キングダム695話ネタバレ桓騎の怒り大爆発「箱」レビュー考察

2021年10月7日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

内容に納得がいかないkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。695話では雷土の死亡が確認されました。

雷土はバラバラに切断されて箱に入れられ雷土の詰め合わせになっています。

こんな殺し方をした雷土と、あの世で酒を飲みながら待っていると嘯いた扈輒(こちょう)

どれだけ好意的に見ても「変態」にしか思えないですが皆さんはどうです?

とうとう雷土の(むくろ)とご対面してしまった桓騎、今後一体どうなるのか

kawausoさんのキングダムがキター!

 

それでは、行ってみようキングダムがキターーーーー

 

※こちらの記事はキングダム695話のネタバレが含まれますし、ブログ主の思った事が色々反映されます。

そのつもりでご覧ください。

 

キングダム話題のトピックス!

桓騎が死亡秒読み?関連記事特集

李牧の最後は戦死?それとも謀殺?関連記事特集

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



キングダム695話ネタバレ「捕虜が多すぎて」

朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング

 

逆転勝利を収めて、続々と持ち場から戻って来る桓騎兵。

しかし、どこもかしこも降伏した趙兵で一杯という話が流れ、大丈夫なのかという顔です。

それはそうでしょう、いくら武器を取り上げて後手に縛ってあるとはいえ、あちらは桓騎軍の数倍はあるわけで、もし反乱でも起こされては少数の桓騎軍では手に余るでしょう。

 

 

 

キングダム695話ネタバレ「再会した3人」

三国志 蜀の桟道(街亭)

 

一方、こちらではバラバラで戦っていた摩論、黒桜、厘玉が久しぶりに合流します。

龍白公はどうした?と厘玉に聞かれ、取り逃がしたと残念そうな黒桜。

でも、ダメージは与えたから今頃死んでいるかもと負け惜しみをつぶやきました。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム695話ネタバレ「桓騎の信頼」

桓騎

 

不可能と思えた戦いに勝利し、さすがはお頭と桓騎を讃える黒桜と厘玉。

けれど、桓騎が自分達にも死んだフリ伏兵を教えてくれなかった事に黒桜は「自分達はお頭に信用されていないのか?」と落ち込みます。

 

厘玉が、摩論はお頭に計略を告げられながら逃げようとしていたとバラすと、摩論は

「私が教えられたのは最後あたりで敗戦の形がわざとらしくならないように、ほとんど誰にも教えていないはず」と反論します。

 

また摩論は「雷土には事前にオギコから作戦が知らされていた」と黒桜に告げ、黒桜は「私はアホの雷土より信用がないってのか!」と衝撃を受け悔しがっています。

 

数日ぶりに集まる3人ですが、摩論は増え続ける趙の投降兵に異様な雰囲気を感じ取っていました。全ての趙兵を討つ兵力がないから偽の伝令を使って投降させたのに、それが裏目に出たという感じです。

 

キングダム695話ネタバレ「飛信隊の状態」

ボロボロになりながらも戦う信

 

同じ頃、飛信隊は、まだ虎白公の別動隊5000と激闘を続けていましたが、ある段階で急に趙軍が潮が引くように平陽に向けて退却を開始します。

 

何事かとポカンとしていると、そこに摩論が派遣した伝令、馬印が到着し桓騎が自ら扈輒を討ったという衝撃の事実が告げられ、那貴以外の全員が驚愕の表情を見せました。

 

ここで那貴が桓騎軍の状態について伝令に質問しますが、伝令は「裏切り者に教える事はないが、お頭と摩論と黒桜は無事で後は俺の耳には入っていない」と告げます。

 

結局、飛信隊は、次に連絡があるまでここに待機し敗走して行く趙軍を見守るという事になりました。

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-