今日のkawauso49「盧江兵」

 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

三国志には、地名で括られた勇猛な兵士の名称が出てくる。

一番有名なのは、黄巾賊の青州兵、陶謙が率いた丹陽兵、益州に流れ込んできた関中の人々を編成した東州兵などがいる。

また、知らなかったが孫策が攻め落とした盧江郡にも精強な兵がいたようだ。

 

以後は、正史三国志陳武伝

 

孫策が劉勲を破ると盧江の人々が多く捕虜になったが、その中から精鋭を選りすぐって軍団を編成すると、

陳武をその指揮者に任じた。向かう所、敵がなかった。

進軍する兵士a(モブ用)

 

ちょっと読むと、へーと思うけど、陳武は215年の合肥の戦いで戦死しているので、盧江兵と言っても、あんがい大した事ないじゃんとも思う。

でも、わざわざ書く所を見ると、それなりの勇猛な兵士だったのか…

こういう名前付きの兵士って二次創作に使えそうだよね。

 

前回記事:今日のkawauso48「立場が変われば」

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 司馬朗と司馬防
  2. 玉璽に興奮する袁術
  3. 君主論05 曹操、kawausoさん
  4. 周瑜と陸遜
  5. 憤死する王朗
  6. 魯粛

    今日のkawauso

    今日のkawauso66「三国志演義被害者の会」

    「はじめての三国志」をよく読んでい…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“忘年会"

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP