父が優秀なばかりに…残念な活躍に終わった2世武将特集

2020年9月30日


はじめての三国志

 

はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつも『はじめての三国志』をご愛読いただきありがとうございます。

 

太史享

 

『はじめての三国志』では、武将や各時代、漫画やゲームなど幅広いジャンルのコンテンツを8500本以上ご用意しております。

 

諸葛恪の栄光と破滅03 諸葛恪

 

しかしながら常に新しいコンテンツを配信しているが故に、いつのまにか、お気に入りの記事を二度と読めなくなることも・・・・。

 

諸葛恪の栄光と破滅04 諸葛恪

 

はじ三の膨大なコンテンツにお気に入りの記事が埋もれてしまうのはあまりにも「もったい」。そんな思いからおもしろ過去記事を「キュレーション」する形を取らせていただきました

 

kawauso

 

今回のキュレーターは、編集長kawauso氏。三国志は百年ほど続く物語なので、有名武将には大体息子や孫がいます。

 

呉の身内から反感を買う_諸葛恪

 

でも、大体の場合、2世は父親を超える事が出来ず、プレッシャーばかりで損をする事が多いのです。今回は父が優秀なばかりに損をした2世武将を扱った記事をピックアップ!

 

正史三国志・呉書を作り上げる韋昭(いしょう)

 

以下より気になった父が優秀すぎて損をした2世武将の記事をお楽しみください。

 


・二世は辛いよ!やられキャラの張虎と楽綝の生涯を紹介!


・夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった?


・関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集


・諸葛瞻の評価は如何ほどでありますか?黄皓派だった諸葛亮の息子


・太史慈・張昭・韓当の子供はどんな人物だったの?呉の重鎮たちの息子事情


・諸葛融とはどんな人?真面目な諸葛家に生まれたエンターテイナー


 

 

はじめての三国志読者の声

 

【はじめての三国志 中の人一覧】 はじめての三国志メンバー 紹介バナー

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はじめての三国志 編集部

はじめての三国志

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

-アーカイブ