毌丘倹とはどんな人?異民族討伐ジュニア司馬師の術数の前に倒れる




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

カン丘倹(毌丘倹)

 

毌丘倹(かんきゅうけん)は西暦256年に毌丘倹・文欽(ぶんきん)の乱を起こし司馬師(しばし)に鎮圧された人物です。

 

父である毌丘興(かんきゅうこう)と2代で異民族討伐に手腕を発揮。曹爽(そうそう)政権に属しつつも汚職とは無縁で、逆に高句驪討伐に成功して魏の領土を拡張。合肥新城の戦いでは諸葛恪(しょかつかく)を倒すなど有能な将軍でした。しかし高平陵(こうへいりょう)の変で政権を握った司馬師に追い詰められて蜂起し残念な最期を迎えてしまうのです。




異民族討伐プロ、毌丘興の次男として誕生

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

毌丘倹は字を仲恭(ちゅうきょう)と言い、河東聞喜(かとうぶんき)の人です。父は毌丘興と言い文帝、曹丕の時代に武威(ぶい)太守となり、異民族の反乱を鎮圧して従え河右(かゆう)を開通し名声は金城太守蘇則(そそく)に準じました。

 

漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族)

 

毌丘興は蘇則と共に魏の武将で反逆者の張進(ちょうしん)討伐や胡賊の討伐で功績があり高陽郷侯に封じられました。さらに中央に召喚されて、宮殿や宗廟の造営を担当する将作大匠(しょうさくたいしょう)に任命されています。

 

司馬懿と曹叡

 

毌丘倹は父の死後に爵を継いで平原侯文学(へいげんこうぶんがく)となります。この平原侯と言うのは曹叡(そうえい)が皇太子になる前、格下げされていた頃の称号です。つまり平原侯文学とは曹叡の直属の配下という事で、やがて曹叡が曹丕の東宮(とうぐう)(皇太子)となると曹叡に重用され、転出して洛陽典農校尉(てんのうこうい)となりました。

 

司馬懿

 

ちなみに典農校尉とは、戸籍を別にされた民屯人民の労働を監督するポストで、曹丕の時代から典農校尉が私的な目的で民屯を搾取して富を得られるようになったので豪族羨望のポストとなり、後に政権を握った司馬懿が味方を増やす為に大いに活用したポストでした。

 

では、毌丘倹もそれを利用して富を得たのかというとそうでもないようで、逆に曹叡が諸葛孔明の死後に安心感から宮殿建築マニアになり、農民や士大夫に労役を強いるようになると、曹叡に上奏

 

「私が愚考(ぐこう)しますに、現在天下で急いで排除すべきは呉と蜀の二賊であり、急いで整えねばならないのは衣食です。二賊も滅ぼせず人民が飢え凍えていると言うのに、宮殿をいくら華麗にした所で無益でありましょう」とキツイ諫言をぶちかまします。

 

過労死する諸葛孔明

 

孔明が死んだって蜀が滅んだわけでもねーのに、安心して調子のってんじゃねーよと曹叡は冷や水をぶっかけられた気分だったかも知れません。

 

その後、毌丘倹は荊州刺史に異動になりました。曹叡が耳に逆らう事を言う毌丘倹を栄転の形で洛陽から追い払ったと考えるのは穿(うが)ち過ぎでしょうか?

 

関連記事:曹叡は本当に司馬懿を信頼していたのだろうか?

関連記事:137話:司馬懿の左遷と曹爽一派の独裁




幽州刺史となり公孫淵討伐に従軍

公孫淵

 

青龍年間(233年~37年)曹叡は遼東(りょうとう)討伐を図り、毌丘倹に軍事と統率の才があると見て荊州刺史から幽州刺史へ異動し度遼(どりょう)将軍、使持節(しじせつ)護烏丸校尉(ごうがんこうい)に任命しました。父は西の涼州で胡と戦っていましたが、毌丘倹は東の幽州で鮮卑(せんぴ)や烏丸と戦う事になったわけです。

 

毌丘倹は幽州の諸軍を率いて襄平に至り遼隧(りょうすい)に駐屯。すると、かつて袁尚に従って遼東に走った右北平烏丸単于(ぜんう・)寇婁敦(こうろうとん)遼西烏丸都督率衆王(りょうせいうがんととくそつしゅうおう)護留(ごる)がそれぞれ手勢5000人を引き連れて降伏しました。右北平烏丸単于寇婁敦は弟の阿羅槃(あらはん)らを洛陽に派遣して朝貢(ちょうこう)、魏は渠率(きょそつ)の二十余人を封じて侯・王とし馬車や絹などを下賜しました。

 

この勢いで毌丘倹は公孫淵を攻撃しますが、遼隧の戦いで公孫淵に敗北します。曹叡は翌年に大尉の司馬懿を派遣し、中軍及び毌丘倹を支配下に入れて公孫淵を攻撃させ公孫淵を滅ぼしました。

 

司馬懿と公孫淵

 

毌丘倹は功によって安邑侯に進封され食邑は三千九百戸を与えられます。これは公孫淵討伐よりも、それ以前に右北平烏丸単于寇婁敦や遼西烏丸都督率衆王の護留を帰属させた功績が評価されたのでしょう。

 

関連記事:郭嘉の功績とはどんなもの?提案は慌てず、クールに決める!

関連記事:公孫瓚は異民族に特別厳しかったのか?

 

【熱き戦いの記憶をコンパクト化】
三国志主要戦図一覧

 

高句驪討伐に成功

高句麗まで攻めるカン丘倹(毌丘倹)

 

公孫淵討伐では司馬懿に手柄を取られた形の毌丘倹ですが、正始年間(240年~49年)に大きな手柄を挙げます。

 

この頃、高句驪(こうくり)が王都を国内城(中国吉林省集安市)に移転。公孫淵に従い、魏と呉に服属しつつ叛いたり従ったりを繰り返していました。しかし、魏が公孫淵を滅ぼすと公孫氏の支配を逃れた高句驪の勢力が盛んになります。

 

魏は、高句驪に警戒心を持ち、楽浪・帯方両郡を復興して朝鮮半島の直接支配を目論みこうして毌丘倹は、歩兵と騎兵数万を動員して玄菟(げんと)に出征し、諸道から進軍して高句驪の本拠地に迫りました。

 

三国志 剣閣のお城

 

高句驪王、(きゅう)は歩騎2万人を率いて沸流水(ふつりゅうすい)のほとりを進軍し、梁口(かつこう)で魏軍と戦いますが度々敗れて敗走します。毌丘倹は、さらに高句驪の王宮がある丸都城を陥落させるべく、馬も車も通れないような悪路を進軍、丸都山(がんとざん)を踏破して高句驪の王都を攻め滅ぼし斬首と捕虜は千を数えました。

 

ここで毌丘倹は、高句驪人民の反発を招かないように墳墓(ふんぼ)を破壊せず樹木を伐採せず、敵兵の妻子を捕らえたら解放するように命令します。こうして、人民の支援を得られなくなった宮は単独で妻子を率いて逃亡。毌丘倹は一度帰還しました。

 

西暦245年、毌丘倹は、再び高句驪を攻撃。高句驪王、宮は逃亡して姿を消し、毌丘倹は玄菟太守王頎(おうき)に追撃をさせますが、ついに捕らえられませんでした。この時の討伐で斬首したり降伏を許したものは八千人あまり、毌丘倹は平定を済ませると開削工事をして農業用水を確保したので人民は恩恵を受けたようです。

 

関連記事:武臣政権とは?朝鮮半島にも武士がいた!【まるっと世界史】

関連記事:スサノオは朝鮮半島から来た!?三韓と出雲の連合構想とは

 

合肥新城の戦いで諸葛恪を撃退

諸葛恪の栄光と破滅03 諸葛恪

 

父親さながらに異民族討伐で功績を積み上げた毌丘倹は左将軍に至り、佳節監豫州諸軍事(かせつかんよしゅうしょぐんじ)として豫州刺史を兼領。転じて鎮南(ちんなん)将軍となります。

 

この頃、諸葛誕が東関で戦った時に勝利しなかったので諸葛誕と毌丘倹に命じて任地を交換。諸葛誕が鎮南将軍となって豫州を都督し毌丘倹が鎮東将軍となって楊州を都督します。呉の諸葛恪が合肥新城を包囲すると毌丘倹は文欽と共にこれを防御。太尉司馬孚(しばふ)が中軍を率いてて包囲を解き、諸葛恪は退却しました。

 

忙しい方にざっくり解答03 kawausoさん

 

西暦250年代になると、魏では将軍と土地は切り離され、任地を簡単に交換するような事も可能になっています。これは毌丘倹世代の将軍が、例えば劉備や曹操のような叩き上げで配下の私兵団を個人のカリスマで統率していたのとはまるで違う、強力な中央集権時代を生きていた事実を物語っています。

 

そしてそれは、反乱を起こすには極めて不利な要素でした。

 

関連記事:司馬師ってめちゃくちゃ天才だったのでは?三国時代を終わらせた司馬師の「地味な天才っぷり」をまとめてみた

関連記事:歴史書『三国志』の曹植のモデルは司馬師の養子である司馬攸だった?

【次のページに続きます】



次のページへ >

1

2>

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 7月 11日

    こっちは私個人の感想です。

    毌丘興を見てからの毋丘倹について。
    武威太守毌丘興は第二の韓遂となった麹演に道を遮断される。毌丘興は護羌校尉の蘇則に助けを求めた。蘇則は張既から援軍得て毌丘興と一緒に反撃に出ます。張既は毌丘興の農地開拓と賊討伐と叛胡討伐の功績を上奏して高陽郷侯とした。将作大匠になった。
    この麹演の事件の時期は不明。注釈の魏名臣奏には『雍州刺史張既』とあるから張既がまだ雍州刺史時代(黄初元年〜二年)の出来事だとわかる。

    ↑いやぁこれはこれで良いんだけど、これの面白いのは生前の毌丘興が将作大匠として宮殿の修築やら造営をしてたのに子の毋丘倹が親の仕事を全否定してみせたとこでしょうね。しかも皇帝に非を鳴らすとか勇気ありますわ。

    • 月友
    • 2021年 7月 11日

    裴潜が荊州刺史になったのが黄初六年。在任期間で見ると黄初六年〜太和元年。西暦だと225〜227年です。
    毋丘倹が荊州刺史になったのが青龍三年(235)。一年の勤務で幽州に異動です。

    227年〜235年は荊州刺史や牧が不在の状況です。この間に荊州の運営をしていたのが、驃騎将軍都督荊揚二州軍事鎮宛となった司馬懿なんですよ。
    司馬懿は太和四年(230)に加大将軍大都督仮黄鉞と権限が拡大してますね。
    そして同年に大司馬の曹真が子午谷に攻め入ると荊州方面からは司馬懿が漢中の南鄭を攻めます。
    太和五年(231)に曹真が病没すると司馬懿は大将軍都督雍涼諸軍事となって雍州に赴任(異動)します。

    話を戻すと毋丘倹が青龍三年(235)に荊州刺史になります。確かに刺史としては裴潜の後任ではあるが、裴潜の太和元年(227)の刺史退任から青龍三年(235)までの刺史不在の期間に裴潜が毋丘倹を荊州刺史に推したのかな?
    いや、この227年〜235年の期間が余りに長すぎると思いますよ。この期間での裴潜の動きを裴潜伝や注釈等から洗って行かないと解らない事だらけ。特に上奏ネタが拾えれば接点に繋がるんですが。
    まぁほぼ裴潜伝に目を通してない私が言う事では無いんですけどね。これはまた暇な時に調べてみるかもですね。

      • じつどうだいすけ
      • 2021年 7月 12日

      月友さん、解説ありがとうございます。毌丘倹の父、毌丘興も張既・夏侯儒・蘇則・郝昭らと関わりがあって興味深い人物ですね。官職で人物を追跡して観ると、違った三国志の見方が出来るので面白味があります。毌丘倹が首都洛陽の典農(中郎将)を務めているのも、注目したい事実です。ここでも、農政官吏の出世ルートを拡げた裴潜とのつながりが観て取れます。毌丘倹同様、陳羣・孫礼・楊阜なども、曹叡に建築の自制を促している位ですし。司馬懿・裴潜・毌丘倹・州泰・鄧艾は、人事でリンクしていますから。

    • じつどうだいすけ
    • 2021年 7月 09日

    毌丘倹は河東郡聞喜県出身で、裴潜・裴秀親子と同県同郷です。毌丘倹の荊州刺史就任は、中央に尚書として召還された裴潜の後任。幽州刺史転任も、曹叡の信頼厚く尚書令まで昇進していた裴潜の肝煎りだったと考えられます。鮮卑を味方につけ、司馬懿の助力を受けての遼東の公孫淵討伐が、邪馬台国の魏への朝貢を呼び込んだと言ってもよいでしょう。毌丘倹の推挙で、裴秀が出仕していますし。司馬孚と共に諸葛恪を撃退し、司馬師よりも治政官として高い評価を受けた事が、粛清につながったのでは。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP