驚愕!許褚の強さを示すエピソードは本当なの?曹操のボディーガードの実力に迫る

2022年3月10日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

許チョ(許褚)と曹操

 

許褚(きょちょ)曹操(そうそう)のボディーガード的な役目をしており、戦場でも多くの功績をあげた名将です。そんな許褚、とにかくその「強さ」が語り草になっているようです。今回の記事ではそんな許褚の「強さ」とは何なのか?

 

エピソードを交えて紹介してきます。

まずは許褚の生い立ちから。

 

 

若いころから怪力で名を知られていた許褚

許チョ

 

許褚は沛国(はいけん)ショウ県(現在の安徽省(あんきしょう)ハク州市)の出身です。身長約180センチ以上あったという当時としてはかなり長身で、腰回りも1メートル以上あったそうです。

 

暴れまわる黄巾賊

 

黄巾(こうきん)の乱」が吹き荒れた頃の事です。許褚は数千人を率いて砦にこもっていたのですが、食料が乏しくなってきました。そこで一端和睦を申し入れ、条件として牛と食料を交換することになったのです。しかし、黄巾党が持って帰ろうとした牛は逃げてしまったのです。

 

許チョ(許褚)

 

そこでなんと許褚は逃げようとする牛のしっぽをつかみ、そのまま百歩あまり引きずっていった、というのです。これに驚いた黄巾族は逃げてしまいました。許褚の腕っぷしの強さを示すエピソードの一つですが、その和睦も牛が逃亡することを見越した偽りの和睦だった、とか。

 

関連記事:許褚とはどんな人?曹操の命を2度も救った親衛隊長【年表付】

関連記事:太史慈vs許褚どっちが強いか今夜比べてみた!?

 

黄巾賊

 

 

 

 

曹操のボディーガードとして活躍する許褚

許チョ(許褚)と曹操

 

曹操の勢力が許褚の周辺に及ぶと、彼は軍勢を整えて曹操に仕えることになりました。曹操は許褚を少し見ただけで彼を気にいり、自らの親衛隊の一人としてそば近くで警護をさせることになったのです。

 

力をつけ始めた曹操をぶっ潰そうと考えた袁紹

 

官渡(かんと)の戦い」で袁紹(えんしょう)軍と対峙していた時、曹操軍を裏切り、曹操の命を狙っているものがいました。しかし、許褚の警護は固く、なかなか曹操に近づくことができません。

 

そこで許褚が休暇の際に曹操の近くに侵入することにしたのですが、なんとそこにはいないはずの許褚がいるではないですか!暗殺者は許褚にあえなく殺されます。なんと許褚は休みなのに胸騒ぎがし、曹操の元に控えていたそうなのです。許褚の勘の強さも示すエピソードです。

 

関連記事:【典韋vs許褚】曹操護衛隊隊長のナンバーワン決定戦!!

関連記事:許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた!

 

官渡の戦い特集

 

 

許褚の戦場での強さ

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

 

曹操を間近で守っていた許褚ですが、戦場でも強さを見せています。曹操が「馬超(ばちょう)」と戦った時の事。曹操と許褚が率いる近衛隊を馬超が思いもよらないところから急襲したのです。その時は河を渡ろうとしていたのですが、馬超軍はそこに矢を雨のごとく降らせます。

 

馬超 vs 許褚

 

味方の兵たちは我先にと船に乗り込もうとし、曹操の船も沈没寸前となってしまいます。そこで許褚は船に乗ろうとする兵士たちを斬り、身を挺して曹操を矢から守ったのです。船頭が矢にあたって船が行動不能となると、許褚は自ら船を操り、何とか戦場から逃げ出すことに成功したのです。

 

関連記事:魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情

関連記事:「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武勇とは?

 

馬超特集

 

 

当時からその強さで有名な許褚には「あだ名」が

徐晃と許チョ(許褚)

 

許褚の強さは当時から知れ渡っており、彼は「虎痴(こち)」というあだ名で呼ばれていました。これは虎のような強さを誇るにも関わらず、普段はそれを感じさせないことから付いたあだ名でした。

 

五虎大将軍の馬超

 

先述の馬超が曹操との会談に臨んだ時、馬超は「公(あなた)の軍には“虎公”という武将がいるというが、今はどうしているのか。」と尋ねたそうです。「虎痴」とそのまま呼ぶのは遠慮して「虎公」と呼んでいたのでしょう。それほど許褚のあだ名は知れ渡っていたと言えるでしょう。

 

正史三国志を執筆する陳寿

 

三国志」の著者「陳寿(ちんじゅ)」は「許褚はみんなにあだ名でよばれており、“虎痴”が本名だと思っている人もいる」と記しています。

 

関連記事:許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論

関連記事:許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル2

 

 

部下の強さも抜きんでていた許褚

三国志の武器 巣車 許チョ(許褚)

 

近衛隊を率いていた許褚ですが、その部下たちも優れていました。許褚の配下たちの中には戦功をあげ、将軍に昇進した者など出世したものが大勢いたそうです。元々は許褚が連れてきた腕っぷしの強い男たちだったようですが、許褚も部下を見る目があったのでしょうね。

 

関連記事:馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い

関連記事:2954名に聞きました!徹子の部屋NGになりそうなのは?ルールルの時点でコンプラ違反しでかしそうな人

 

朝の仕度のお供は!ながら三国志

 

 

許褚の晩年

許チョ(許褚)と曹操

 

曹操とともに歩んだ許褚ですが、曹操が亡くなったときは血を吐くまで号泣したそうです。息子の曹丕(そうひ)にも信頼され、引き続き近衛兵を率いていました。許褚の亡くなった年は正確にはわかりませんが、曹丕の息子「曹叡(そうえい)」の代に亡くなったそうですから、かなりの長生きだったと推定されます。

 

関連記事:曹操のボディーガード「典韋」を推薦したのは夏侯惇だった?

関連記事:4341名に聞きました!三国志で一番のデブは?(イメージ)大調査!

 

ほのぼの日本史

 

 

三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

曹操は何度か命の危機を迎えたことがありますが、それを切り抜けられたのは強いボディーガード許褚がいたおかげ、という所もあるでしょうね。許褚はとても実直な人柄だったそうですが、曹操とはどのような会話をしていたのでしょうか?

 

関連記事:優秀さゆえに苦労した?三国志の二世たち

関連記事:「三国志」でよく見かける「字(あざな)」とは?どんな時に使うの?

 

はじめての三国志人物事典データベース

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-許褚
-