どうして孫権は劉備に荊州を貸したの?荊州問題を再整理してみる

2022年8月6日


 

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。

荊州問題を再整理

1ページ目から読む場合は、上記の緑ボタンからお願いします。

 

 

どうして劉備に荊州を貸したのか?

劉備、孫権、魯粛

 

さて、魯粛がどうして劉備に荊州を貸してやれ、と言ったか。それについては色んな考察がありますが、あくまで天下二分、もしくは三分の計を主軸に考えるなら、曹操に対抗できるようにある程度劉備にも力を持たせておくべき、という考えでしょうか。

 

後、周瑜は魯粛に後事を託してこの世を去ります。そしてその後、呉劉同盟は魯粛が主軸になって動かしていくのですが……。

 

こちらもCHECK

大きすぎる関羽像
関羽は馬超を敵視したのではなく利用した?関羽の荊州統治と北伐戦略

続きを見る

 

よかミカンのブラック三国志入門

 

 

荊州問題スタート

孫権 劉備 対立

 

215年、関係が悪化します。

 

劉備が益州(えきしゅう)を平定した時に、孫権は領土を返すように、と言いました。しかしこれを劉備は突っぱね、怒った孫権は長沙(ちょうさ)桂陽(けいよう)零陵(れいりょう)を占領。関羽はこれに兵を出して二国開戦、更には劉備も出陣してきます。

 

が、ここで曹操が動きました。このため劉備は速攻で孫権と和議を結び、江夏、長沙、桂陽を孫権に渡すことで一先ず決着がついたのです。

 

こちらもCHECK

張飛と劉備
蜀錦を益州ブランドにした諸葛亮の販売戦略

続きを見る

 

一騎打ち

 

 

魯粛と関羽の対談『単刀赴会』

関羽

 

そしてこの時、関羽と魯粛が対談を行いました。これが単刀赴会(たんとうふかい)と呼ばれるものです。

 

この対話で魯粛は劉備が不当に荊州を占拠していると関羽を責め、座にいた一人が反論するとこれに怒り、関羽がそれに詫びて一人を退陣させ、魯粛の言葉に答えようもなかった……という魯粛カッコいいエピソードなのですが、結局はその後、劉備と孫権の和議で一先ず終わりになっちゃうんですけどね。

 

 

魯粛、孫権、孔明

 

その後、217年に魯粛は死去。そして219年、関羽の北上に対して呉が動き、関羽は処刑。その後劉備も夷陵(いりょう)で大敗北、結果、荊州は孫権が取り戻しました……というお話です。

 

夷陵の戦いで負ける劉備

 

ただしこの夷陵の戦いで(しょく)は力を失い、呉と蜀の一緒に魏と戦おうぜ!作戦がその後は上手くいかなくなってしまうのですが……またそれは、別のお話。

 

こちらもCHECK

魏の皇帝になる曹丕
夷陵の戦いを「魏」の側から見て考える

続きを見る

 

夷陵の戦い

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

はてさて、ややこしい荊州問題でした。三国志演義(さんごくしえんぎ)ではお人好しな魯粛ですが、実際にはあくまで劉備を利用することを考えているだけで、厳しい態度を取る時はちゃんと取っている人でもあります。

 

ただしこの魯粛が返還期限を決めずに荊州を貸しちゃったのも結構な失策のような……?

 

まぁ魯粛も46歳で病死(たぶん……)ですし、もしかしたらもう少し生きていたら、劉備からしっかりと荊州を取り立てていたのかもしれません。

 

センさんのとぷんver1

 

そう思うと荊州問題、ここの責任者が結構早く死んでしまうからどんどんややこしくなるんですねぇ……と、呉の都督の短命さを再確認した筆者でした。ちゃぽーん。

 

参考文献:呉書呉主伝 周瑜伝 魯粛伝

 

こちらもCHECK

父・関羽とともに亡くなる関平
荊州はどれだけ重要な土地だったの?関羽の死から始まる蜀の崩壊を考察

続きを見る

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-,