涙は女の武器!貂蝉の嘘涙が董卓と呂布を仲違いさせて滅ぼす巧妙な手口を解説【三国志演義】

2023年3月3日


貂蝉

 

甘い蜜に誘われて花に集う虫たち。その花の蜜に舌鼓(したづつみ)を打ち、さて、次の花へ移ろうとしたら…あれ?足が花にくっついて離れない!

 

暴れれば暴れるほど体は蜜にまみれて動かなくなり…。甘い蜜に誘われて痛い目を見るのは虫だけではありません。人間だって同じなのです。『三国志』で有名なあの人たちも甘~い罠に引っかかって右往左往していたのでした。

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



董卓の暴政

董卓

 

後漢王朝の相国(しょうこく)にまで上り詰め、天子の御前で靴を履いて帯剣したまま昇殿しはじめ、民草から富豪に至るまで、人々に対して悪逆非道の限りを尽くしていました。

 

それは、陽人の戦いで孫堅(そんけん)に破られ、洛陽から長安に遷都してからも変わらず。いえ、むしろ暴虐ぶりはますます酷くなっていくばかりで、董卓(とうたく)を諫めることができる人は誰もいなくなってしまいました。誰の言うことも聞かなくなっていた董卓でしたが、養子としていた呂布(りょふ)や自らが使徒に任じ王允(おういん)など、少ないながらも信用していた人物はいた模様。

 

王允と呂布

 

呂布は董卓に信頼を寄せていたようですが、王允は腹の底では暴君として君臨する董卓をなんとかしたいと考えていたのでした

 

 



王允の愛娘・貂蝉

貂蝉

 

若い頃より人の不正を許すことができず、自らの命すら落としそうになりながらもあらゆる不正を暴いてきた王允。そんな王允にとって、董卓に仕え続けることはこれ以上ないほどの屈辱だったことでしょう。王允は家に帰っても悩みに悩んでいたのでしょう。

 

そんな王允に愛娘・貂蝉(ちょうせん)が声をかけます。貂蝉は元々孤児でしたが、運よく王允に引き取られ、実の娘のように愛されて育ちました。一通りの芸事を身につけ、美しく成長した貂蝉は、王允に恩返しをしたいと常々感じていたのです。

 

貂蝉に力になれないかと聞かれた王允は、ある計略を思いつきます。可愛くて仕方がない貂蝉を苦しめるのは辛いですが、国を救うためには仕方がないと、王允はその計略を実行に移すことにしました。

 

 

呂布も董卓も貂蝉の美貌にイチコロ

貂蝉と呂布

 

王允が最も苦々しく思っていたのは、董卓と呂布が強く結びついていることでした。そこで王允はまず、貂蝉に呂布を誘惑させます。

 

呂布は一目見ただけでその美貌に骨抜きにされてしまいました。呂布の反応に手ごたえを感じた王允は、今度は貂蝉を董卓に謁見させます。董卓も呂布同様一目で貂蝉に心を奪われ、王允にすすめられるままに貂蝉を連れ帰って行ったのでした。

 

関連記事:楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美女

 

 

呂布の前で泣き、董卓の前でも泣く

呂布と貂蝉と董卓

 

貂蝉が董卓のものになったと聞いた呂布は怒髪天。王允に詰め寄ります。しかし、王允は「とてもではありませんが、董卓様には逆らえず…」と涙を流してオロオロするばかり。

 

王允に戸惑う呂布

 

それもそうだと思った呂布は振り上げた拳をひとまず下ろしたのでした。それでも貂蝉のことが忘れられず悶々とした日々を送る呂布…。

 

ある日そんな呂布の前に、人目をはばかるようにして貂蝉が現れます。「私は勇ましくて頼りがいのある呂布様と結ばれたかったのです…。董卓は横暴で、こんな所からは早く逃げ出したい…」涙を流しながら訴える貂蝉に、呂布は恋心とはまた違った感情を抱きはじめます。

 

呂布

 

一方、董卓は董卓で、貂蝉が度々呂布と会っていることを嗅ぎ付けます。

 

董卓は呂布に対して激しい怒りを覚えますが、董卓と呂布が仲違いしてしまうことを恐れた李儒(りじゅ)に「女の一人くらい、呂布にくれてやってもいいではありませんか。そうすれば呂布もより恩義を感じて董卓様に尽くすようになるでしょう。」とたしなめられ、呂布に貂蝉をやることを決意します。

 

李儒

 

そこで、貂蝉に呂布の元に行くことを許すと伝えたところ、なんと貂蝉の目がうるうると潤みはじめて…。

 

「私は呂布に脅されて無理矢理密会させられていて…。董卓様なら私を助けて下さると思っていたのに…。獣のような男のところに行くのは嫌です!このまま董卓様のおそばに居とうございます!」

 

ボロボロと大粒の涙をこぼしながら訴える貂蝉。

 

董卓

 

これを見た董卓は貂蝉を抱きしめ、「大丈夫だ。呂布などには絶対に渡さない!」と言ってしまったのでした。涙は女の武器とはよく言ったものですが、貂蝉は涙を使いこなし、2人の男を見事に翻弄して見せたのでした

 

 

連環の計、成る

董卓と呂布

 

婚礼の支度まで整えた呂布でしたが、翻って貂蝉を渡さないと言い始めた董卓に、いよいよ怒りを大爆発させます。

 

呂布は王允と結託して董卓を切り捨て、なんとか貂蝉を手に入れます。王允はこれに便乗して董卓の一族を皆殺しにし、董卓の腹心・李儒も車裂きの刑に処しました。こうして、王允の計略、美人計と離間計を組み合わせた連環の計は成ったのです。

 

その後、貂蝉は呂布の妾となったものの子に恵まれなかったとのことですが、実は貂蝉は『三国志演義』オリジナルの架空の人物。呂布が手を出した董卓の侍女がモデルとされたようですね。それにしても、今も昔も男というのは女に弱い生き物です…。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

▼こちらもどうぞ

西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はじめての三国志 編集部

はじめての三国志

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

-外部配信