キングダム667話ネタバレ予想「羌瘣vs羌礼の戦い4つの可能性?」

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

キングダム667話ネタバレ予想(1P目)




キングダム667話ネタバレ予想「昴が決闘を止め斬られる」

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

羌礼と羌瘣のバトルは、一進一退の凄惨なものになります。しかし、誰も立ち入れない戦いに(こう)が決然と割って入り、羌礼の剣で斬られます。

 

「仲間同士で殺し合うなんて、そんな掟は絶対におかしいよ。そんな掟に縛られて、幸せになんてなれるわけがないじゃないか!」

 

弱者と見下していた昴の命を賭けた抗議に羌礼の心が激しく揺り動かされます。過日、忌まわしい記憶からゲベロベーしていた自分に声を掛けて労わってくれた昴。その昴を斬った自責の念で、羌礼は全身の震えが止まらなくなります。

 

こうして、戦意を喪失した羌礼に羌瘣が飛信隊で仲間の暖かさに触れて、憎悪と復讐に染まった心が溶けていった事を明かします。昴は重傷でしたが、幸い命に別状はなく、長期療養を余儀なくされるものの助かりました。




キングダム667話ネタバレ予想「羌瘣に助けられる」

蚩尤(神)

 

蚩尤になった力で、羌瘣を圧倒的に追い詰める羌礼ですが、あまりにも力を解放しすぎた為に、副作用のゲベロベーが止まらなくなり、その場に倒れ込みます。

 

羌瘣は戦いを止め、自身もかなりのダメージがあるにもかかわらず、羌礼の治療に全力を尽くします。昏睡状態になった羌礼は精神世界で羌識に出会い、私を殺した事に縛られず、私の分まで本当に生きたいように生きて欲しいと伝えました。羌礼が目を覚ますと、そこには羌瘣ばかりではなく飛信隊の主要なメンバー全員の顔が揃い、安堵の表情を浮かべます。

 

朝まで三国志2017 観客1 モブ

 

「お前は大嫌いだけど、飛信隊に大きな貸しを作ったまま死なれちゃ後味が悪いからな」

 

干斗(かんと)が羌礼に憎まれ口を叩きました。しばらく忘れていた、くすぐったいような懐かしい気持ちに羌礼は、どうして羌瘣がずっと飛信隊に在籍しているのか分かったような気がします。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >
< 1

2

3>

関連記事

  1. キングダム53巻
  2. 君主論18 kawausoさん
  3. キングダム52巻
  4. ホウ煖(龐煖)
  5. キングダム
  6. 君主論18 kawausoさん

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 諸葛匿名
    • 2021年 1月 17日

    ブログ主の脚本は感情の起伏を誇張した感傷的、かつ通俗的でご都合主義的な内容ではあるけれども、楽しく読ませて貰ったよw

    因みに「カイvsレイ」の対決発生可能性は下記のX軸、Y軸、Z軸の3軸の組み合わせから24通りの結末が考えられることになるw

    X軸ーー羌礼勝ち 、羌礼負け、決着なし、
    Y軸ーー羌礼改心する、羌礼改心しない、
    Z軸ーー羌礼味方になる 、羌礼敵になる、羌礼静かに立ち去る、羌礼死ぬ、
    X×Y×Z=24通り

    キングダムはマンガだから恐らく「カイvsレイ」の対決は決着なし、羌礼が「改心」して「味方」になるという脚本なんだろうけど、余りにも都合が良すぎる気がするよw

    蚩尤と飛信隊の価値観は真逆なんだから、普通は相容れない筈なんだよねw

    〝人の繋がり〟や〝連帯〟の一切を否定し〝個の武〟を極限まで高めることで蚩尤(武神の一種?)に成れると信じ込んでいる羌礼。

    これは求道者が武神になるための教義とよく似ている教義だが、蚩尤の場合は幼少期から婆に徹底的に教え込まれて〝祭〟で決定的な価値観になるという仕組みのようだ。

    これに対して、〝衆を率いて〟〝衆のチカラを結集して〟成果を挙げてきた飛信隊。

    真逆の価値観が小さな諍いごとを乗り越える程度のことで簡単にフュージョンできてしまうっていう陳腐な物語は、正直言って気持が悪いよw

    • 匿名
    • 2021年 1月 11日

    羌廆が気合いで礼を上回るのか、礼自身が戦いを止めるのか、それとも幽蓮を破った羌廆を除けば、唯一蚩尤よりも強いであろう信が自ら割って入るのか。

    いずれかは分からないけど、羌廆も礼も生き残るという結末になりそうな気がします。

    鄴攻略戦から続く羌廆の弱り具合を見れば3日で戻るというのは難しいだろうし、弱った羌廆が礼を制圧するのは難しそうだから、最初は羌廆が立会い途中で李信が割って入って、羌廆が生命を代償にして救った李信によって圧倒され、姉様が生命を賭けた李信の行く末を見てみたいという方向に羌礼が考え直すというのが理想的な展開だと思う。

    今の羌廆の弱り具合を見ると、この先羌廆自身が将軍として、飛信隊を離れてバリバリ活躍するとは考え辛いので、現在の羌廆は当面飛信隊副将の役割を続けるとして、羌礼を側に置いて懐刀として育てて、いずれ2代目羌廆として礼が羌廆の代わりに将軍として、対趙戦とかに出て行くのでは無いかと。

    羌廆自身はいずれ体力的に前線に出るのが厳しくなると、李信の妻になるとかね。

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 1月 09日

    ブログ主の可能性面白いと思います。
    この機会に古参レギュラー陣の一掃も面白いかも?
    コウだけでなく、ビヘイに渕副長に澤圭、。。ついでに
    カリョウテンも。。全員死亡でなくても重症で戦線離脱にしそのまま引退。。飛信隊古参兵全滅に怒り狂った李信将軍が変身。。。キョウカイも覚悟を決めてダブルライダーキックならぬ千手剣でキョウカイが後輩の剣を全て受け止めている隙に信の超ド級の重たい剣を後輩へ振り下ろして直撃で立木へ弾き飛ばしそのまま後輩は昇天。。。カリョウテンを失い飛信隊はそのまま解体。。。キョウカイ軍の元で桓騎大敗北、王翦楊端和キョウカイ軍による趙滅亡までワープして。。キョウカイは趙滅亡後亡くなり、ようやく李信将軍の本能型采配が冴えはじめるなんて妄想しました。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典




PAGE TOP