呂布が愛した人妻って?貂蝉のモデルとなった正史三国志の侍女とは?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

貂蝉を奪い合う董卓と呂布

 

呂布(りょふ)と言えば董卓(とうたく)の愛妾となった貂蝉(ちょうせん)に自分も虜となってしまい、そこから主である董卓に謀反をした……というのは三国志演義でのお話。

 

貂蝉と呂布

 

しかし全くの捏造スクープという訳ではなく、正史三国志でも呂布が董卓の侍女と密通していたと言われてもいるので、その元となった女性がいる訳ですね。そんな呂布ですが、実はその後も人の奥さんにお熱を上げていた!?

 

今回はその人妻について、お話したいと思います。




曹操と呂布の邂逅

曹操に捕らわれる高順、呂布、陳宮

 

さて話の始まりは呂布が曹操に敗れてのこと。投降した呂布は曹操の前に縛られた姿で連行されることとなります。

 

呂布のラストウォー 処刑される呂布

 

ここで有名な呂布と曹操の「縄がキツイ!」「虎を縛る時にはきつく縛るもんだ」というやり取りがあるのですが、正史三国志呂布伝が引く英雄記によるとこんなことが追加されています。




曹操によるお叱り!

曹操から水攻めを受ける呂布

 

ここで曹操は呂布に

 

「家臣の妻と関係を持とうとするなんて、自分の妻への裏切りである!だからお前は家臣たちに愛想をつかされて裏切られたんだ!」

 

呂布

 

と呂布を厳しく指摘、それに対して呂布は何も言わず黙ったままだったとか……何だか「曹操が言って良いのか」とツッコミを入れたくなりますが、この呂布が現を抜かした家臣の妻、人妻とは一体?

 

杜氏と結婚する秦宜禄

 

ここでは名前こそ出てきませんが、この人妻とは杜氏(とし)、呂布の部下であった秦宜禄(しんぎろく
)
の妻であり、後に曹操の側室となる杜夫人のことではないかと思うのです。

 

杜氏、杜夫人とは?

三国志を楽しく語るライターセン様

 

まず少し杜氏と秦宜禄のお話をしましょう。

 

袁術に助けを求める呂布

 

秦宜禄は呂布の部下であり、杜氏はその妻でした。曹操が呂布を包囲した時、袁術(えんじゅつ)に救援要請をすることになります。この時に派遣されたのが秦宜禄です。

 

袁紹

 

しかし何と救援要請に向かった先で秦宜禄は袁紹から漢王朝の血を引いた女性と結婚させられてしまいます。おそらく呂布と袁術の関係を強めるためと思われますが、そのまま結婚させられた秦宜禄は袁術の元で、妻である杜氏は下ヒに留まることとなります……ピンチの時に夫は傍におらず、別の所で別の女性を妻に……これでは杜氏の立場がありません。

 

曹操

 

その後、呂布が敗れた際に杜氏は巡り巡って曹操の妻の一人となるのでした。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 五虎大将軍の馬超
  2. 徐庶
  3. 袁紹を裏切る張コウ(張郃)
  4. 孫呉討伐戦の総大将に就任した杜預
  5. 兵士

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP