司馬八達とは?司馬八人兄弟と馬家五人兄弟を考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

司馬懿

 

(しん)高祖(こうそ)にして、魏の皇帝たちを支えた人物、司馬懿(しばい)。その司馬懿を含めた司馬家の兄弟たちを「司馬八達(しばはったつ )」と呼びますが、この司馬八達の意味とは?

 

年を取った司馬懿

 

今回はそんな司馬八達の解説に加えて、馬家の五人兄弟についてもお話しましょう。




司馬家の八人兄弟たち

司馬懿

 

では司馬八達こと、司馬家の八人兄弟をご紹介しましょう。

 

長男・司馬伯達(しば はくたつ)

次男・司馬仲達(しばちゅうたつ)

三男・司馬叔達(しばしゅくたつ)

四男・司馬季達(しばきたつ)

五男・司馬顕達(しばけんたつ)

六男・司馬恵達(しばけいたつ)

七男・司馬雅達(しばがたつ)

八男・司馬幼達(しばようたつ)

ポイント解説をするセン様

 

これは姓と名ではなく、姓と字で名前を表したものですが、彼らは皆、字に「達」の文字が入っています。これにかけて彼ら兄弟は「司馬八達」と呼ばれました。




司馬八達

司馬懿

 

と言ってもただ全員に達の文字が入っているだけならば、ここまで有名にはなりません。彼らは全員が達の字を持ち、その上全員が聡明な人物たちであったことから、八人の達人にかけて「司馬八達」と呼ばれたのです。つまり司馬八達には「八人の達たち」という意味と共に、「八人の達人」という意味がかかっているのです。

 

「達」とは?

司馬懿

 

ここで少し説明をしておきたいのが、八人の達人について。「達人」と言われると「それぞれが色んな才能に優れていたのか」と思ってしまうと思います。

 

司馬懿

 

たまにこの八人の達人を政治や軍事、芸術などそれぞれ別方向に才能を発揮していた、と考えてしまっている人がいますが、この場合の八人の「達人」はちょっと意味が違います。それについて次で解説しましょう。

 

達人の意味

頭を下げて礼を尽くして接する司馬懿

 

達人と言うと一つの才能に秀でているいる人間を想像してしまいますが、この達人とは「道理に精通した人物」ということを示しています。つまり司馬八達とはただ優秀なだけではなく、人として行うべき正しい道を進んだ者たち、という意味です。

 

 

司馬懿の兄である司馬伯達(しば はくたつ)司馬朗(しば ろう
)
は広く民に慕われ、三男である司馬叔達こと司馬孚(しばふ
)
もまた、温厚で誠実な性格であり、曹丕(そうひ)の弟曹植(そうひ)を良く諫めたことを感謝されて厚遇されたとあります。優秀なだけでなく人の道を弁えた人物たち、それが司馬八達なのです。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 忘年会の特集バナー ver.3
  2. kawausoと曹操
  3. 司馬懿と曹操
  4. 周瑜の魅力
  5. 劉備と徳川家康

    はじめての変

    みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

    中国史好きの皆さんが密かに気になっている…

  6. 丁奉(ていほう)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP