キングダム712話ネタバレアミノ酸は大事!「奇跡の前進」レビュー考察

2022年3月10日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし兵士 朝まで三国志

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。第712話は予定の半分の兵力で進む桓騎連合軍の動向が焦点です。全く土地勘のない険しい山に囲まれた趙北部をおっかなびっくりで進む桓騎(かんき)連合軍ですが、予想に反して李牧の攻撃はなくあれよあれよという間に宜安(ぎあん)の支城である赤麗(せきれい)にまで到着してしまいました。

 

一方で桓騎軍が宜安に向けて進軍したと聞いた王翦は1万の援軍を率いて桓騎軍と合流しようとする倉央を制止します。

kawausoさんのキングダムがキター!

 

ヤバさを感じている王翦、一体飛信隊の運命は?それでは行ってみよう!キングダム712話がキターーー!!

※こちらの記事にはキングダム712話のネタバレが含まれますのでご注意下さい

 

 

 

キングダム712話ネタバレ「様子見」

王翦

 

冒頭は閼与の王翦の司令部です。

 

伝令が「桓騎軍5万、北東部軍を吸収して東進」と報告すると倉央(そうおう)田里弥(でんりみ)に意見を求めます。

田里弥はやってやれない数時ではないが半分以下の兵力できわどい戦になったと回答。

それを受けて倉央は一万騎を率いて桓騎軍の援軍に向かうと王翦に申し出ますが王翦は「まだ行くな、もう少し様子を見る」と止めました。

 

王翦も淡々と都合よく進みすぎる戦況に不気味な違和感を感じている様子です。

 

 

 

キングダム712話ネタバレ「星の並び」

羌瘣

 

その頃、桓騎の連合軍は趙北部へと足を踏み入れていました。

景色も少しずつ変化し山は岩肌が露出して険しく、空気も涼しくなりいかにも北方の風景になっています。

 

河了貂(かりょうてん)は両手を広げて左右に「注意」と呼び掛け奇襲に警戒せよと指示を出しています。

それとは関係なく羌礼(きょうれい)は昼なのに星が見えるとつぶやき星の並びがよくないと言いました。他の飛信隊のメンバーには見えないようで羌礼の視力が高い事が分かります。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム712話ネタバレ「魔除けの儀式」

殷の大様

 

別動隊として山の民軍を率いている壁の元にナジャラ族長のイアリエが話しかけます。

族長も「嫌な風が吹いていて閼与を出た時から占いもよくない」と言い、このまま進むと全員が無事に帰れないと言い出します。

 

なんとなく不安を感じていた壁軍の兵は「不吉な事を口にするな」と言いますが、族長は長老が今の内にナジャラ族の魔払いをやった方がいいと言っているとして壁にも参加してくれと言ってきました。

 

長老の魔払いとは、「アンミノサン」「()ッ!」と半裸で座った男たちが両手を挙げて奇声を上げるものでした。ナジャラ族に混じり、大真面目に魔払いに参加する壁。それを見て大爆笑する李信

 

壁「笑うな信、これはナジャラ族の神聖な儀式だぞ」

李信「ギャハハハハ」

 

ムキになる壁に「まだ終わっていない」と儀式を継続するように促すナジャラ族ですが、壁はすっかり山の民からも信頼を得ている様子です。

 

キングダム趙攻めの5年間が8分でそこそこ分かる動画

 

キングダム712話ネタバレ「大きな壁ならぶっ壊す」

矛を持った信

 

羌瘣と羌礼は「そんなに笑うな、あれはちゃんとした魔除けの祭りだ」と李信を(たしな)めます。

羌礼は何なら隊長も入れてもらってこい、この戦、何か怖いぞと促しますが李信は

 

「魔除けくらいで退く脅威なら最初から脅威じゃないし、でっけえ壁が出てくるなら出てくるでそんなもんは自らの力で打ち砕くんだ」と前向きです。

 

「そりゃ、分かっとるがギリギリのところで運が生死を分けることもあるぞ。運が」とぶつぶつ言う羌礼

 

河了貂は「運も大事だけど、今は敵襲に備えるのが一番だよ。今重要なのは途中どれだけ被害を抑えて宜安までたどりつくかだ。秦未踏の地でどれほどの抵抗を受けるのか読めない、大掛かりな急襲を念頭に、ここからは臨戦態勢で進む必要がある」と一刻も早く壁に自軍を指揮して欲しいと考えています。

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-