キングダム682話ネタバレ龍白公の親バカ炸裂!「崖上の攻防」レビュー考察

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし内容に納得がいかないkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。682話では、ついに飛信隊歩兵が影丘の急斜面を登り切りました。そして、その後の展開は大体、予想通りの展開に…

 

しかし!今回はやっちゃいけない安直な展開が発生、kawausoも苦言を呈しますよ!

では、行ってみよう今週もキングダムがキターーーーー!!

kawausoさんのキングダムがキター!

 

※こちらの記事はキングダム682話のネタバレが含まれますのでご注意下さい

 

キングダム682話ネタバレ「趙兵、聞いてないよォ!」

祁山、街亭

 

一生懸命になだらかな斜面ばかりを見ているマヌケな趙軍の兵士。それを尻目にオーバーハングした断崖絶壁に飛信隊若手(バカ手)ナンバー1の干斗(かんと)が手を掛けます。

 

ビクッ!とする趙兵(笑)

 

上がって来てる

上がって来てるぞォ

てっ敵だァ

 

 

キングダム682話ネタバレ「干斗が一番乗り」

進軍する兵士c(モブ用)

 

そして、干斗は一番乗りで松左(しょうさ)から受け継いだ槍を片手に趙兵に斬り込んでいきました。飛信隊歩兵が影丘の崖を登り切った事は、飛信隊本陣の河了貂(かりょうてん)潘陽(はんよう)のジジイも確認しています。

 

潘爺は信じられないといった表情です。地上で戦う李信達飛信隊騎兵も、歩兵が崖を登り切った事を知りました。相変わらず余裕がありそうな顔をしている大仏君ですが、これが特に根拠がある事じゃないのは、もうじき分かります。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム682話ネタバレ「落石装置を破壊」

行軍する兵士達a(モブ)

 

崖を登り切った飛信隊の新米兵士は、最初に崖上の投石装置を破壊し、急斜面じゃなくても登れるようにしました。これにより、比較的ゆるやかな斜面を飛信隊歩兵のベテランが登ってきます。

 

頂上の趙兵は負け惜しみで、絶壁を上って来た秦兵に戦う力など残っていないと叫びますが、体力だけは豊富にある飛信隊歩兵は、ずっとヌルゲーをしてきた趙の兵士を一方的に押しつぶしていきます。

 

ザ・ブラック肉体労働組織、飛信隊の面目躍如です。

 

「あのくらいの壁登りより、もっときつい修練を重ねてんだよ バカヤロォ」

 

なんでしょう、このセリフ

わきあいあい!アットホームな職場です的ブラックな臭いがぷんぷんしますね。

 

キングダム682話ネタバレ「狩り場を潰せ!」

兵士 朝まで三国志

 

新米兵のパワフルな活躍に崇原(すうげん)歩兵長も、俺達もあまりうかうかしてられんなと呟きました。すぐに趙兵は矢を繰り出しますが、そこに飛信隊剣客部隊が突っ込んで殲滅していきます。

 

崖が破られた事を知って、別の場所から趙兵が殺到してきますが、崇原は援軍に構わずに崖に沿って進み、敵の狩り場を破壊するように命令します。

 

狩り場さえ破壊できれば、地上の騎兵を緩やかな斜面から導き入れる事が可能だからです。ここで、ようやく羌礼の出番です。

【次のページに続きます】



次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. 君主論18 kawausoさん
  2. 君主論18 kawausoさん
  3. キングダム53巻
  4. 君主論18 kawausoさん
  5. 洛陽城
  6. ビジネスライクな王翦

コメント

  • コメント (12)

  • トラックバックは利用できません。

    • キングだむ
    • 2021年 6月 12日

    龍白公、めっちゃ強いと予想!大仏くんは信が出るまでもなく礼に瞬殺されそう。その対比で、雷土が龍白公にやられそう。で、ここまでカンキの策のうちで、雷土は囮だった的な?ないかな?

      • kawauso編集長
      • 2021年 6月 12日

      キングだむさん:雷土が龍白公に殺されるとなると、
      龍白公を討ち取れそうな存在がいなくなります。
      雷土を殺せるような相手が桓騎軍のモブに討たれるとなると
      話がちぐはぐになるからです。

      そうなると、龍白公を何とかする為にメインキャラを回す事になり
      返って桓騎の足を引っ張る事になります。
      すると展開が停滞し無駄に話が伸びる事になるので
      桓騎軍のメインキャラである雷土を殺した意味がなくなります。

      また大仏君は李信を犬の餌にしてやると死亡フラグを立てており
      ここで羌礼となると、あのセリフは何?という事になります。

      もう一つは歩兵隊が断崖絶壁を登ってまで、狩場を破壊したのは
      奇兵隊を影丘の頂上に導くためと考えるのが自然で
      その理由は李信に大仏君を討ち取らせる為ではないでしょうか?

      王賁でも落とせない影丘を李信が落として大仏君を討ち取った!が
      作者が表現したい事であり、これまで蚊帳の外で悶々としていた主人公チーム
      飛信隊を目立たせる効果だとkawausoは思います。

      なーんて言っておいてなんですが
      雷土が死んで大仏君が羌礼に討たれたら
      その時はブログ内でキングだむさんに謝りますので楽しみにしていて下さい。

    • 埼玉県の山の民
    • 2021年 6月 10日

    編集長の予想通りの飛信隊の快進撃ですね。
    若手(バカ手)っていいですね(笑)

    大仏くんは次回あたりににっこり首が飛んで行くんでしょうね。

    ええ‥‥趙軍がだらけきってるわあ‥‥
    飛信隊には好都合だけど、よくこれで玉鳳を痛めつけられたなと思います。
    影丘の趙軍は単調な9日間で大きな油断を育て上げ
    飛信隊の速攻で全滅は確定でしょう。
    仕事をなめてる以上数は関係無いですね。
    長平の埋められた人たちが泣くなあ。
    そして、
    龍白公ーーー! あんた何しとん。
    簡単に罠にはまってますよ。
    自分は息子はまだ虫の息くらいまでは生かしておいて
    違う使い方をするかと思いましたけど
    それ以上に将軍が持ち場ぶん投げで山に入ったと。

    実際だと部下が後ろから声をかけているように
    誰かに任せるべきです。
    龍白公も終わりますね。

    これは簡単過ぎるなあ。
    自分の考えですが趙軍も終盤にさしかかりいろんな人材が戦死しているから引退間近の龍白公(親バカ)も前線に呼ばざるを得ないでしょう。

    この先は、虎さんはどうなるのか、そんなのワープして
    扈輒大将軍が来ちゃうのか。
    次回も気になりますね。
    え‥‥休載?(笑)

      • kawauso編集長
      • 2021年 6月 10日

      埼玉県の山の民さん:新米の干斗や惇兄弟、それに羌礼が前に出てきて
      飛信隊も新陳代謝しているという事でしょう。
      惇兄弟、あの体格でオーバーハングする急斜面を越えるとは
      動けるデブ&体力のあるデブですね。

      しかし、そうだとすると大半の将兵を失った玉鳳軍は、大幅戦力ダウンで
      飛信隊との差が大きく縮んだかも知れません。

      大仏君のセリフは、確実にこいつ死ぬなというフラグが立っていました。
      飛信隊に対して危機意識がゼロ、さっきまで寝てたんじゃないかという対応です。
      武器からして怪力で鉄球を振り回し、敵の頭を潰すのだと思いますが、
      岳嬰の斬撃スピードをも上回った李信の前には瞬殺でしょう。

      ただ、いくらなんでも龍白公の親バカぶりは行き過ぎでしたね。
      肉親への情愛で自分の軍を危険にさらすとは大将失格です。
      折角、数で優位に立った趙が、ここで大仏君と龍白公が相次いで討ち取られると
      虎白公1人では支えきれず、扈輒が前に出ちゃうのかも知れません。

      桓騎のスペシャルな計略を期待したいので、龍白公と大仏が死んでズルズルと
      衰える扈輒軍は見たくないなぁ

        • 埼玉県の山の民
        • 2021年 6月 10日

        お疲れ様です。
        惇兄弟はいつの間にかコミットしてましたか(笑) 
        飛信隊新人試験事態が古代のライザップかと思ってました。

        龍白公は息子が死んでからすぐ倒されるでしょうか、最後のあがきがどこまでのものなのか
        高齢ぽいからカムバック組と思いますけども。
        これでそろそろ桓騎軍も巻き返しますね。
        もう何策かありそうですが。
        桓騎の十万殺しが始まるのももうすぐですね。

          • kawauso編集長
          • 2021年 6月 11日

          埼玉県の山の民さん:龍白公はある程度頑張るにしても、
          雷土を殺せるほどの力はないでしょう。
          この状況で龍白公に指揮が出せるとは思えないので趙軍の動きも鈍ると思います。

          左翼では大仏君が討死、右翼では龍白公が討死、
          そして、1人だけ残った虎白公が桓騎軍の中央軍と右翼の攻撃を受ける形勢逆転
          かくして、のんびり高見の見物を決め込んだ扈輒が、
          「このままでは平陽に飛信隊の侵入を許す」と自ら軍を率いて影丘に移動
          そして、伏兵していた桓騎に殺害されてしまう。

          1人残された虎白公が自分の手勢だけをまとめて邯鄲に引き上げ
          そこでも郭開に敗戦の責任を負わされそうになり、青歌まで逃亡
          金毛が死んで、真面目で地味な副官がいなくなっていた李牧に拾われる

          そして虎白公の口から語られる扈輒と趙兵10万人の無残な最期の模様
          怒りに震えるカイネやフテイに対し、李牧は涙1つ流さず
          桓騎をボコる秘策を練るのだった。

          こんな風になるのかと考えています。

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 6月 10日

    いくつかご都合主義が、狩場を潰せば騎兵も登れる?
    騎兵は機動力が武器なので通常は平原で(李牧指揮下の北方趙軍は山の中も進めるが)戦う時に使用、事実上攻城戦なので歩兵が主戦場。。カクビ兵や飛ヒョウ兵など士族歩兵が緩斜面を駆け上がせるならまだわかるが?騎兵を駆け上がらせる意味が不明?(たったひとつ、李信将軍に大仏首を一騎討ちで討ち取らせて将軍キラーの武功の継続のため、少年マンガの王道)。。原作者としては台地頂上平坦部で他の狩場潰しに騎馬の機動力を十分活かせるからとの
    独自の理屈づけをしてくるのか?ライドが大方の予想を裏切る生き餌でなく目立つところに死体を晒して単騎で誘き寄せる高等戦術を使用。。。溺愛している親心を読み切る心理戦術を駆使と原作者は後で理屈付けするのか?
    ブログ主の原作者の意図を読み解く作業も原作者のご都合主義の罠にハマる可能性も。。ブログ読者の柔軟な発想で原作者の罠を見抜けるか?次号休載でブログ主も仕切り直しのチャンスが到来ですかね?当方は桓騎が蒔いた種子がそろそろあちこちで芽を出す時期で、影丘攻防は軍師が独自の戦略で仕掛けていて桓騎の戦略は軍師をも欺いていたのでは?アニメ放送中の合従軍函谷関編でも地上へ降りて毒将軍討ちなんて大胆な行動を取りますからね?

      • 稲葉の白兎
      • 2021年 6月 10日

      次回、大仏君が顔を腕で隠し、
      その腕を下ろした瞬間、
      「大魔神(最近の若い人は知ってるかな?)」と
      化して、李信に向かって行く。
      この顔が次回の扉絵かもしれない。

      しかし大仏君って、
      かつて王騎に一刀両断されたブタ…
      ではなく、ショウ孟に似ている。

        • kawauso編集長
        • 2021年 6月 10日

        稲葉の白兎さん:丘白公は鎧の描写も雑なので、
        これは死ぬというフラグが影丘戦の序盤から漂っていましたね。
        最後に魔神の表情に代わり、飛信隊のモブ騎兵を大勢破壊するのが
        最後の花道で、「李信、貴様も血祭りに挙げてくれるわー」で
        李信に瞬殺されて終わりの気がします。

        • 埼玉県の山の民
        • 2021年 6月 10日

        稲葉の白兎さんはじめましてです。

        大魔神懐かしいですね。ネタしか知りませんが
        大仏くん顔面変型してほしいです。(笑)

        魁 男塾にも顔面変型の先輩(1巻2巻くらいに)
        いましたよ。
        やられるネタが笑えました。

      • kawauso編集長
      • 2021年 6月 11日

      邯鄲の夢さん:作者の困ったらファイト一発主義を警戒していないわけではありません。

      朱海平原編では、食べなくても気合で乗り切り覚醒までしてレベルアップのサイヤ人設定に
      どれだけ真面目な予想の無意味さを思い知らされたことか…
      あの展開を100%予想できた人がいたら、それこそ原先生のスタッフじゃないなら神ですよ。

      今回も李牧ワープ程度の事はしてくると覚悟はしています。
      それこそ思い付きで色々試して読者に不評だと無かった事にするのがキングダムです。
      しかし、それでも、こちらはある程度、歴史に準拠した予想をしたいと考えています。

      そうでないと、冒頭で避難民が描写されたのは伏線で、
      すでに平陽は難民に紛れた桓騎軍の手で陥落しているのだ!!
      な、なんだってー!キバヤ〇サンな予想になってしまうので

      それはそれで漫画っぽくていいですし、当たらないとは言えないですが、
      kawausoは、もし、「桓騎兵が避難民に紛れて平陽落としてました!」オチなら
      ヒントが少ないし、話が飛躍し過ぎているとガッカリします。

        • 邯鄲の夢
        • 2021年 6月 12日

        コメントありがとうございます😊
        各ストーリー予想コメンテーターから各種予想が
        ネットで溢れてますが、平陽陥落済み説(敵主力が野戦に出て手薄の城廓都市へ未登場の有力桓騎部下が先行出陣し陥落を待っていたとの野盗王道説)や敵総大将を内部から裏切らせて討ってしまう説とか?斉軍共闘説とか大技を繰り出す説やブログ主のように毎回の連載マンガから予想する方法(もちろん史記等史実しばりを尊重しながらも原作者の創造部分を毎回予想する)もありキングダムを盛り上げているかと思います。ブログ読者はブログ主や他の読者予想や当方のような自由な妄想を読んだりしてインスパイアされれば良いと思います。影丘攻防戦は読者予想が立てやすい展開になり、あとは他の戦場展開と桓騎自身の動きと戦局全体をどう読むかですかね?敵総大将の首、敵兵10万人処刑、平陽陥落をどう原作者が結びつけるのか?ブログ主としては休載を利用して影丘以降の飛信隊の動きや桓騎の戦略(軍師の戦略ではなく)をワープや敵兵のおごりも含むファイト一発ご都合主義も警戒しながらブログ読者サービスの一環として考察してみるのも面白いかと思います?🤔




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP