実は三国志時代を生んだ存在?宦官の正体




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

十常侍(宦官)

 

宦官(かんがん)、三国志、特に三国志演義ではいきなり十常侍(じゅうじょうじ
)
という存在として出てくるため、この強烈な存在は後々まで印象に残っていることでしょう。ですが同時にこの宦官には「悪」というイメージが何となく付いている、そういう人も多いと思います。

 

しかし宦官とは、実は三国志時代を生んだ存在だった……!?

今回は、そんな宦官について、できるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。




宦官とは?

宦官

 

さて、ちょっと生々しいお話もすることになりますが、宦官とは。

 

宦官とは男性器を切り落とした人物……と思われていますが、元々は官僚の役職名です。男性器を去勢した人は「エン人」と呼ばれ、他にも多数の呼び方があったようですが、時代が過ぎていくにつれて宦官と言う役職にはこのエン人しかいなくなったため、役職名と同一した呼び方となったようです。

 

張譲 宦官

 

またその昔はこの宦官になるのは「刑罰」もしくは「他国の捕虜」になった男性がこの宦官の役目になっていました。ここは重要ポイントなのでちょっと覚えておいて下さいね。




宦官、次第に権力を求めて

張譲(宦官)

 

さて刑罰の果てであった宦官は、段々と皇室内で権力を握るようになってきました。

 

宋代の公務員試験である科挙

 

というのも当時、官僚になるには現代でいう司法試験よりもずっとずっと入口が狭い科挙(かきょ)に受かる、そしてもしくはこの宦官になる、というある意味二者択一の選択肢しかなかったのです。当初は刑罰であった宦官は、次第に権力、そして地位を得るための手段となっていったのは皮肉な話ですね。

 

【日本にも大きな影響を及ぼした試験制度の歴史】
科挙の歴史

 

宦官登用の背景

献帝(はてな)

 

そんな宦官、どうしてそこまで必要とされた役職となったのでしょうか?

 

王族ボンビーから一転セレブ07 董太后、霊帝、王美人(女性)

 

まず宦官を部下にする大きなメリットとして、後宮の女性に手出しされないということがあるでしょう。そして同時に大きい理由として、宦官は「子供を残せない」ということがあります。

 

王族ボンビーから一転セレブ06 董太后、霊帝、何皇后(女性)

 

つまり一人の宦官が権力を持ったとしても、その子らにまで権力が渡ることはありません。後々起こってしまうような、一族に皇帝の座を奪われる心配がないのです。そういう意味で、宦官は皇室で重要視されていきました。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 一騎打ちをする太史慈と孫策
  2. 馬謖を斬り悲しむ孔明
  3. 曹丕に進言をする劉曄
  4. 戦で活躍する凌統
  5. 趙姫

    はじめての変

    曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4

    曹操の13人の妻を一挙公開! その4です。…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 10月 11日

    三国時代に科挙はまだない…
    出世の手段としての宦官が激増して問題となったのは明の時代で、宦官=悪の図式が成立するのもこの時代スよ…。

    • 板倉
    • 2020年 10月 11日

    宦官と言ったら真っ先に秦の趙高が出てきますね




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP