忠臣?野心?太史慈くんは劉備に似てる!その理由とは?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

太史慈

 

呉の武将……というよりも、どちらかと言えば呉の下に来た群雄に近い存在の太史慈(たいしじ)。三国志演義では最大のエピソードとして孫策(そんさく)の信頼に応えたシーンが印象的なのもあり、忠義心に溢れた猛将と言うイメージを抱いている人も少なくないでしょう。

 

蜀の皇帝に即位した劉備

 

しかし筆者のイメージで話すならば太史慈は正史劉備(りゅうび)……もっというと結構な野心家!という訳で、そんな筆者観点から太史慈についてご紹介したいと思います。




太史慈の上奏文ビリビリ事件

太史慈

 

意外に思うかもしれませんが、太史慈は元々地方文官でした。そんな太史慈の名を(悪い意味で)広めたのが上奏文破り捨て事件です。

 

太史慈

 

太史慈は徐州(じょしゅう東萊郡(とうらいぐん)の出身でしたが、ある日この東萊郡と青州(せいしゅう)との間で訴訟が発生しました。先に政府に上奏できたほうが有利となる事態に、何と太史慈、青州の上奏文を手に入れ破り捨てたのです。という訳で訴訟は青洲側の敗北になりましたが、太史慈は役所を辞めて逃亡することになります。




「気に入った」→出奔

腐れ儒者気質な孔融

 

が、そんな太史慈に注目したのが孔融(こうゆう)。太史慈は母親が孔融に世話になっていたこともあり、孔融の下に訪れます。

 

孔融にお願いをする孔融

 

迎え入れられ活躍するも、太史慈はこれを後に出奔。同郷ということで劉繇(りゅうよう
)
に仕えることになりましたが、上奏文の件や孔融から出奔していたことから劉繇の下では優遇されないまま燻ることになります。

 

孫策との出会い

一騎打ちをする太史慈と孫策

 

その後、孫策(そんさく)との一騎打ちを繰り広げたりするものの劉繇敗北。この際に太史慈は残党を集めて独立勢力になりましたが、やはり孫策に敗北しました。孫策は捕縛された太史慈を部下に入れることにします。

 

小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでの太史慈と孫策

 

後に劉繇が死んだ際に太史慈は「劉繇の部下を連れてくる」と孫策に言い、孫策もそれを受け入れて自らの元から離れる太史慈を見送りました。この際に多くの人が太史慈が裏切ると言ったものの、太史慈は孫策の信頼を裏切らずに帰順しました。この場面は三国志演義でも印象深い場面として描かれていますね。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 最弱武将と対峙する張飛
  2. 実は頭がイイ賢い張飛
  3. 袁術
  4. 魏曹操と魏軍と呉軍
  5. 郭嘉を採用する曹操
  6. 樊稠

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 板倉
    • 2020年 10月 17日

    少し話が逸れますが、太史慈の件で書きたい事があったので書いてみますね。

    邴原別伝には『時東萊太史慈當歸』とあり、太史慈伝には『慈自遼東還』とあります。
    流れ的に太史慈は上奏文ビリビリ事件後に遼東に逐電していた事がわかります。

    ちょっと考えてみよう。
    公孫度伝に『越海收東萊諸縣、置營州刺史』とあります。これは公孫度が海を越えて青州東萊郡と諸県を治め、栄州として刺史を置いたと書いてあります。
    簡単に言うと太史慈の本籍地である東萊県は公孫度の支配地となっているんですよ。(たぶんこの時点で渤海の制海権は公孫度が握ってる)

    今にして思うと青州と東莱県の訴訟問題は青州と公孫度の問題だったのではないのか?

    と妄想してみました。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP