キングダム686話ネタバレ雷土が拷問に…「桓騎の狙い」レビュー考察

2021年7月15日


 

 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

kawausoさん

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム

 

686話では、kawausoの予想に反して雷土(らいど)が99%死んでしまったポイです。それも趙の拷問部隊の激しい拷問により凄惨な死を迎えた模様。

 

一体、どういう事なのか?さっそく行ってみよう!キングダムがキターーーー!!

 

kawausoさんのキングダムがキター!

 

※この記事はキングダム686話のネタバレが含まれているのでご注意下さい

 

キングダム686話ネタバレ「雷土を褒める扈輒」

雷土

 

拷問官を連れて来た扈輒(こちょう)、それを見て雷土は目の前の男が趙の総大将だと確信します。扈輒は当初、雷土に龍還や龍白公を殺したのはお前か?と問います。

 

それに対し雷土は「だからなんだ?バカだから死んだんだろ」とふてぶてしく答え龍布(りゅうふ)は激怒しました。ところが扈輒は雷土を恨んでいないと答え、同時に自身が同じ立場でも同様の事をすると言い、むしろ優秀だと褒めます。

 

キングダム686話ネタバレ「でも拷問はします」

賈クが大嫌いな裴松之

 

扈輒の言葉に信じられないという顔をする龍布ですが、もちろんだからと言って見逃すつもりはありません。

 

同時に龍白公を殺された家族の気持も分かり、扈輒自身も龍白公を失った無念を感じているので、雷土に対し罰を与える事を宣告します。その罰は指を切り落とす事であり、雷土にどちらの指が良いかを選ばせます。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム686話ネタバレ「指が落ち、次に左腕が切り落とされる」

司馬炎の要請で戦地に向かう重病の司馬攸

 

即座に利き腕ではない「左」を選択する雷土。すると雷土を含め、同時に捕らえられた残りの2人も左手の指を全て落されました。

 

次に扈輒は、黒羊丘で趙軍が桓騎軍によって受けた苦痛も罰として償ってもらうと宣言します。そして、その罰は右と左、どちらかの腕を切り落とすという事でした。雷土は、すでに指を五本失っている左腕を選び、またしても左腕が切り落とされます。

 

何の手当もなしに腕を切り落とせば出血多量で死にそうですが、趙の拷問官は外科手術の知識もあるようで、雷土は出血多量死をする様子もなく平然としています。

 

キングダム686話ネタバレ「爪を剥され釘を指先に刺される雷土」

泣きながら冤罪を訴えるも処刑される司馬瑋

 

その後も拷問は続きます。右足の指も爪を剥がれてその上から釘が打ち込まれ、全身にも到る所に釘が刺してありました。雷土は平気ですが、後ろの2人は限界を超えてしまい、「殺してくれ」とぶつぶつつぶやく廃人になっています。

 

どんな拷問にも少しも音を上げない雷土に趙の拷問官も驚きを隠せませんが、扈輒は冷静でした。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-