元々はキリスト教と無縁だった騎士【西洋史ミニコラム】




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

テンプル騎士団

 

騎士と言えばRPGではお馴染みの職業ですし、そのイメージは信仰心に厚く、正義感に燃え弱者に優しく女性に親切パーティーでも良識派として描かれる事が多いです。しかし、元々の騎士はキリスト教と関係もなく利己的なバーバリアンでした。

 

初代神聖ローマ皇帝・カール大帝

 

特にカロリング朝を開いたカール大帝のフランク王国の分裂後は各地の封建領主は家の次男坊、三男坊を騎士として戦場に出し、周辺の封建領主と領土の奪い合いを開始。首尾よく敵の騎士を捕らえて身代金をふんだくって開放するそんなビジネスをしていましたが、血の気の多い騎士たちは、しばしば憎しみや名誉欲から敵を徹底的に殺戮し騎士とは無関係な市民まで殺害する暴挙に出ました。

 

これに怒った市民は団結し騎士に対して、戦いに市民を巻き込まないように要求を突きつけて一時的に和平を実現したりします。また、当時のカトリックは、度々領内に侵攻してくるイスラム教徒に対抗すべくバーバリアンだが勇敢な騎士を懐柔し「キリストの為に戦って戦死すれば聖職者にならなくても騎士の身分のままで天国の門が開く」として内心では死後に怯えていた騎士を説得しキリストの騎士として取り込む事に成功します。

 

このようなムーブメントが最初に盛んになったのは第一回十字軍であり、多くの西ヨーロッパの騎士が天国へ行ける切符を求めて異教徒との戦いに赴く事になりました。もっとも、騎士が優しいのはキリスト教徒に対してだけで異教徒に対しては元のバーバリアンさながらの狂気の宗教戦士であり続けたのですが…

 

関連記事:カール大帝とはどんな人?西ヨーロッパの始皇帝の生涯

関連記事:十字軍は何の為に始まったの?十字軍の始まりと終わりをわかりやすく解説

 

【世界が歩んだ軌跡がまるっと分かる】
まるっと世界史 特集バナー

 

【聴きだしたらもう止まらない世界史の音声コンテンツ】
ながら世界史

 

 




  • コメント: 0

関連記事

  1. テンプル騎士団
  2. 皇帝ネロ
  3. ローマ法王の尻に敷かれる貧乏な欧州の国王達
  4. 院内感染予防の父 センメルヴェイス・イグナーツ
  5. スキッパーキ(航海する船)
  6. 紅茶一揆(イギリスの紅茶文化と戦車)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP