関羽は馬超を敵視したのではなく利用した?関羽の荊州統治と北伐戦略




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

文句を手紙に書く関羽

 

馬超(ばちょう)関羽(かんう)と言えば思い浮かぶのは関羽が諸葛亮(しょかつりょう)に送った手紙でしょう。

 

孔明(こうめい)どの、時に馬超とやらの実力はどれほどなのかな?」

 

孔明

 

「馬超はまさに当代の豪傑でしょう。その力は張飛(ちょうひ)に勝るとも劣りません。ただ、惜しいかな髭どのの実力には及びません。」

 

関羽

 

この手紙を受け取った関羽は大いに喜び自慢して回ったと言います。

 

関羽

 

このエピソードは関羽のプライドの高さを示すものとして捉えられがちです。しかし、少し違う見方をするとこの手紙には関羽の荊州統治、そして北伐の足がかりを作るための戦略が隠れていたのではとも思えてきます。

 

今回は関羽のプライドの高さを忘れて馬超に対抗意識を燃やしたエピソードの裏側を推察していきましょう。




標的が馬超である理由

蜀 武運を誇る馬超

 

諸葛亮との手紙のやり取りがいつ頃の話なのかはわかりませんが、少なくとも馬超が劉備(りゅうび)の配下となってからそれほど時間が経っていない頃のことでしょう。

 

関羽

 

その頃の関羽は荊州(けいしゅう)曹操(そうそう)軍と戦って敗走するなど安定した統治ができていたとは言い難い状態です。また、関羽は取り立てて大きな戦功を上げていないので、配下の将兵や荊州の領民たちを安心させるには関羽の凄さを知らしめる必要がありました。

 

馬超と羊

 

それにはやはり益州(えきしゅう)で活躍している人物との比較が効果的。その際に比較対象として白羽の矢が立ったのが馬超。理由は羌族(きょうぞく)などの異民族からの支持が厚いこと、そして馬超が劉備に下ると劉璋(りゅうしょう)も降伏を決意したように影響力が高かったためです。

 

関連記事:董卓はやり手な覇王だった?あの始皇帝も恐れていた匈奴・羌族との深い関係

関連記事:羌族は何者?何度も反乱を起こし漢王朝のHPを削ったヒャッハー集団

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?




諸葛亮のお墨付きを得る

曹操を絶対殺すマンとしてなった馬超

 

劉備に降伏する前の馬超は曹操軍に何度も破れていますが、潼関(どうかん)の戦いでは曹操を追い詰めたばかりか曹操軍に万単位の損害を出させた実績があります。

 

大きすぎる関羽像

 

関羽は自身がそんな馬超よりも上であることを第三者に認めさせることで、荊州の曹操軍を畏怖させ、自領内の民衆を安心させようと考えました。

 

考える諸葛亮孔明

 

あとは誰に評価をしてもらうかということになるわけですが、荊州においてその人ありと言われた諸葛亮であれば荊州の民も納得しますし、劉備軍の将兵も認めざるを得ません。

 

悪い顔をしている諸葛亮孔明

 

また、関羽としては諸葛亮なら自分のことを悪く言わないだろうという計算もあったでしょう。しかして諸葛亮の返答は、関羽の予想の斜め上をいく賛辞。

 

酔っ払う関羽

 

もちろん諸葛亮が意図を汲みとった可能性もありますが、関羽は計画がうまくいったことに喜び、手紙を周囲に見せびらかせることで多くの人に自身があの諸葛亮から馬超を超えるという評価を得ていることを触れ回りました。

 

関連記事:届け!お手紙、三国時代には郵便制度があった!?

関連記事:【三顧の礼】劉備の諸葛亮への手紙にNGワード!逆賊疑惑

 

馬超の異民族に対する名声

はじめてのプロ野球 関羽

 

関羽が馬超を比較対象としたのにはもう一つの理由があります。それは異民族に畏れられる馬超よりも格上の自分が軍を起こすことで、曹操領内の諸県を扇動し反乱を起こさせるためです。

 

漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族)

 

これは特に異民族に効果があったと考えられます。なぜなら、馬超は羌族から慕われていただけでなく、匈奴(きょうど)にもその名が広まっていたから。

 

ホウ徳、馬超

 

というのも、かつて馬超とホウ徳(ほうとく)は曹操配下の鍾ヨウ(しょうよう)に従って郭援(かくえん)、匈奴の反乱の鎮圧へ赴いたことがありますが、そこで獅子奮迅(ししふんじん)の働きをし、最終的に単于の呼廚泉(こちゅうせん)が降伏しているためです。

 

関連記事:龐徳は馬超に義理で部下になっていた!?

関連記事:馬岱は馬超と蜀に降ったのに何故龐徳だけ漢中に残った?

 

樊城の戦いで関羽に組みした陸渾

三国志のモブ 反乱

 

実際、関羽が荊州北部を攻めた際には曹操領内で反乱が多発。その中には陸渾(りくこん)という異民族がいました。

 

後漢書(書類)

 

陸渾は後漢書の西羌伝に記載があることから羌族の一氏族とも考えられていますし、一説にはケン允(けんいん)という異民族から発生し、後に匈奴となったとも言われています。

 

行軍する兵士達b(モブ)

 

春秋時代に涼州(りょうしゅう)方面から東進してきた陸渾は晋や()に攻撃されて滅び、その後も晋や楚の領内に分散していきました。後漢時代には漢民族化して長かったと考えられますが、陸渾と呼ばれている時点で漢民族とは別と考えられていたことは間違いありません。

 

五虎大将軍の馬超

 

反乱を起こした理由は益州に労役で駆り出されることに反発したためですが、民衆を率いた孫狼はそのまま関羽に帰順するといった動きを見せています。これは馬超の名声をうまく利用し、自身の評価を高めたことによる関羽の策略の賜物だったのではないでしょうか。

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 曹操から赤兎馬をプレゼントされる関羽
  2. 羅貫中と関羽
  3. 暴れる関羽
  4. 顔が赤い関羽
  5. ほっぺたに矢を受ける孫策
  6. そろばんを叩く関羽

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP