三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての呉

孫登(そんとう)とはどんな人?超絶優しい孫権の長男

この記事の所要時間: 256





 

蜀の劉備(りゅうび)の後継者は劉禅(りゅうぜん)です。

頭が悪く蜀を滅ぼした君主としてのイメージが強いと思います。

魏王朝を創設した曹操(そうそう)の次男・曹丕(そうひ)は、

クールでひどい事をするイメージが強い人物ではないでしょうか。

このように三国志に登場する群雄の息子達にはある程度のイメージがあると思います。

では皆さんは孫権(そんけん)の息子・孫登(そんとう)には、

どのようなイメージをお持ちでしょうか。

実は孫登

三国志で一番優しいと思われる人物だったのです。

今回は孫権の長男・孫登のイメージをご紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ

関連記事:呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!

 




 

三国志一優しく努力する孫登

 

孫登は三国志の一角を占める孫呉の当主・孫権の長男として誕生します。

劉備の息子・劉禅のように自分で決断しない人物ではなく、

孫権から都市の統治を任されると孫呉の重臣や自分の側近達と相談して、

しっかりと都市を治めることができる人物でした。

また曹丕のようにクールで冷酷な事をする人物ではなく、

パパを心配し、友人を大切にする人だったそうです。

この孫権の長男・孫登ですがめちゃくちゃ優しい人物なのです。

 




 

パパ思いの孫登

 

孫登は孫権パパを大切にする孝行息子だったそうです。

孫登がどれくらい孫権に孝行を尽くしてきたかここでご紹介しましょう。

孫権は優秀で有能な次男・孫慮(そんりょ)が亡くなるとショックでご飯が食べれなくなってしまいます。

孫登は孫権が次男を失った悲しみでご飯を食べずに何日も過ごしている事を知り、

急いで孫呉の首都・建業へ赴きます。

孫登は建業に到着し、孫権の様子を見るとご飯を食べないせいで、

痩せこけていました。

孫登はこのパパの姿を見て涙を流して悲しみます。

 

そして孫登は孫権パパに「孫慮は起き上がることのできない病だったのです。

魏は未だ健在で強大な兵力を要しており、

陛下(孫権)が悲しんでご飯を減らして体調を崩されれば国家の一大事です。

どうか陛下。国家のためにご飯を食べて体調を整えてください。」と涙を流しながら、

孫権パパにお願いします。

 

孫権は孫登が涙を流してお願いする姿に心を打たれ、

この日を境にご飯を食べて行くようになります。

パパ思いで優しい孫登の一面がお分かりになったのではないのでしょうか。

でもまだ物足りないという人のために孫登の優しい一面をもう一つご紹介しましょう。

 

転職活動に役立つ特集記事

 

民衆を考えた行動と即断しない判断力

 

孫登はある日趣味の狩猟へ出かけます。

いつも孫登は民衆の田畑を荒らさないようにするため、

田畑を避けて馬を走らせていました。

そんな孫登に金属製の球を放ってくる事件が発生。

孫登の側近達は犯人を捜すため村に入って聞き込みを開始します。

そんな中、一人の民衆が森の中で球を発射する装置を持って現れます。

孫登の側近はこいつが犯人に違いないと考え引っ捕えて、

バツを与えてやろうと考えます。

 

しかし孫登は側近達へ

「犯人と決め付けるのはよくない!!彼が持っている球と

私に打たれた球を調べよ」と命令。

 

側近達は孫登の命令に従って孫登に打ち込まれた球と民衆が持っていた球を調査。

その結果、孫登に打ち込まれた球と民衆が持っていた球が違っておりました。

側近達は民衆を解放して孫登に謝ったそうです。

孫登の即断しない判断力と周りの意見に惑わされない決断力が見て取れ、

民衆の田畑を荒らさないようにする優しさが見て取れるのではないのでしょうか。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

孫登の優しさは三国志一番と言っても過言ではないでしょう。

民衆に対する優しさ、パパへ尽くす孝行、優れた判断力、

周りに惑わされない決断力を持っていた孫登。

こんなに優れていた孫登ですが、

孫権の跡を継ぐことなく若くして亡くなってしまいます。

もし彼が孫権の跡を継いでいれば、

孫呉の国はかなりの強さになっていたと思いませんか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志呉書 小南一郎訳など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介

関連記事:【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 潘璋(はんしょう)とはどんな人?素行や勤務態度は悪いけど呉の最強…
  2. 水攻め、地雷?三国志の中で最強の計略ランキングを三國志ライター黒…
  3. 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第28話「死の帳面」の見ど…
  5. 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って…
  6. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる
  7. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  8. 藤崎竜先生の過去作品や絵柄・天才的な画力を紹介!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 横浜関帝廟のご利益のでる参拝の仕方とは?パワースポットにも最適?
  2. 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編
  3. 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?
  4. キングダムの王翦は史実通りの最強武将だった!その理由とは?
  5. 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文官
  6. 江藤新平VS井上馨 汚職政治家と清廉な改革者の戦いの行方

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの? 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす 呂布の裏切りについて考察してみた 劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの? 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介 ペリーとはどんな人?日本開国の動機は有名過ぎる兄を超える為だった! 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性

おすすめ記事

  1. 傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたくありません!
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11/27】
  3. オトコ漫画が読みたいヤツ集まれ!キングダムを超える戦国群像劇「義風堂々」
  4. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  5. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  6. 曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた
  7. 本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者!
  8. 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP