キングダム664話ネタバレ予想「助っ人羌礼(仮)は味方なのか?」




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

羌瘣

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。

663話では、羌瘣(きょうかい)の後輩と名乗る蚩尤(しゆう)らしきキャラが全滅の危機にあった尾平隊(びへいたい)を救いました。

美人だけどキツイ表情をした蚩尤、kawausoは羌瘣の後輩にあたる次代の蚩尤候補、羌礼(きょうれい)羌識(きょうしき)には似てないと

思っていましたが、改めて羌識を見てみると、やはり羌礼かもしれないと思ったので考えを変えます。

そこで今回は、羌礼(仮)は何をしに羌瘣の元までやってきたのかを考えます。




キングダム664話ネタバレ予想「羌礼は蚩尤になったのか?」

蚩尤(神)

 

蚩尤では、各村ごとに2人の代表者を出して皆殺しのバトルロワイヤル「祭り」を行い、最期に生き残った1人を蚩尤として認め外界に出る事が許されるという特殊な掟を持ちます。

そして、現職の蚩尤が死ぬと、再び、次世代の蚩尤を決める為にバトルロワイヤルが行われる事になっています。

 

羌瘣は、この殺し合いを止めさせるために羌明に頼んで死体を隠しました。

ところが、キングダム単行本56巻のオマケ漫画により、幽連の死は幽族に知られ、さらにそこから全ての蚩尤の村に伝えられ、次の祭りが開催される事が告げられています。

 

だとすると、邯鄲(かんたん)に出現した羌礼は祭を乗り越え、羌識も手にかけて覚醒した現職蚩尤の羌礼なのでしょうか?




キングダム664話ネタバレ予想「険しい表情は何を物語る?」

内容に納得がいかないkawauso様

 

もし、祭を乗り越えて、他の候補者を皆殺しにして下界に下りてきたとすると、羌礼の凄まじい戦闘力も頷けます。

しかし、同時に幽連のように妹を殺害して得た強力な力に飲み込まれて、次第に精神のバランスを失ってきているのではないかという嫌な予感もします。

あまりにもキツそうな表情も、正気を失いつつあると解釈すると不気味ではあります。

 

また、必要に迫られて戦う羌瘣とは違い、殺戮(さつりく)を楽しみ、趙兵を虫けらを殺すように殺す羌礼の態度は、蚩尤になった己の力に酔い、幽連(ゆうれん)のように力に飲み込まれる過程を辿っているのではないでしょうか?

だとすれば、羌瘣に会いに来たというのも、己こそが蚩尤として最強である事を示す為に、幽連を殺した羌瘣を殺すためにやってきたとも考えられるのです。

 

羌瘣が不気味な影を察知して跳ね起きたのは、羌礼が自分を殺しにくる事を察知したという事ではないかと考えると、つじつまがあってしまう説明です。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム664話ネタバレ予想「羌瘣は羌礼を戦いで退けられるのか?」

孔明のテントがある野外のシーン

己が蚩尤として最強であるという自負に取りつかれたとすれば、羌礼は羌瘣を殺さずにはおかないでしょう。

しかし、現在、昏睡状態(こんすいじょうたい)が長い羌瘣では、とても羌礼に太刀打ちできないと思います。

 

その場合、羌礼はどうするのか?

羌瘣が弱っている今がチャンス!とはならず、やはり最強の羌瘣を殺さねば気が済まないとなるのではと思います。

 

羌瘣「そんな事言っても、今は無理だ…

そうだ!回復するまで、私の代わりに飛信隊に参加して戦果を挙げてくれ」

 

羌礼「なんで私がそんな事をしないといけない!」

 

羌瘣「飛信隊は趙軍に押されている、このままだと私も力を出せないまま

趙兵に殺され、お前の望む最強の蚩尤の称号は永久に得られないぞ」

 

羌礼「うぐぐぐ…」

 

こんな感じで強いけど、羌瘣に弱みを握られた羌礼は渋々飛信隊に参加し

その強さのために、すぐに頼りにされるようになり、大勢の人間に褒められた事がない羌礼は、すっかり飛信隊に居ついてしまうというオチです。

 

キングダム664話ネタバレ予想「飛信隊の誰かに一目ぼれ」

馬に乗って戦う飛信隊の信

 

また、羌瘣のように飛信隊の男性陣の誰かに一目ぼれするという展開もあったら、面白いかも知れませんね。

飛信隊には、案外にイケメン枠がいるので、我呂(がろ)とか那貴(なき)とか、やや渋めに楚水(そすい)とか、崇原(すうげん)とか、蒼仁(そうじん)とか、(こう)とか(けい)とか

羌礼の剣の実力に見合うかは置いておき、男女の営みに興味津々な羌礼としては、男だらけの飛信隊は、逆ハーレムで、居心地がいいかもしれません。

 

飛信隊だけに限らず、王賁(おうほん)蒙恬(もうてん)みたいな別部隊の長に惚れるかも知れませんしね。

案外に恋愛面の執着が力に飲み込まれる事態を防ぐかも知れません。

恋愛は人間を日常に縛り付ける重しになるとも言いますしね

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. 楊端和
  2. ビジネスライクな王翦
  3. kawausoさんのキングダムがキター!
  4. 羌瘣
  5. ガマンする李牧

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 漫画だからね!
    • 2020年 12月 16日

    助っ人羌礼(仮)は味方でしょう!

    エンタメだからね

    オトコ臭さが売りのバトルものだけど、息抜きも欲しいからね!

    • 匿名
    • 2020年 12月 16日

    体調不良だが将軍目前の羌瘣に取って代わって、秦で出世するつもりなのか、それとも嬴政に近い李信将軍に近付いて、国王暗殺の機会を狙うつもりなのかは分からないが、昏い思惑有りまくりの羌礼。

    祭はどうなったのか、羌識はどうしたのか分からないが、まあ羌礼は一筋縄には行きそうにないね。

    • 共闘がみたい
    • 2020年 12月 07日

    羌かいと、羌れい?が巫舞で共闘するところが見てみたい。
    カッコ良さそう。

    • 歴史大河ロマンから歴史ファンタジー&ラブコメに?
    • 2020年 12月 07日

    羌カイの後輩は敵か味方か?原作者の意図は?
    ま、羌カイとの因縁は考えられるが、将軍となった李信にとって、彼女はどんな存在なのか?

    ① 羌カイ隊への増援の目的で新蚩尤を昌平君が雇って戦場に送ってきた。クリスマスプレゼント?味方?
    ② ホウケンを雇っていた趙が新蚩尤を新・三大天として雇って前線に送り込んできた。趙兵殺しは偽装?敵?
    ③ 李信、羌カイ、河了貂の三角関係に参戦するラブコメ。李信ハーレムの第3の女?敵?味方?

    原作者が夜の大将軍であれば、頭の中にも春が来てるだろうから③になるかもねー!

    • 邯鄲の夢
    • 2020年 12月 05日

    キョウカイの後輩は敵か味方?原作者の意図は?
    キョウカイとの対決勝利で部族の長を確実のものにしたいのか?部族を離脱してキョウカイのツテを頼り陽の当たる場所へ出たいのか?それともキョウカイ暗殺をある国や別な部族に依頼された暗殺者なのか?
    もはや将軍となった李信からは無意味な展開、5千人将となり将軍まじかなキョウカイとの別れは目前、キョウカイ将軍となれば、桓騎大敗北後に王翦楊端和と並ぶ大将軍となり趙滅亡へ爆進。新三将軍のように軍司令からじっくり育てる路線ではなく、手柄をガンガン上げて李信将軍よりスピード出世で大将軍に駆け上がっていくと思われます。
    (でないとキョウカイ軍の下働きに飛信隊が組み込まれるか、原作者のすり替えで合縦戦サイ攻略戦でホウケン軍が史実にまだ登場していない李牧の軍にされたような展開になるかも?)
    後輩の登場で李信将軍の自立を促すストーリー展開へ移行する事を願いたいです。(原作者が夜の大将軍から昼の漫画家へ戻ってほしいス!)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP