・・

 

※参考文献

・田中靖彦「陳寿の処世と『三国志』」(初出2011年 後に『中国知識人の三国志像』研文出版 2015年所収)

・増井経夫『中国の歴史書 中国史学史』(刀水書房 1984年)

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。この記事以外のことでも、何か気になることがあったら気軽にコメントしてください。お答え出来る範囲でしたら回答いたします。

 

関連記事:正史『三国志』の執筆者・陳寿と注を作った裴松之とは何者か?

関連記事:賈詡の功績と評価は陳寿と裴松之では全然違う!裴松之はアンチ賈詡?

関連記事:陳寿の曹操アゲ発覚!官渡の戦いの曹操軍は1万人じゃない?

 

【蜀漢の滅亡】
蜀漢の滅亡

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 結婚を喜ぶ孫策
  2. 韓非
  3. 袁紹と曹操
  4. 何皇后(毒蛇) 何進
  5. 後継者争い 劉協と劉弁
  6. 饅頭を作る孔明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典




PAGE TOP