孫権の人柄ってどうだったの?晩年の暴走は老いが原因?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

趙達と孫権

 

三国時代の礎を築いた劉備(りゅうび)曹操(そうそう)と比べると少し地味な印象のある孫権(そんけん)

 

 

三国志演義でも部下の優秀さが際立ち、孫権自身はあまり目立たない存在になっています。しかし、業績の良い会社は社長があまり目立たず、部下たちが伸び伸びと仕事をしていたりするもの。

 

海上での戦いの孫権

 

そう考えると孫権は若くして江東を治めた有能な人物と言えます。ただ、晩年はビックリするほどミスが目立ち、暗君とも言えるような印象に。そこで今回は孫権のエピソードからその人柄と後年の暴走の背景について考察をしていきたい思います。




若かりし頃の孫権

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

孫権が家督を継いだのは西暦200年、19歳の時です。兄の孫策(そんさく)は死の間際に孫権は人を用いるのが上手いと評していますし、周瑜(しゅうゆ)も似たような評価を下しています。

 

魯粛、孫権、張昭

 

魯粛(ろしゅく)からは漢王朝復興ではなく自ら帝位に就くよう勧められるなど、若い頃から才覚にあふれていたようです。実際に孫策死後におきた反乱を治め、早期に地盤を固めている点を見ても配下たちをうまく扱っていたことがわかります。

 

周瑜と孫権

 

会社で言えば若くして後継となった社長はたいてい経営を悪化させるものですが、孫権は逆に荊州(けいしゅう)交州(こうしゅう)など領土を拡大させているので、器量は父や兄以上だったのでしょう。

 

関連記事:孫権、実はみんなのかわいい弟分だった?

関連記事:もしも、孫権が早死にしていたら三国志はどうなった?




戦は強くはないけど機転は効く孫権

張遼の猛攻に泣きながら逃げる孫権

 

孫権は合肥(がっぴ)の戦いで自ら兵を率いて戦場に赴き、少数で奇襲をかけた張遼(ちょうりょう)に追い回されるという失態をおかしています。

 

後継者争いで悩む孫権

 

そういった点を見ると戦はあまり上手くないのかもしれません。しかし、曹操が孫権の船に矢を大量に射かけ、重さで船が傾き出した際には反転して転覆を防ぐなど機転は効くタイプです。

 

曹操

 

曹操も「子どもを持つなら孫権のよう人物がいい」と言っていますが、これは自身が機転によって乱世を生き抜いてきたからこそ、後継者にもそういった器量があってほしいと願ったのではないでしょうか。

 

孫権はいたずら好き

孫権と張昭

 

孫権は人の扱いが上手かった反面、時には失礼とも思えるようないたずらをして、部下たちをからかっています。例えば、趣味だった虎狩りに出かけた際に虎に反撃され、張昭(ちょうしょう)が危ないから狩りをやめるようにと諌められました。

 

しかし、狩りはやめずに装甲車のようなものを作って狩りを続けるなど天の邪鬼な一面も。

 

諸葛瑾を頼る孫権

 

またある時は、諸葛瑾(しょうかつきん)が馬面だったことからロバに「諸葛瑾」という名札をつけてからかうなど子どもっぽいことをしています。

 

諸葛瑾に無茶振りを言う孫権

 

人を見る目があった孫権なので、このくらいなら怒らないだろうと計算をしていた可能性はありますが、若くしてリーダーとなったため無邪気さや幼さが抜けなかったのかもしれません。

 

関連記事:実はイケメン?孫権を支えた諸葛瑾と「ロバの逸話」

関連記事:呉の水魚の交わり?逸話から分かる孫権と諸葛瑾の「交」

 

敵からするとしたたかな相手

劉備と孫権

 

孫権は兄から受け継いだ江東という基盤を拡大していったわけですが、その際に多く用いられたのが外交と軍事の使い分けです。劉備に貸していた荊州が帰ってこないと見るや、それまで戦っていた曹操と和睦し、関羽(かんう)が曹操軍と戦っている隙に南郡を奪取。

 

夷陵の戦いで負ける劉備

 

劉備が夷陵(いりょう)の戦いを反省すると再び蜀と同盟を結んで魏の領土を攻め取っています。局面に応じて外交と軍事を巧みに使いこなして版図を広げていることから、魏や蜀からすると非常にしたたかでやりにくい相手だったと言えるでしょう。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 袁術と孫策

    デザイン担当:よりぶりん

    孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

    孫堅(そんけん)の子の孫策(そんさく)が、父の死後、袁…

  2. 肝っ玉の太い凌操(りょうそう)
  3. 命がけで筋を通す義理に熱い朱拠
  4. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  5. かぼちゃと孫権
  6. 孫和

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP