朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人物

2016年1月17日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉備軍 曹操軍

 

・呉・蜀には猛将や勇将など数多くあらわれます。魏には張遼(ちょうりょう)夏侯惇(かこうとん)曹仁(そうじん)などの勇将。蜀には関羽(かんう)張飛(ちょうひ)趙雲(ちょううん)をはじめとした五虎将軍達。呉には甘寧(かんねい)凌統(りょうとう)などの勇士たち。他にも呂布(りょふ)顔良、文醜など一騎当千の武将が活躍した時代です。では後漢王朝には優れた将軍はいなかったのでしょうか。そんなことありません。

 

朱儁(しゅしゅん)

 

今回紹介する朱儁(しゅしゅん)は黄巾討伐で活躍し、その名声は天下に響き渡ります。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



各地で反乱を起こす賊を討伐

暴れる黄巾党008

 

朱儁は揚州の会稽郡出身の人物です。若い頃から必死に学問に打ち込み、後漢王朝に就職します。彼は就職するとすぐに軍を率いて、交趾で反乱を起こした賊を討伐するため出陣します。

 

協力して賊を討伐

黄巾賊 滅ぼされる

 

彼は五千の軍勢を率いて、交趾に赴きます。賊は反乱を起こした後、兵力を増し一万人ほどに膨らんでいました。彼は一人で戦っても勝てないと思い、隣郡の太守に協力を依頼。隣郡の太守は快く、協力依頼を受け、出陣します。彼と隣郡太守の挟撃により、賊軍は敗北し、賊の太守を捕え、処断します。この功績により、中央政府に出仕する事になります。

 

江東の虎を引き連れ出陣

孫堅 ゆるキャラ 三国志

 

183年三国志の始まりである黄巾の乱が勃発。朱儁は数々の武功を立てており、その軍歴が評価され黄巾討伐軍の大将に任命されます。彼は黄巾討伐に出陣する前に、江東の虎として恐れられた孫堅(そんけん)を部隊長に任命。孫堅は義勇兵1000人を引き連れ彼の軍勢に加わり、出陣します。

 

黄巾軍に大敗北

黄巾党員

 

朱儁は孫堅を部下に加え、黄巾軍と戦闘を開始。だが、黄巾軍の勢いが強く敗北してしまい、県城に逃げます。黄巾軍は朱儁が籠る県城を包囲し、猛攻を加えます。朱儁は必死に応戦しますが、陥落寸前まで追い詰められます。

 

黄巾賊

 

漢の将軍・皇甫嵩と協力して包囲軍を撃破

 

朱儁は漢の将軍皇甫嵩が援軍として来援すると、協力して、県城を包囲している黄巾軍に猛攻を開始。ついに黄巾軍を敗走させます。朱儁と皇甫嵩は黄巾軍を猛追撃し、大将である波才を討ち取る大功を立てます。二人の将軍は黄巾軍を討伐した功を認められ、侯の位を与えられ、その後各地の黄巾軍を討伐に成功。特進(三公の位に次ぐ職)に任命されます。

 

親しげに接してきた董卓を警戒

董卓えらそう 独裁

 

何進や袁紹らは宦官討滅作戦を決行。董卓はこの時たまたま皇帝を保護し、洛陽に入城します。何進は宦官に殺害され、袁紹は自らの領地に逃亡します。董卓は洛陽に入城した後、自らを相国(漢の最高位の職)に任じ、政治を自らの好きなように行います。そんな中、朱儁は董卓と会見します。董卓は表面上親しげに接してきますが、心の中では彼の名声を妬んでいました。朱儁も董卓がいきなり旧友のように接してきたので、警戒します。

 

朱儁の名声を利用しようと画策

朱儁の名声を利用しようと画策する董卓

 

各地の諸侯は董卓を討つため連合軍を結成。董卓のいる洛陽に向けて進軍を開始します。董卓は諸侯の大軍勢を見て洛陽を捨て、皇帝と共に長安へ都を移動しようと計画を立てます。彼は側近らにこの計画を打ち明けると、みんな賛成。董卓は側近がこの計画に賛成した事で、自信を持ち朱儁に相談します。しかし朱儁はこの計画に猛反対。董卓は朱儁の同意を得ておけば、この計画に朝廷の臣下も賛成するであろうと考え、一策を講じます。

 

朱儁を高い官職で懐柔しようと試みるも…

朝まで三国志 董卓

 

董卓が考えた一策とは何か。それは朱儁に高い官職を与え、彼を利で懐柔しようとします。董卓は計画を立てると早速彼の家に使者を送ります。朱儁は自宅に董卓の使者が来きて「董卓様はあなたの長年の功績を称え、太僕(高位の官職)の位を与える」と伝えます。朱儁は太僕の任命を断った後「長安に都を移せば、連合軍の結束はますます固くなり、倒すのが難しくなるでしょう。そのため洛陽にとどまった方がいいと思います」と都を移すことに反対の意見を述べます。使者は「あなたは官職の任命を断り、まだ計画もしていない事に反対するのか」と質問します。朱儁はこの質問に対して「私はそのような高位の官職を与えられる人物ではありません。私は董卓様が長安に都を移そうと計画していることに反対するのが臣下である私の役目です。」と答えます。董卓の使者はその後も言葉を変えて、彼の説得を試みますが、彼は太僕の任命を断り続け、長安に都を移すなと何回も使者に言い続けました。朝廷の臣下は、董卓の命令に従わず自らの意見を押し通した朱儁を褒め称えます。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

董卓の死後、李傕と郭汜が長安に乱入し、董卓以上の暴政を開始。その後李傕と郭汜が仲たがいし、両者が争い始めます。李傕は皇帝を自らの陣営に取り込みます。郭汜は朱儁をはじめとした朝廷の臣下を捕虜にします。朱儁は郭汜の捕虜になった屈辱に耐えきれず、病に侵されてしまいます。彼の病気はついに治らず帰らぬ人になってしまうのです。

 

関連記事:暴君・董卓は実は名将軍としての資質があった!?

関連記事:董卓は火葬で放置プレイされてチョー惨めだったってほんと!?

 

漢のマイナー武将列伝

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-はじめての漢
-