孫権を曹丕と取り替えたら晋王朝が消滅?「三国志とりかへばや」


 

 

case3:献帝と取り替えたら董卓にちやほやされる

献帝

 

献帝(けんてい)こと劉協(りゅうきょう)殿とのとりかへばやはどうでしょう?

 

董卓(とうたく)に保護され、曹操に保護され……となる孫権は、ちょっと見てみたくもあります。何気に家族を失い、後ろ盾を失い、という経緯は似ている二人です。

献帝

 

ただ劉協に関して、実は優秀だったというのが董卓との受け答えくらいしか逸話がなく、どんな人物だったのか分かりにくいというのがネックでしょうか。何気に嫁にやってきた曹丕の妹がお兄ちゃんに真っ向から反抗するほど入れ込んでいるので、人間的魅力は高いように思います。むしろこう考えると献帝の活躍をもっと見てみたかったですね。

 

関連記事:衝撃!曹操が献帝を迎えたのは悪名を消す為だった

関連記事:献帝の生涯と、それぞれから最期に贈られた諡を考えてみる

 

三国志主要戦図一覧

 

 

 

晩年に我慢が効かなくなった孫権

後悔する孫権

 

以前、読者の方々のアンケートで「孫権は素直さが一番の魅力(意訳)」という意見がありました。事実、孫権はたくさんの家臣に囲まれ、彼らの意見に度々耳を傾け、時にアドバイスをして、失敗があれば反省して……と、決してワンマンな暴君ではないのです。

 

使者として来た費禕を全員で無視しようとイジメを提案する孫権

 

しかし晩年にはこの素直さが欠け、大きな失態から国力を減退させてしまいました。むしろ孫権に欠けていたのは個人の能力ではなく、劉備の法正(ほうせい)、曹操の()クのような、上手に導ける存在だったのかもしれません。そしてそういう存在がいなくなった時こそ、一つの国の終焉がくるのかも……なんて。

 

関連記事:法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀

関連記事:賈詡は歴史を陰から操る天才である!世界史上稀にいるタイプだよね

 

北方謙三三国志

 

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

何だかんだ言ってしまいましたが、孫権は間違いなく三国志の英雄の一人だと思います。多くの人々助けあってこそとは言え、孫権は家を守り、呉と言う大国を作り上げました。ただその大国を作り上げたのも孫権ならば、衰退のきっかけを作ったのも、哀しいながら孫権でもあるのです。

 

諸葛瑾に無茶振りを言う孫権

 

「この家を大きくするのはあの子ですが、この家を潰すのもまたあの子でしょう」

そう自分の息子を評したのは一体誰だったか。

 

ふと思い出した筆者でした。

 

センさんのとぷんver2

 

ちゃぷり。

 

参考文献:呉書呉主伝 晋書列伝第19

 

関連記事:孫権はボロボロの宮殿に住んでいたってホント?

関連記事:孫権の人柄ってどうだったの?晩年の暴走は老いが原因?

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-, ,