諸葛瞻の評価は如何ほどでありますか?黄皓派だった諸葛亮の息子


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

諸葛瞻

 

さて今回は勝手に命名した蜀滅亡シリーズ、内容はタイトル通りです。諸葛亮(しょかつ りょう
)
の息子である諸葛瞻(しょかつ せん
)
の評価に付いては、良く厳しい言葉を耳にします。これは最後の失策と、何よりも、よりにもよって、よりにもよって!

 

黄皓

 

黄皓(こう こう
)
派であったことが要因していると思われますが、その評価は果たして正しいのか?

そこで諸葛瞻の評価をもう一度見直してみたいというのが今回のメインテーマです。

 

自称・皇帝
当記事は、
「諸葛瞻 評価」
「諸葛瞻 黄皓」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 


諸葛瞻という人物

孔明の息子たち

 

ざっくりいってしまうと諸葛亮の息子です。諸葛瞻は父親の死後、武郷侯(ぶごうこう)爵位(しゃくい
)
を継ぎました。17歳で劉禅(りゅう ぜん
)
の娘を(めと)り、様々な官職を歴任していきます。書画(しょが
)
が巧みで記憶力が良いその姿を人々は父・諸葛亮と重ねて、何か良いことがある度に「諸葛様のおかげ」と褒めそやされていました。


黄皓のかげ

怪しい巫女のい占いを信じる黄皓

 

さてそんな諸葛瞻ですが、黄皓(こう こう
)
派だったと言われています。この時の蜀は内部では黄晧が専横(せんおう)しており、北伐(ほくばつ)を繰り返す姜維(きょう い
)
とは対立していると言ってもいい関係にありました。

 

姜維の地位を落とす文官

 

そして諸葛瞻も黄晧側に付いて姜維を降ろすべきと考えていたと言われているのです。この事から「そもそも姜維は諸葛亮が連れてきたんだろ、味方してやれよ」と非難されることが多いですね。


諸葛瞻、失態す

鄧艾

 

時代は流れて263年。鄧艾(とう がい)たちが蜀へと攻め込んできます。この時に劉禅は成都(せいと)まで攻め上がる勢いの鄧艾軍に当たるようにと劉禅からの勅命(ちょくめい)を受けました。

 

進軍する兵士b(モブ用)

 

こうして諸葛瞻は出陣することになります。この際に黄権(こう けん
)
の子である黄崇(こう すう
)
は「積極的に要害を塞ぎ鄧艾を侵入させないように」と進言するのですが……諸葛瞻はこれに従いませんでした。


失態重なっていく

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

この辺りを嚙み砕いて説明しましょう。黄崇は魏軍が来る前に要害を抑えるべき、と言いました。しかし諸葛瞻はその提案を蹴っただけでなくモタモタしてしまったので、要塞を奪われ、守備兵は鄧艾に投降。難解な道を通って疲弊していた鄧艾軍はここで拠点、兵力を立て直してしまったのです。

 

鄧艾と全面対決で敗れて亡くなる諸葛瞻

 

もはやこの時点で敵に勝てる道はなくなってしまったと言えるでしょう。最期に投降を進められた諸葛瞻は使者を切り捨て返礼とし、初戦では鄧艾を破るも反撃されて最後は戦死しました。この後、鄧艾は成都まで攻め上がります。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 曹操と呂布
  2. 顔良と関羽
  3. 孔明
  4. 孟獲とラブラブな祝融
  5. 法正が亡くなり悲しむ劉備

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 6月 12日

    父、諸葛亮の息子の評価はどうだったのでしょうか?




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP