何進と何皇后は本当にお肉屋さん?何兄妹のズバ抜けて出世した違和感


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

何進

 

今回は黄巾の乱(こうきんのらん
)
から乱世の呼び水になってしまったような何進(かしん)、そして何皇后(かこうごう)についてお話したいと思います。このお二人、元々は屠殺(とさつ)業者をしていたのが妹である何皇后が後宮に入り、霊帝(れいてい)の目に留まって寵愛され、最終的に皇后になったことで有名ですね。

 

肉屋

 

しかしこのイメージから「もとは肉屋だったくせに……」と言われてしまう場面、特に三国志演義では良く出てくる場面でもあります。今回はこの「職業」について、ちょっとお話しましょうか。

 

何皇后に至るまで

王族ボンビーから一転セレブ06 董太后、霊帝、何皇后(女性)

 

まずは妹、何皇后について。元々は屠殺業を営んでおり、長身の、しかも皇帝の目に留まったこともあっておそらくかなりの美人だったのでしょう。彼女は役人に賄賂を渡して後宮こうきゅう
)
に入り、その後に劉弁(りゅうべん )を産みました。

 

小帝(少帝劉弁)

 

そして180年、霊帝(れいてい)の皇后だった宋皇后(そうこうごう
)
が廃させられたので見事皇后の座を手に入れることになります。正にシンデレラのようなお話ですね。

 

姑との対立と、最期

王族ボンビーから一転セレブ07 董太后、霊帝、王美人(女性)

 

しかし後に劉協が生まれたことによってこの生母を毒殺。劉協は祖母になる董太后に養育されることになりますが、後にこの董太后(とうたいこう )は何皇后と対立したことから幽閉、殺害されたとも言われています。

 

張譲(宦官)

 

そして兄の何進は宦官(かんがん)たちに殺され、宦官たちは袁紹(えんしょう
)
らに殺され、時代の勝者は董卓(とうたく)となりました。

 

小帝(少帝劉弁)と董卓

 

この際に董卓は董太后の死に関わったとされる何皇后を毒殺。ある意味で董太后の報復により、何皇后はその最期を迎えることになりました。

 

異母兄、何進

何進

 

では次に何皇后の異母兄、何進について。何進もまた妹と同じように屠殺業を営んでいましたが、妹が皇帝に見初められたことで皇帝付きの武官にまで出世しました。

 

宦官を一掃することを決意する何進

 

その後に起こった黄巾の乱では大将軍となるまで上り詰めています。しかしその後、宦官たちを廃そうとするも先手を打たれて暗殺。更にその報復として袁紹らが宦官たちを廃して……乱世が始まることになるのです。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-,