キングダム726話ネタバレ李牧まだポンコツ中!「強くなる場所」レビュー考察

2022年7月14日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なしオンライン授業の講師を務めるkawauso編集長

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム

日没が近づく中、桓騎軍は包囲網の突破を目指します。

ようやく桓騎の意図が日没にあると見抜いた李牧ですが、まだ桓騎の狙いを掴んでいない模様です。

kawausoさんのキングダムがキター!

 

では、2週間ぶりに行ってみよう、キングダム726話がキターーーーー!

 

この記事にはキングダム726話のネタバレが含まれています。

 

7月21日最新キングダム記事はこちら!

内容に納得がいかないkawauso様
キングダム727話ネタバレ編集長久々の突っ込み!「桓騎の鉞」レビュー考察

続きを見る

 

キングダム726話ネタバレ「李牧さん気づく」

李牧

 

「こんなふざけた事を続けていたら」と問う摩論に桓騎は「続けていればどうなる」と問い返します。

答えは「陽が暮れる」でした。ここでようやく李牧が桓騎は日没を待っていたと気づきました。

最近ポンコツ化が深刻な李牧さんですが、まだ桓騎ターンなのでやむを得ないですね。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム726話ネタバレ「強くなる場所」

桓騎

 

桓騎は、こっちより数が多い相手に戦って勝つ方法はいくつかあるが、一番手っ取り早いのは何か分かるか?とガラにもなく摩論に質問しています。

 

それに対し摩論は「こっちが有利な場所で戦う」と答えました。

これまでは、毎回、そういう戦場を桓騎は作り出していましたが、今回は李牧が用意した狩り場でそんな都合がよい場所はありません。

 

しかし、桓騎は「ねえことはねぇ」と答え、正規軍の李牧と野盗の俺達では力の強弱が変化する場所がある、それが暗がりだと答えます。

そして暗闇の中に李牧の大軍を誘い込んでドンドン相手を殺していき敵と味方の差を埋めるというのです。

 

桓騎は李牧の大軍が眼前に展開した瞬間から、その計略を思いつき、それを気づかれないように敢えて何も言わず、ふざけて見せて、ひたすらに日没を待ったのだと説明します。

 

キングダムを100倍楽しむ

 

キングダム726話ネタバレ「食い違う推測」

 

李牧もようやく桓騎が本陣を動かさずに壁や北東部軍、飛信隊、楽華軍だけを動かし、出鱈目な十字陣を敷いたのはただの時間稼ぎだったと理解します。

 

李牧のモブ幕僚たちは、時間稼ぎでも我々が陣を解かずに包囲し続ける限り、桓騎は逃げられないと楽観しますが、李牧は桓騎は日没までここに留まる事はなく、飛信隊同様に趙軍を突破して逃げていくつもりだと言います。

仮に包囲を抜けても徹底的な追撃を受けて生きて秦まで戻る事は出来ないが闇に乗じて李牧の追撃をかわし、無傷の本陣で一点突破を狙っていると結論します。

 

孔門十哲

 

キングダム726話ネタバレ「桓騎軍は右から逃げる」

馬で高速移動する王翦

 

そして、桓騎軍はどの方向から逃げるのか?というモブ幕僚の問いに李牧は桓騎軍から見て右だと断言します。

李牧曰く、これも桓騎がいたずらに軍を出し入れしている時に、一番動きが遅く無能な右陣を見抜いたからだそうです。

 

李牧の予言通り、桓騎は摩論に対して、全軍右に逃げろと号令を出しました。

 

はじめての孫子の兵法

 

キングダム726話ネタバレ「名前も出ない右の将軍」

 

さて、それを迎え撃つ右の趙軍の総大将ですが、いかにも弱そうな顔をしていて桓騎の首を獲れと何も分からなそうな事を言ってます。キワメツキには名前が出ていません。

これは、726話が終わる前に首を飛ばされるモブ将軍だから名前はいらないなと判断されたんでしょう。

 

楚漢戦争

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-