二宮の変からの成り上がり?孫峻の政策を考察

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

孫峻の政策(1P目)




孫峻の天下

二宮の変に巻き込まれて皇太子から格下げされる孫和

 

孫峻の手は諸葛恪とその部下の殺害では止まりません。諸葛恪の一族、配下を抹殺、二宮の変で生き残っていた孫和(そんか
)
を自殺に追い込み、殺害した諸葛恪と同じように専横を始めました。

 

嫉妬する孫魯班

 

孫峻はこの時から孫権の娘であり、皇太子であったが早逝した孫登の妹・孫魯班(そんろはん
)
と密通していたとも言われています。それ以外にも様々な非道をしたとされ、孫峻は魏の三方面作戦よりも多方面から恨まれるようになりました。

 

憤死する麋竺(モブ)

 

254年、孫登(そんとう
)
の息子である孫英(そんえい
)
が暗殺計画を練るも失敗、処刑。

255年、将軍孫儀(そんぎ)が暗殺計画を練るも失敗、自殺。

この際には孫魯班の讒言によって孫魯育(そんろいく
)
とその子供も連座させられることとなりました。

 

孫権の娘が大喧嘩 孫魯班、孫魯育

 

……因みに孫魯育は孫魯斑の妹で、将軍・孫儀は孫静の孫に当たる人物(孫コウの弟の子)です。もう少し言うと次の皇帝になる孫休の妻は孫魯育の娘です。

 

ポイント解説をするセン様

 

お分かりでしょうか。二宮の変の血族争いは、姿を変えてまだまだ続いていたのです。




孫峻の政策(それどこかで見た)

張遼の猛攻に泣きながら逃げる孫権

 

そうして呉で並び立つ者はないほどにのし上がった孫峻、魏に攻め込みます。ちょっと前に誰かが調子に乗って合肥に攻め込んで大敗したなぁとか言ってはいけません。しかしこの頃の魏はクーデターで混乱している時でもあり、この隙を、というのは間違っていなかったでしょう。

 

ただし天は孫峻を選ばなかったのです。

 

カン丘倹(毌丘倹)

 

毌丘倹(かんきゅうけん)の反乱、安南攻撃、両方で失敗を重ねていきます。これもどこかで見たとか言ってはいけません。




墜ちる

朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング

 

政策に失敗を続ければ不満が出ます。それも元々人望がなかったのですから更に加速します。最早落ちるほどもない評判ですから、待っているのは最悪の更に下でしょうか。

 

ここで周囲に疑心暗鬼になったのか、ここにきて今まで踏みつけてきた人々に罪悪感が出てきたのかは分かりませんが、孫峻は夢に出てきた諸葛恪に殴られて病気になり、そのまま病没しました。

 

諸葛恪

 

政争に勝ち続けて上り詰めた孫峻。最期にそれを打ち破ったのは、孫峻が推挙して切り捨てた、諸葛恪だったのでした。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

因みに呉の混乱はここで終わりではなく、孫峻が後事を託してしまった従兄弟の孫チンに受け継がれ、もうちょっとだけ続きます。もうちょっとだけとはどのくらいかというと、呉の終わりまでというからもう……もう。

 

ただしこれは呉の終焉ということもあって、三国志演義では孫峻はほとんど出番がなく、たま~にむしろ「きれいな孫峻」で出てくることもあるのが、何とも苦々しい笑いしか浮かばない所ですね。

 

参考文献:呉書呉主伝 三嗣主伝 宗室伝 孫峻伝

 

関連記事:二宮の変を考察!二宮の変は陸遜の殺害が目的だった?

関連記事:呉と孫権にとっては消したい事件・二宮の変って何?

関連記事:二宮の変をまとめてみた「起因と原因編」

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




< 1

2

関連記事

  1. 亡くなる周瑜
  2. 北伐したくてたまらない姜維
  3. 蜀の魏延
  4. 于禁
  5. 賈詡

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP