南蛮一の知恵者・朶思大王の策戦がただのパワープレーで逆にスゴイ!

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

南蛮一の知恵者・朶思大王(1P目)




油断が敗北を招く

孔明退治を妄想する朶思大王

 

因みに南蛮一の知恵者と言われる朶思大王は諸葛亮の軍勢は全滅していると油断しまくっていただけに、元気いっぱいに到着した諸葛亮の軍勢にびっくり!

 

驚きすぎたのか朶思大王は孟獲に降伏を薦めるのですが、孟獲はやる気満々。

 

舌戦で煽るのがうまい諸葛亮孔明

 

そんなこんなの孟獲たちの所に援軍がやってきたことで「これなら勝ったも同然!」ととても大きなフラグを立てながら宴会を開いたのですが、実は既にその援軍は諸葛亮に組していたのだった……

 

朶思大王、孟獲

 

ということで捕縛されて南蛮一の知恵者とはいったいどの辺だったのか分からないまま朶思大王は孟獲たちと捕縛、釈放のコンボを決められてしまうのでした……合掌。




朶思大王の最期

朶思大王、孔明

 

さて一度は釈放された朶思大王ですが、この後で一応活躍はします。

 

モブ朝まで三国志

 

孟獲軍の救援要請の時間稼ぎに、要塞にて川を掘として利用して戦うという、やっと知恵を使った戦い方をして、更に毒の矢を利用して川を渡らせないという戦法で諸葛亮軍を苦しめるのですが、相手が悪かった。

 

進軍する兵士c(モブ用)

 

暴風が吹いている間に土嚢を積み上げて蜀軍はこの難局を乗り越え、蜀軍と南蛮軍の乱戦による乱戦の中、朶思大王もまた戦死してしまうのでした。




「相手が悪かった」と嘆く朶思大王

四輪車に乗る孔明

 

南蛮一の知恵者と出てくる割にはそこまで知恵を巡らしたというような描写は少なく、最終的には諸葛亮の策によって敗北するという朶思大王。もしかしたら朶思大王よりもたくさん出てくる謎の泉の方が印象に残っているという方もいるかもしれませんね。

 

とはいえ南蛮の奥地が未知の土地である、ということをこれでもかと見せつけてくれた相手でもありますね。

 

扇からレーザー光線を放つ孔明

 

余談ですが横山三国志では朶思大王、諸葛亮に対して「神か悪魔か……」というようなセリフを投げかけています。確かに三国志演義の諸葛亮は色々なものを超越したような存在ではありますが、これをここで言われるとなんとなく苦笑いを浮かべてしまうのは筆者だけですかね?

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

南蛮一の知恵者と言われる朶思大王、しかしその知恵が万全にまで活かされることはあまりなかったように思います。しかし土地を熟知し、利用しているという面では確かに朶思大王は「知恵者」でした。

 

三国志を語るセンさん

 

諸葛亮相手でなければもっとそんな一面を見れたのかな……と思うと、三国志演義の登場人物とはいえもっと活躍を見ていたかった人物だと思いますね。

 

参考文献:三国志演義 横山三国志

 

関連記事:七縱七禽は自作自演!蜀のズッ友・孟獲は最初から諸葛亮と組んでいた

関連記事:南蛮にはどんな部族がいたの?リアルな南蛮を分かりやすく解説

関連記事:インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ!

 

【南蛮征伐特を思いっきり楽しむ特集】
南蛮征伐特集

 




< 1

2

関連記事

  1. 君たちはどう生きるか?劉禅
  2. 法正と劉備
  3. 司馬懿と公孫淵
  4. 朝まで三国志 劉備
  5. 曹操に降伏する劉琮

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP