どうして17世紀のオランダは世界最強になったの?世界史を丸わかり!




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

17世紀は、世界史的にもオランダの黄金時代と呼ばれています。その時代、オランダでは貿易、科学、軍事、芸術が世界最高水準に到達しました。しかし、オランダは欧州の小国に過ぎず、16世紀には神聖ローマ帝国の一部に過ぎません。

 

そんな小さな国が、どうして17世紀の世界で最強になったのでしょうか?

 

今回のまるっと世界史は、近代にも通じる国家繁栄の秘訣(ひけつ)を黄金の17世紀から(ひも)解きます。




オランダの前身ネーデルラント時代

 

15世紀のオランダは、ネーデルラントと呼ばれ、現在のオランダ、ベルギー、ルクセンブルクが含まれた16州から構成されたブルゴーニュ公国の一部でした。この頃のネーデルラントは、毛織物の生産により経済的先進地となり、ガンやアントワープなどの富裕な都市を産み出していきます。

 

しかし、1477年にブルゴーニュのシャルル豪胆公(ごうたんこう)が戦死すると、豪胆公の一人娘のマリー女公は神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世と結婚し、ネーデルラントはハプスブルグ家の所領になります。




スペインからの独立戦争

 

その後、神聖ローマ皇帝カール5世の時代に入るとネーデルラント16州は受難の時代を迎えます。カトリックの庇護者(ひごしゃ)であるカール5世に対し、ネーデルラントでは新教のプロテスタント、カルヴァン派が普及していたからです。

 

やがてスペインからの使者による宗教裁判、異端審問(いたんしんもん)が行われ、その横暴さから迫害を受けたプロテスタントのみならずネーデルラントのカトリックも、スペインの統治を憎悪するようになりました。

 

カール5世の後を継いだスペイン王フェリペ2世は、カール5世以上に妥協も譲歩もしない強権的なネーデルラント統治を続け、ついに1568年、我慢できなくなったネーデルラント諸州は、有力貴族のオラニエ公ウィレム1世を先頭に反乱を起こします。

 

【世界が歩んだ軌跡がまるっと分かる】
まるっと世界史 特集バナー

 

ネーデルラント共和国として独立

 

戦争は当初、大国スペインが有利であり、ネーデルラントの低地諸国はことごとく再占領されますが、途中でイングランドとスペインの間で英西戦争(えいせいせんそう)が勃発した事でスペインの進軍が停止しました。

 

これを受けてネーデルラント北部7州は勢いを盛り返します。西暦1585年8月17日、当時の世界で最も重要な港であるアントワープがスペインから、北部7州の手に落ちました。

 

こうして、ネーデルラントは、北部7州が独立してネーデルラント連邦共和国と名乗り、カトリックが多いスペイン領の南部ネーデルラント10州との分離が確定します。

 

独立戦争は、その後も継続して続きますが、ドイツ30年戦争を終結させた1648年のヴェストファーレン条約によりネーデルラント共和国が国際的に独立国として認知され、正式にスペインからの独立を果たしました。このネーデルラント共和国が現在のオランダの直接の先祖にあたり、南部10州はベルギーやルクセンブルクとなりました。

 

カルヴァン派の金持ちがオランダに集まる

 

オランダが繁栄を極める契機(けいき)には富の流入が関係しています。

 

1585年アントワープが陥落した時の条件で、南部ネーデルラントに住むプロテスタント・カルヴァン派住民には、カトリックへの改宗、それが無理ならプロテスタント国への移住など、身の振り方を考えるよう4年間の猶予期間(ゆうよきかん)が与えられます。

 

カルヴァン派の住民は、熟練工やブルッヘ、ヘント、アントワープの金持ち商人が多く、彼らは考えた末に、カトリックの土地で肩身の狭い思いをするより、プロテスタントが圧倒的に多いネーデルラント共和国への移住を選びます。

 

こうして、多くのプロテスタントは、小さな港だったアムステルダムに住み着き、1630年までにアムステルダムは世界で最も重要な港町、商業の中心地へと拡大していきました。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>
  • コメント: 0

関連記事

  1. 忙しい方にざっくり解答03 kawausoさん
  2. 夜空を見上げる古代の人々と暴走する月(ギリシャ人)
  3. 暗殺の天使 シャルロット・コルデー
  4. オランダ人の踊り子、マタ・ハリ
  5. シャルロット・コルデー
  6. スキッパーキ(航海する船)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP