キングダム700話ネタバレ砂鬼の正体は美女「戦後の軋み」レビュー考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし週刊誌を楽しみにするkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。

記念すべき700話はカラーページの扉に覇王の道への煽り文句つきです。

そして今回は桓騎の過去が少し明らかになってきました。

あの残虐な砂鬼一家が実は○○〇だったのです。

kawausoさんのキングダムがキター!

 

それでは今週も行ってみよう!キングダム700話がキターーーー!!

 

※こちらの記事にはキングダム700話のネタバレが含まれますのでご注意下さい。

 




 

キングダム700話ネタバレ「血の色の夕陽」

飛信隊の信と仲の良い政(始皇帝)

 

久しぶりに嬴政(えいせい)と再会した李信は、ここよりもっと景色が良い場所に行こうと言い出し、嬴政を自分の馬に乗せて見晴らしがよい丘へと駆け上がります。

途中で、「夕陽が赤いな血みたいに真っ赤だ」と無邪気に口にし、今はそんな風に言うなと嬴政にドン引きされる李信でした。

 

この丘の上で李信は影丘の場所を指さし、飛信隊が玉鳳隊の犠牲の上にようやく丘を奪取した事大仏君を苦戦しながらぶっちゃーんしたと説明します。

さらに飛信隊が大苦戦して大仏君を討ち取ったせいで扈輒の本陣から兵が移動して手薄になり、桓騎が扈輒の首を討ち取ったと告げ、桓騎が天才である事を認めました。

 




 

キングダム700話ネタバレ「クソヤロウのあんちきしょう」

桓騎 キングダム

 

嬴政も桓騎が天才である事を認めますが、同時にクソヤローであるとする李信の説明にもうなづきます。

 

次に李信は、嬴政がこんな前線まで来た事について

「ありがとう、そして悪かった」と説明します。

嬴政は「どうしてお前が謝って礼を言う」と困惑しますが、李信は桓騎軍の虐殺を止められなかった事を詫び、そして虐殺を知ってから桓騎をぶん殴ってやろうとしたら、飛信隊と桓騎軍で全面戦争になるとして河了貂に止められたと言いました。

 

その時に、この問題を止められるのは嬴政しかいないと思ったのだそうです。

だから、ありがとう、そして悪かったなんですね。

 

李信に対して嬴政は、「来たのは来たが桓騎を断罪する事は出来なかった。それは、今はまだ、あの男の力が必要だからだ」と答えます。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム700話ネタバレ「何気に嬴政を全否定」

嬴政(始皇帝)

 

嬴政は、今後の統治もそうだが、心配なのは桓騎に捕虜を殺され憎しみで士気が高まっている趙人の怒りが容赦なく前線にいる飛信隊に襲い掛かってくる事だと言いました。

 

それに対して李信は

「大丈夫だ、こっちは趙を滅ぼそうとしているんだ怒りを買うのは当たり前だ。それにここからは戦場が趙の民に近い所になっていく、近ければ近いほど向こうの苦痛は強く伝わってくるだろう。だが承知の上だいよいよ厳しい戦いに入っていくと思うが俺達はやり切ってみせる、桓騎みたいに暴走する事なくなァ」と返答します。

 

え?李信の言い分だと、桓騎の虐殺があろうとなかろうと戦いが激烈になるのは、変わらないんじゃないですかね?何しろ邯鄲は近いのですから趙人は死に物狂いの抵抗になるのは疑いないでしょう。

 

Kawausoは嬴政のいい子ちゃん発言と李信のリアリティ発言はかなり食い違うように感じましたが…

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 

キングダム700話ネタバレ「金剛の剣」

矛を持った信

 

嬴政「前からそうだが、お前は強いな信」

李信「おう、俺はお前の金剛の剣だからな」

 

あまりよく考えずに胸を張っている李信

 

嬴政(フッ、お前という存在に救われる、本当に何度も)

よく分かりませんが、楽天的でタフな李信に嬴政は救われているようです。

 

嬴政は李信に丘の向こうの武城と平陽を指さし、二城を越えたところに趙の王都である邯鄲がある事を伝えます。

十六年前、嬴政は闇商人、紫夏(しか)の命を捨てた献身により邯鄲を脱出して秦に戻って王位に就き、今、その邯鄲の喉元に刃を突きつけているわけです。

 

嬴政「むろん、それもまたお前達の血の犠牲のお陰」

 

李信「俺らだけじゃねェ、お前も一緒に戦っているんだろうが、でもそうか、あと少しなんだな、二城の先にある邯鄲を落とせば」

 

「ああ、趙国が滅びる」

 

ドアップの2人の顔が並んだあと、嬴政は李信に

「お前が言う通りこれから激しい戦いが続く、だが貫くべき趙の心臓はもう目の前だ」と激励し、李信は「ああ、任せとけ」と応じました。

 

【多種多様な思想をわかりやすく解説】
はじめての諸子百家

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. 内容に納得がいかないkawauso様
  2. 李牧
  3. kawauso
  4. kawausoさんのキングダムがキター!

コメント

  • コメント (8)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 11月 19日

    記事のタイトルでネタパレスるのやめてください

    • 令和の徐福
    • 2021年 11月 18日

    砂鬼も女性なら女兵士の割合高すぎだろ!
    元祖男尊女卑の中国が兵隊に女性を重用するかね?
    …なんて毒づいた所で、まぁ紀元前の話なので人類の歴史上、女尊男卑、男女平等、男尊女卑を繰り返して来たとも解釈できる

    今週も楽しませて貰った!
    何しろ最近休載が無いのが非常に嬉しい
    来週もあるようだし。休載がやたら多かったのは実写版のpart2,3の製作に顔を出してたんでしょう

    • 尾平
    • 2021年 11月 18日

    ライドとの入れ墨とサキの入れ墨は似ている気もしますが、同じ一族だから最古参なのかな?
    カンキも同じ一族かも? 
    幼少時から奴隷に入れている墨で、そこから這い上がってきたのかも。

      • 九州男児
      • 2021年 11月 19日

      私も同じ一族とか考えました。髪の毛の質とかも似とるし。てか、今はみんなのお頭だけど元々は砂鬼一家のお頭だったんじゃね?とか

        • さいたま
        • 2021年 11月 20日

        私もそう思いました。

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 11月 18日

    桓騎のキングダムワールドでのいろいろな隠れたいきさつが李牧に敗北し処刑ないし逃亡までに少しづつ明かされるのかそれとも明かされないまま去っていくのか?(当方は興味なし)セイが連れてきた精鋭部隊を前線保持に補充兵として置いていくとの事。。その後の方が興味深いですね?身軽となったセイが河南の呂不韋旧領洛陽とかへ寄って行くのか?呂不韋の墓参りして呂不韋の影響下にあった領民を再び秦への忠誠を誓わせて人心の掌握に努めるのか?(セイの大量虐殺容認を諭しに呂不韋が化けて出ると面白いですね?読者はトンズラして生存のネタバレを知っているがセイは服毒自殺したとの報告しか受けていないからびっくりでしょう)

      • 邯鄲の夢
      • 2021年 11月 18日

      >わずかな兵団で咸陽へ戻って行った
      とのナレーションだが、史記に書かれた「王之河南」
      には触れず。。。原作者は咸陽から外へ出たところだけ。。いただいて史記に基づく行き先は結局うやむやのまま。。呂不韋がらみの河南行きが一番妥当性があると当方は思います。(確たる物的証拠も具体的な記述のある古文書もないので妄想の域は出ませんが)😔
      秦王十年十月,免相國呂不韋。及齊人茅焦說秦王,秦王乃迎太后於雍,歸復咸陽,而出文信侯就國河南。
      歲餘,諸侯賓客使者相望於道,請文信侯。秦王恐其為變,乃賜文信侯書曰:「君何功於秦?秦封君河南,食十萬戶。君何親於秦?號稱仲父。其與家屬徙處蜀!」呂不韋自度稍侵,恐誅,乃飲酖而死。秦王所加怒呂不韋、嫪毐皆已死,乃皆復歸嫪毐舍人遷蜀者。十二年,文信侯不韋死,竊葬。十三年,桓齮攻趙平陽,殺趙將扈輒,斬首十萬。王之河南。(史記 秦始皇本紀 列伝呂不韋より)

        • 令和の徐福
        • 2021年 11月 19日

        その呂不韋話は後に出てきそうですね




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP