倭寇とはどんな人?海賊?商人?アジアを股にかけた無国籍人




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志に出てくる海賊達 張伯路

 

倭寇(わこう)という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。ですが、詳しく知っている方は歴史ファンでも稀です。

海賊のようなイメージがあるけど、貿易もしていた?

 

そう、倭寇にはいくつかの側面と歴史があり、1言では説明できません。

今回は、そんな倭寇について詳しく解説していきたいと思います。




前期倭寇と後期倭寇

三国志に出てくる海賊達

 

まず、大きな流れですが、倭寇という言葉が史料に多く残るのは、大きく2つの時代に分けられます。

 

それは、14世紀前後(日本の鎌倉時代から室町時代の初期)と、16世紀ごろ(日本の戦国時代)です。それぞれ、「前期倭寇」「後期倭寇」と呼ばれています。後期倭寇の方が派手ですので、「倭寇」と言うと戦国期の後期倭寇を指していることもしばしばです。

 

また、『倭』というのは日本を指す別称ですが、倭寇は日本人だけではありませんでした。「日本近海の怪しい海の集団」という意味合いで、後期になればなるほど日本人の割合は減っていきます。

 

スキッパーキ(航海する船)

 

後期倭寇は主に中国人で、後に遠征してきたポルトガル人たちもこれに関わっていたと言われています。




前期倭寇

同年小録(書物・書類)

 

すみません。このへんは、ほぼ歴史の教科書のような雰囲気です!

 

前期倭寇は14世紀、日本では南北朝時代から室町時代の初期に活動していました。朝鮮半島の情勢は、高麗(こうらい
)
から李氏朝鮮(りしちょうせん
)
の初期にあたっています。日本国内は、室町幕府を開いた足利氏と、吉野へ逃れた南朝が争っている騒乱の時代です。後期倭寇もそうですが、こういった政治の混乱期に多いようです。このころの活動エリアは、朝鮮半島の沿岸部と中国の沿岸部の1部でした。

 

朝鮮半島を統一した高麗

亀甲船(朝鮮水軍)

 

またまた歴史の授業です。高麗はご存知ですか?

聞いたことがある?

 

韓流ドラマの「歴史物」がお好きな方なら絶対に知っていることでしょう。918年に、王建によって建国され、936年に半島の統一を成し遂げた、朝鮮の近代史では最も有名な国の1つです。

 

現在のイタリアが、小国で分裂していたのを統一されたというのに少しだけ似ていますね(ちょっと違う?)。長らく紛争が続いた朝鮮半島を統一した高麗。その歴史に名を残す『高麗』が、前期倭寇の生まれるきっかけの1つになったと言われているのです。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 切腹する織田彦五郎(織田信友)
  2. 織田信長
  3. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  4. 馬に乗って戦う若き織田信長
  5. 麒麟がきた 特集バナーver2
  6. 明智光秀 麒麟がくる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP