太陽が昇らないのは賈詡のせい!?魏の人に嫌われていた賈詡を守る曹丕の逸話




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

太陽の力を利用した陽燧のメカニズム

 

皆さんは日食、もしくは日蝕を知っているでしょうか?

 

賈詡

 

古来より太陽とは大事なものであり、それが覆われるように見える日食は非常に恐ろしいものと考えられていた時代もありました。しかしその日食について、実は三国志の中に関わりのある人物がいます。今回はそんな……通称・()ク先生とも呼ばれる賈詡と、日食のお話をしましょう。




日食?日蝕?

 

まず日食についてお話しましょう。日食は、太陽と月が重なる天文現象です。本来日食は「日蝕」と書かれていましたが、現在では「日食」と書かれるのが一般的になりました。なにで大まかに言うと、日食でも日蝕でも間違いではありません。

 

今回は日食で統一したいと思います。




色々な日食

 

そんな日食にも色々な種類があります。良く聞くのは皆既(かいき)日食、金環(きんかん)日食でしょうか。皆既日食とは、月と太陽が完全に重って、月の方が太陽より(見える形状が)大きい時に生じる日食です。金環日食は、月と太陽が完全に重なって、月より太陽の方が大きい時に生じる日食です。

 

このため皆既日食では太陽が覆い隠されたような状態になり、暗くなります。金環日食では太陽が完全に隠れていないので、暗くなりません。

 

古代の日食

夜空を見上げる古代の人々と暴走する月(ギリシャ人)

 

そんな日食は現代では珍しいものとして見られていますが、古代では恐ろしいものとして認識されていました。

 

天に浮かぶ太陽、それが覆い隠されるように見える日食。しかも大地は光を失ったかのように暗くなる……天文現象として知らなければ、ましてや初めてそれと邂逅(かいこう)したのであれば、恐ろしいと思っても仕方がないでしょう。

 

私たちは日食は一時的なものとして知っていますが、そうでなければ永遠に太陽が隠れてしまうかもしれない、そう考えれば無理のない事です。

 

呂后の怯え

呂雉(りょち)

 

日食は天の怒りとも捉えられ、時代の権力者に恐れられました。それが良く分かるのが史記の一説、皆さんも良くご存知の悪女、呂后(りょこう)のお話です。

 

復讐の鬼に変貌する呂雉

 

呂后は劉邦(りゅうほう)亡き後、専横(せんおう)を行いました。しかし彼女はただ専横をしただけでなく、とても残虐な行為も行いました。彼女が何を行ったかはここでは説明は省きます。

 

ですがどうやら呂后自身も己の行動について思う所があったらしく、日食を目の辺りにした際に「自分の行いのせいだ!」と恐れ、怯えたと言います。この事から悪いことを行うと日食が起こる、というのが既に人々の考えにあったと分かりますね。

 

関連記事:劉邦はなぜ大粛清を行ったのか?劉邦の粛清を少し考えてみる

関連記事:中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 

賈ク先生の日食(関係ない)

 

さて時は流れに流れて、221年8月5日のこと。この時に日食が起こったようです。

 

賈詡

 

これを見た人々は恐れ怯えた……かどうかは知りませんが、この際にある役人が「日食が起こったのは賈クのせいだ!」と騒ぎました。

 

魏の皇帝になる曹丕

 

この上奏に対して曹丕(そうひ)は「天変地異を理由に三公を弾劾してはならない」という詔勅を出しています。賈クは当時、大尉の地位にあったので、三公とは賈クのことですね。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 6月 25日

    天人相関説です。
    早い!漢字五文字で纏まった(笑)

    • 月友
    • 2021年 6月 23日

    補足です。
    後漢末期は売官の側面もあるので回転率重視という点にも注目です。

    • 月友
    • 2021年 6月 21日

    これは何処から説明したら良いのか?
    皇帝とは天帝から大地の支配を任されたと言う事で天子とされてます。皇帝=天子です。そして皇帝は政治を三公に委ねてますので政治が上手く出来てない時は天帝が怒り、災いを示すのですよ。
    これに対して皇帝は天子として政治姿勢を見直しをするんです。これが三公の解任(罷免)。そして時より大赦して民草に徳を示します。

    【三公解任(罷免)の例】
    張温(太尉)→187年。反乱を抑えきれずに罷免
    崔烈(太尉)→張温の後任。187年の張純の乱で罷免
    曹嵩(太尉)→崔烈の後任。188年2月に紫宮(皇帝のお住い)に星が横切る。4月に罷免

    劉寬(太尉)→181年。日食で罷免
    楊賜(司徒)→181年。北宮の東掖庭で火災。これにより罷免
    陳耽(司徒)→楊賜の後任。182年に大疫が発生。これにより罷免
    許彧(太尉)→劉寬の後任。182年に彗星が流れる。板循蛮の反乱で罷免
    楊賜(太尉)→元司徒。許彧の後任。黄巾の乱発生。再び司徒に転出

    この様に天災や人災が発生すると三公は解任されるのです。
    今回の件はこの漢の風習(言い掛かりに因る罷免)を魏の文帝である曹丕が見直したって話なんですよ。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“三国志データベース"




PAGE TOP