董卓の娘婿・牛輔……謎過ぎる彼の立場を考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

牛輔

 

董卓(とうたく)娘婿(むすめむこ)である牛輔(ぎゅうほ
)
について、皆さんはどれだけのことを知っているでしょうか。余り知名度は高いとは言い難いため、もしかしたら「初めて知った」という人もいるかもしれませんね。

 

君主論 董卓

 

この董卓の娘婿、常に処刑用の斧と処刑台を常に傍らに置いておいたことで有名です。

 

「やはり董卓の娘婿、残酷な性格だったんだな!?」なんて思った人のために、彼のその性格と知れば知るほど謎の立場について、ご紹介していきたいと思います。




牛輔のその性格

牛輔と董卓

 

正史では牛輔は董卓に気に入られていたそうです。ただし何か活躍をしたということはなく、むしろ賊の討伐に失敗するなどしているだけで、どこが気に入ったのかちょっと分かりません。

 

さて処刑用の斧と処刑台を常に傍らに置いておかないといけない性格でしたが、別にやたら残虐ということではありません。と言うのも牛輔は常から兵をすぐに集められるように召集用の割符を握り締め、何かあったらすぐに処刑をできるようにしていたという、残虐さよりも臆病であることで有名でした。

 

牛輔

 

常に他人に対して不安だった牛輔は来客の度に「自分に害をなすかどうか」人相見をさせ、占わせてからやっと面会していたそうです……どんだけビビりなんだ。




牛輔の活躍とは??

橋瑁が決起文を送り反董卓連合軍結成

 

牛輔の活躍が見れるのは反董卓連合。連合軍を迎撃して董卓の遷都(せんと
)
の時間を稼ぐ、遷都に反対していた朱儁(しゅしゅん
)
を破るなど、中々の活躍を見せています。

略奪する兵士(モブ)

 

しかしこの際に進軍する際に、略奪と誘拐を繰り返し、誘拐した人物たちはなぶり殺しにするなどを繰り返したので、牛輔が通った後には何も残らないというほどに悲惨な有様だったと言われています。

 

 

おそらくその性格から残した物資や人物たちが自分たちに不利益をもたらすのを防ぐためではないかと思いますが、これは中々……董卓の残虐エピソードにも負けないインパクトがありますね。

 

関連記事:董卓の略奪方法が意外と高効率?董卓の墓荒らしを考察

関連記事:董卓が行った長安遷都とはどんなこと?長安遷都の意図は?

 

董卓暗殺後

ヘソにろうそくを刺される董卓

 

さて董卓は王允(おういん
)
らの計略によって暗殺されます。この際に娘婿ということで牛輔もその身、その命を狙われることになりました。しかし牛輔は呂布(りょふ)から派遣された李粛(りしゅく
)
を打ち破ります。

 

兵士 朝まで三国志

 

ここから巻き返すか?と思いきや、ここで出てくるのがそのどうして戦乱の世を生き抜いてきたのか分からないビビりの性格。ある日、軍の中で特に意味のない将兵の大騒ぎが起こりました。そこはビビりの牛輔ですから「謀反だ!」と思い込んで自身の財宝を支胡赤児らの側近に守らせ、逃走。しかしその財宝によって支胡赤児に裏切られ、首は王允らの元に届けられることとなりました。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 生姜を買ってくる左慈と曹操
  2. 沙摩柯
  3. 京劇の格好をした関羽
  4. 蜀の姜維
  5. kataru
  6. 二刀流の劉備

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 板倉
    • 2020年 10月 05日

    お邪魔します。
    漢牛邯為護羌校尉、居隴西。又有牛崇、牛嘉。魏有牛金。

    隴西の牛邯の裔に牛金がいます。牛輔も同族の可能性が高そうですよ




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP