キングダム685話ネタバレ岳白公は動けるデブ「断罪の時」レビュー考察

 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

矛を持った信

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。今回は、ようやく白公(がくはくこう)(と李信が対峙した所まで進みました。この大仏君は、巨体にかかわらず身軽という事で鎚を振り回して飛信隊の兵を駆逐しています。

 

一方で雷土(らいど)扈輒(こちょう)の前に連れていかれて、今から拷問(ゴーモン)タイムか?

 

kawausoさんのキングダムがキター!

 

さあ、今週も行ってみようキングダム685話がキターーーーー!!!

 

※この記事にはキングダム685話のネタバレが含まれていますので注意してね!

 

あと、この記事は頻繁(ひんぱん)にジョジョネタ、昔のマンガ・芸能ネタが挟まれる他、キングダムの登場キャラを独自のあだ名で呼んだり、ずーっとふざけていたりします。つまり、真面目なネタバレ予想サイトではないので頭を柔らかくして読んでね

 

 

キングダム685話ネタバレ「動けるデブ降臨」

馬で高速移動する王翦

 

なんとか大仏君の本陣まで辿り着いた飛信隊の騎兵たち。しかし、そこで待ち構えていたのが大仏君本人で、圧倒的な重量の(つち)を振り回して風船を破裂させるように秦兵を吹き飛ばしています。

 

その動きは左手を前に突き出し、一時は静かな構えを取った上で爆発的に鎚を振りまわすというトリッキーなモノ。

 

巨人なのに動きが素早く、筋肉が毬のように弾力があるという気持ちの悪い動きで、それまでのパワータイプにない動きを産み出し慣れていない飛信隊の兵士たちを次々と血祭に挙げていきます。

 

 

キングダム685話ネタバレ「羌礼脱落」

羌瘣

 

そして、この鎚の風圧で頂上まで登っていた軽量級の羌礼(きょうれい)が簡単に吹き飛ばされ、崖下に転落していきました。これにより羌礼が大仏君を倒す可能性は消えたと言えるでしょう。

 

本陣に到達しているはずなのになかなか進めない飛信隊に大将の李信が不審な表情を浮かべますが、その李信でさえ大仏君のしゃがんだ状態からの鎚の水平攻撃で馬から振り落とされてしまいました。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム685話ネタバレ「俺は大仏君だ!」

 

大仏君が異様な風圧の正体だと知った李信は意外そうな顔を浮かべます。

 

「本陣を襲われて逃げたかと思った」

「逃げる?まさか? こんな素晴らしい時を私はずっと待っていたのだよ」

 

敵の大将である李信の顔を見て大仏君の顔に血管が浮かび上がり、その目が薄く見開かれます。

 

「お前のような侵略者の将である極悪人の頭を、この手で叩き潰す時が来る事をねェ」

 

そこに、温存されていたであろう大仏君の近衛兵団である閃叫(せんきょう)という西洋風の甲冑を来た騎兵も到着します。どうも趙と言う国は、それぞれの大将クラスが親衛隊を持っているようですね。

 

キングダム685話ネタバレ「巣ごもりトレーニング」

 

どうやら大仏君は上司である扈輒が邯鄲の守護神として王都防衛に当たっていた間。部下である三公も同様に城内で巣ごもりしていたらしく、そこで尋常ではないレベルの戦闘訓練や兵法の勉強を積んでいたようです。

 

ま、それもスゴイでしょうけど、それを言い出したらずーっと実戦経験を積んでいた飛信隊の方がスゴイという理屈になりそうですが…この岳白公、どうも最初から最後までセリフから何からキャラが弱いような気がします。

 

こんな事なら、おしゃべりは口ひげの副官に任せておいて、いっそ一言も口を利かないまま李信に討たれた方が不気味で印象的なキャラとして終わったような気がします。

 

【次のページに続きます】



次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. キングダム53巻
  2. キングダム53巻
  3. 君主論05 曹操、kawausoさん
  4. 君主論18 kawausoさん
  5. 内容に納得がいかないkawauso様

コメント

  • コメント (19)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 7月 11日

    キングダムにおける「李牧被害者の会」永世名誉会長ことホウケンにしたってそうだが無理な李牧ヨイショの為に趙の将軍増やして何をどうしたいんだ?と言いたい(読み直すとキョウ・王騎にしろ劇辛にしろ結局ホウケンが敵将討ち取ってるのに手柄は李牧だけとか言う展開に無理があり過ぎた。まあ、そこまでは作者の勉強不足で良いにしても求道者とか言う全く意味のない設定を付け足したせいで「や、それで他の奴探せるんなら宰相の権力でホウケン探せるやろ。ホウケン自身が言語話せると言う事は最低限、求道者同士のコミュニティあってそこにホウケン居るんだから」と言う李牧おバカ説を後押ししたと言うね)

    あと一軍が突出したから兵総動員って仮にも防衛側(しかも大将軍)がする判断かよと・・・。

    • タケト
    • 2021年 7月 08日

    随分としぶとい大仏君かなり引っ張りますね〜。
    雷土は最悪拷問して引きとどめておくと敵の動きが鈍くなるので残しておくかもですね。
    桓騎は雷土奪還に向けて無茶な戦略を立ててボロボロに。そこで飛信隊が影丘から駆けつけて信が扈輒を切る展開ですかね〜

    はたまた捕縛までが戦略のうちで偽情報で撹乱して、(王翦の計略で武城陥落〜的な)混乱しているうちに撃破← 扈輒無能案

    或いはオギゴのモグラ作戦w

    それとも

    桓騎「あいつしくじりやがったか」(オギゴに対して)
    オギゴ「お頭〜私はちゃんと伝えたのですぞ。雷土殿〜どうして…」
    桓騎「雷土は真面目な奴だったな。成仏しろよ。」

    • 2021年 7月 08日

    雷土が拷問を受けつつ桓騎との過去を回想してまだ描かれていない桓騎の過去が明らかになっていくと予想します。
    雷土がほんとにヤバくなった所でお頭登場の王道パターンかな(^^)
    信の方はテキトーで。

      • kawauso編集長
      • 2021年 7月 09日

      てさん:肉親の情を知らない雷土が信じられる唯一の存在である桓騎。
      ここで桓騎に見捨てられるか、救われるか否かで桓騎が完全にダークなアンチヒーローで終るか
      色々な事情で歪んではいるけど、人の心を持った人だったかの分岐点になりそうです。
      すべてが計算づく(雷土が拷問で死んでも救出出来ても計略には影響がない)だったとしたら、
      それはそれで面白いですけど

    • 埼玉県の山の民
    • 2021年 7月 08日

    お疲れ様です。 岳白公という名前すっかり忘れてて(笑) すっかり大仏くん、ぶっちゃんと素敵なアダ名が
    ついてしまったぶっちゃーん。
    とうとう信にも『饅頭野郎』という言われよう(笑)

    大仏饅頭くんは、信に対して『この時を待っていたのです。』と余裕ぽいですが、次回こそ第2の岳嬰として
    信に討たれると思います。
    信は頭を割るとか首チョンパはしないと思うので、袈裟斬りで『飛信隊は毎日が実戦なんだよ』とか言いつつ。

    前々回の干斗みたいに気迫で。死んだとはいっても武神越えてますし。
    岳嬰を思い出したのは、ぶっちゃんは落ち着き払った信に動きの癖を見破られるというか、野球のボールを打つ瞬間みたいに『ここ』って感じで袈裟斬り。
    鎧袖一触て感じで終わるのでは。

    それともまさか、ぶっちゃんと同じかそれを越える速度で完全勝利。自分は信が武神をどれくらい越えたのかは
    気になるので信の身体能力の上がりっぷりがみたいですね。
    雷土はおっぱっぴーですめばいいんですけど(笑)
    自分はここで趙軍に潜んでいる摩論と合流するんじゃないかと思ったりしてみましたが、ややこしくなるかな~
    確かに雷土は自由を奪われているから怒りにまかせて
    殺されて当たり前なんですが、扈輒将軍が情報を聞き出そうと生爪剥がしたり(痛) 熱湯に入れたり(押すな)
    おでこに肉の字書いたり、ジョジョネタですがアバッキオがやったみたいに『お茶』を進めるとか。
    『扈輒茶』と名付けます。絶対嫌だ飲みたくない。(笑)

    多分、摩論も虎さんもまだまだ出ませんね。

      • kawauso編集長
      • 2021年 7月 08日

      埼玉県の山の民さん:基本、李信が敬意を持たない敵って大した実力ないので
      岳白公は鎚の一撃を受け止められた上に真っ二つになるんじゃないかなと思います。
      大仏君は敬意どころか、「べらべらしゃべりすぎの饅頭野郎」と散々な言われようですので
      李信の無想転生でも、背後に出て来ないレベルのモブになりそうです。

      今から意外に健闘して李信が考えを改める可能性もなくはないですが、
      話がややこしくなるので、ないかなぁ

    • 匿名
    • 2021年 7月 08日

    この変な大仏だか知らんヤツも含めて趙の連中は侵略者がどーたらのたまうけど、
    そもそもが趙国が主家の晋を魏や韓と共に潰して乗っ取ってる(少なくとも滅ぼす100年以上前から主家を蔑ろにしてる)訳で、
    その後は代や中山を滅ぼし征服して自領に組み込んでるし主家筋の晋にしても分家が本家を倒して乗っ取っており、
    更に晋は盟主国の周が衰えて以降は文公(重耳)の代以外では周を支えた訳でもなく自国の保全と利益拡大に権威を利用してたに過ぎない
    これ言い出したらリーボックも何も反論出来んよな、結局俺はお前の土地が欲しいから攻める・俺は取られたくないし喧嘩売ってきたお前等がムカつくからからブッ殺すってだけの話をさも自分達だけ被害者に語る

      • kawauso編集長
      • 2021年 7月 08日

      侵略はお互い様ですしね。
      じゃあ、趙に滅ぼされた奴らはどうなると言われれば
      大仏君は「じゃあ、腕づくで来い」としか言えないでしょう。
      それなら腕づくで李信に斬られても
      自分が弱かったからだと納得しないといけません。

    • 令和の徐福
    • 2021年 7月 08日

    土壇場で桓騎が雷土を助けるに来る…

      • kawauso編集長
      • 2021年 7月 08日

      令和の徐福さん:それが王道少年漫画ですね。

    • 匿名
    • 2021年 7月 08日

    オギコに情報伝達をさせて雷土が捕まって簡単に自白をし
    敵軍が動くところまでが桓騎の作戦だと思う。
    以前の戦いでは敵に対して残虐な行為をして勝ちをおさめたけど
    この戦では味方に対しても容赦のない行動をとって勝つのかと。

    そしてそういった戦い方こそが李牧にとっては桓騎の弱点だと思っていて
    この戦いは次の戦いへの伏線になると思います。

      • kawauso編集長
      • 2021年 7月 08日

      私もそう思います。
      死亡フラグで読者を欺き、実は折込ずみで捕まった
      そして嘘の自白で趙を欺き、桓騎の罠に誘導するのが
      拷問に強そうな雷土の役割かと

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 7月 08日

    大仏戦は読者予想を尊重します。どんな展開になるのか?
    リンコ戦のように二人がかりになるのか?いつもの一騎打ちで仕留めるのか?キングダムの山場の一つですから原作者も色々仕掛けをくるかと。
    と。。ブログ主の本領は戦局を動かす桓騎とその直属の部下の動きの予想ですね?ライドが無事に敵総大将本陣に到着して拷問準備で次号への続く。。今回の敵の目的は桓騎軍が前線から突出させてきたので桓騎を討って前線の突き崩しが目的かと?ならば目的は桓騎の所在。。桓騎軍内部でも所在不明。。重要な腹心のライド捕獲はそのためかと。部下は見せしめに殺してもライドは最後まで殺さないと見ます。敵陣にとどまる間に桓騎本人か別働隊がひょっこり敵陣に現れて救出大暴れか?ブログ主の以前予想の桓騎策略の一環で敵総本陣の位置の確認にライド捕獲後に救出せずに密かに追跡だったら脱帽ものです。
    当方は別働隊はすでに桓騎策略で仕込んであり、たまたまライドが移送されてきたので救出と敵総大将の捕獲と処刑(山陽戦ハクキサイ処刑と似た展開)と妄想します。

      • kawauso編集長
      • 2021年 7月 08日

      邯鄲の夢さん:桓騎が雷土を救うか否かが今後の桓騎の運命を占いそうですね。
      虚偽情報を流させておいて見殺しか、一応救おうとするが間に合わずに拷問死か
      雷土にはお頭を思う忠誠心があるようですが、桓騎には部下を救う意志はあるのか?
      もしないならば、雷土の死を契機に、桓騎軍の将軍たちの桓騎への不信が渦巻き
      やがて李牧を引き金に崩壊してしまうのか?

        • 邯鄲の夢
        • 2021年 7月 09日

        コメントありがとうございます😊
        >桓騎には部下を救う意志はあるのか?
        桓騎は変装の達人で山陽戦で二回、函谷関でも一回魏軍になりすまして敵将に近づいています。
        今回敵総大将の脇の覆面の拷問役の一団が桓騎の別働隊だった大爆笑🤣ものですすね?
        妄想してみました。

          • 邯鄲の夢
          • 2021年 7月 13日

          次号はお子ちゃまは見ないように映倫の
          年齢制限に抵触しそう?
          さて桓騎はいずこに?
          ブログ主の推理は?

    • 匿名
    • 2021年 7月 08日

    岳白公は朱海平原で我武神を両断した李信の強さを再確認させるための、噛ませ犬なんじゃ無いかと思う。

    大仏様とでもタイマン出来そうな羌礼を退場させることで、李信と大仏様の一騎討ちを確定させ、今回と次回の序盤で大仏様が特殊な体術と驚異的な力を持った強敵であることを印象付けて、それでも最後に李信が両断することで、やっぱ信スゲ〜じゃんということを読者に確認してもらうことが目的かな。

    朱海平原の戦い以降、あまり主人公の出番がなかったから、それくらいの読者サービスはするでしょう。

    雷土は、「この戦いが終わったら」がやはり死亡フラグになってしまったみたいだな。

    趙側が雷土を拷問死させ、桓騎の本心は置いておいて、それで趙軍10万人の斬首に至るんだと思う。

      • kawauso編集長
      • 2021年 7月 08日

      羌礼を退場させた事で、大仏君は李信と羌礼が2人で立ち向かうレベルの相手じゃないですよと
      作者の側からアナウンスしたのだと思います。
      そりゃあ、龐煖を倒した李信が羌礼と2人がかりで大仏君を倒すなんて、いつの間に弱くなった?と
      誤解を招かれるでしょうからね。
      ドラゴンボールなどと違い、キングダムは異世界からとんでもなく強い敵を出す事が出来ないので
      今後も龐煖を殺した男という李信の戦闘力は絶えず問題にされると思います。
      ここが、漫画のさじ加減で難しい店でしょうね。

        • ふぇに
        • 2021年 7月 09日

        >漫画のさじ加減

        その匙加減が最近特に酷いのが問題かと
        何年もかけて描いてきた鄴攻めはゼノウの『ハラ減った』で瞬殺落城
        桓騎マジックなんでもアリか! 異世界召喚なんか要らんギャグ漫画だったんだこれw
        最近は後だしジャンケンばかりで考察屋さんをおちょくって遊んでるんだと思うw

        675話35pの”ただの丘”が678話32pで”囲地”になってます
        数百万年かかる地殻変動をたった1ヶ月(休載含む)で誰にも気づかれず都合よく起こしちゃうんです
        モブ秦軍でも丘で全滅させられてんのに玉鳳軍は更にハードモードの囲地で念入りに全滅
        (山陽攻めの壁が姜燕を追い詰めて3倍の兵力差でも楽勝と言ってたアレ)
        玉鳳軍は3倍どころか1/3しか居ないのに更に別動隊で兵力を割るから正攻法は絶対無理w勝てるわけがない

        羌礼を退場させたうえで謎の体術で不可視化して視界の外から大錘で不意打ち
        1振りで鈍器のくせに人馬十数個が両断されて吹っ飛ばされる なんでもアリやなw
        いやいやいや・・・デブが10人に分身できるようなドラゴンボールもビックリ設定でもナシでしょw

        だいたい饅頭野郎って三国志の時代にできた言葉を400年前の信が使うか?
        それとも・・・もぅお供えの贄に見えてんのか?ココに氾濫する川は無いのに

                                         ・・・って感じw




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP