キングダム732話ネタバレまた予想的中!「大きな意味」レビュー考察

2022年9月15日


 

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。

キングダム732話ネタバレ

1ページ目から読む場合は、上記の緑ボタンからお願いします。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



キングダム732話ネタバレ確定速報|蒙恬の他力本願の正体は?

 

 

手術の成功を祈る飛信隊とは別に、蒙恬は物見櫓で、今回は飛信隊の手柄だったという副官愛閃の報告を聞いています。

ここで、蒙恬の他力本願の内容が明らかにされました。

 

1つは、最初に開城させた赤麗城に生き残りの桓騎軍の残党が再度入城し宜安と赤麗の2城で戦う事で趙軍の攻撃を半減させるという事。

もう1つは桓騎が生きて宜安か赤麗か、どちらかの城に入城して秦軍の士気を高めるという事。

 

この2つの他力本願が達成できれば、ひたすら籠城して趙の攻撃を耐え忍び、秦本国から昌平君の援軍が到達するまで時間を稼げるという話でした。

ただ、どちらの案も宜安に籠城している飛信隊と楽華軍では、どうしようもない事で神頼みしかありません。

 

はじめての孫子の兵法

 

キングダム732話ネタバレ確定速報|助かったデブ3人

 

夜が明けるのを物見櫓から見ている砂鬼一家の長、衣央そこには那貴もいました。

そこへ力なく階段を上がって来る李信、ダメだったのかと思いきや李信は衣央に深々と頭を下げます。

 

砂鬼一家の外科手術は紀元前の時代の水準を超えているらしく、3人は身動きは出来ないものの、助かったというのです。

まさか、こういう展開でくるとは予想できませんでした。

 

楚漢戦争

 

キングダム732話ネタバレ確定速報|桓騎が砂鬼一家を造り変えた意味

桓騎

 

衣央「そうか、よかったな、ならば我らが死体を弄んで得た知識と術に感謝せねばな、そうであろう飛信隊 信?」

 

まさか最初からそのつもりだったのか?と聞く那貴に衣央は「さあな」と曖昧な返事をしますが、桓騎は無意味な事はせずやる事にはいくつも意味があると回答します。

 

そして衣央は約束通り、桓騎がどうして砂鬼一家を作り変えたのかを話し始めました。

桓騎が砂鬼一家を作り変えたのには大きな意味があった!それは何なのか?733話に続きます。

 

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-