編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての漢

李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師

この記事の所要時間: 313




李儒

 

李儒(りじゅ)の生まれは、司隷にある馮翊郡とされていますから都近くです。

朝廷ともつながりをもっているいわば都会人です。

対して董卓(とうたく)の配下は辺境の地で生まれ、異民族を討ち果たすのが仕事という猛者ばかり。

朝廷の習わしはおろか、都の暮らしも経験ないものばかりです

李儒には李儒の使い方があり。武辺者たちにはそれに合った使い道というものがあります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選




経歴不明謎の軍師:李儒

李儒と董卓

 

董卓がいかに政権をまとめていくのかについてのブレイン(頭脳)、それが李儒の役目です。

三国志演義のような董卓と李儒の関係であれば実に息がピッタリのコンビともいえます。

袁紹(えんしょう)曹操(そうそう)孫堅(そんけん)ら諸侯を

出し抜く作戦を見事に成功させていきます。




まずは上洛の策略

董卓

 

董卓が涼州から上洛したときに、

密かに都内部の人間たちとコンタクトをとっていたのが李儒だったことでしょう。

おそらくその役を担えたのは李儒だけだったはずです。

 

小帝

 

誰に渡りをつけておけば少帝の身柄を確保できるのか、

その際に逆らうのは誰か。事前にかなりの分析があったのではないでしょうか。

軍事面だけ突出している董卓を踏み台に使ってさらに出世を夢見ていた官吏多かったことでしょうが、

ところがどっこい、腐敗政治にどっぷりと

浸かっていた人物は董卓の命令でことごとく誅殺されています。

 

小帝と董卓

 

巨大な権力を握っていた十常侍も傍若無人の董卓の前に壊滅していきます。

これで新皇帝の献帝は外戚の干渉をうけることなく、

腐敗政治の温床ともいうべき宦官からも遠ざけられ、

清風一陣の朝廷に座して新しい漢皇室を目指すことになります。

 

関連記事:実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる

関連記事:ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説

 

名士を集める

竹林の七賢

 

司隷に住んでいた李儒は、「名士のつながり」やその言葉の重みから、

名士は組織作りに欠かせない人物だと把握していたことでしょう。

董卓は清流派の官吏を牢屋から解き放ちました。

そして新しい息吹をもった若いパワーが復興に必要だと、

多くの才能豊かな若者を重役に据えていきます。

新政権をまとめあげるうえで一番必要だったものは

暴力でも兵力でも権威でもなく人の繋がりだったのです。

董卓も李儒もそんなに器用にひととの結びつきを作れたわけではありません。

失敗も苦労もしたことだと思います。誤解もされたでしょう。

しかし蔡邕のように心から心腹した官吏もいたのです。

 

関連記事:董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

関連記事:竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく解説

 

董卓への反乱

孫堅と董卓

 

しかし董卓への風当たりは非常に強いものがありました。

田舎者の董卓の独断政治に徹底的に抵抗しようと叫び合った組織も多かったのではないでしょうか。

まさに現在のアメリカ合衆国の大統領選のような様相です。

遠く東の地でその声は大きくなり、やがて反乱という形になるのです

 

関連記事:偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

関連記事:あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由

 

董卓の懐刀、李儒

李儒

 

政権を担うことになると膨大な仕事が待っています。

公共事業や異民族などの軍事面の対応、人事面の対応。

外交面の対応。そのような細かい作業の計画を建て指示したのが李儒だったのではないでしょうか。

秘書長官と呼ぶのがぴったりです。

 

東で大きな反乱が起きても充分にあしらうことができました。

多方面で準備を整えていたのが勝因だと思われます。

外交交渉も重ねていくつも行っていたことでしょう。

敵方を離反させる餌も撒いていたと思われます。

こうして考えると李儒はかなりやり手の軍師であり、政治家だったといえると思います。

 

関連記事:賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

李儒は董卓が暗殺された後に磔にされたという説と、

その後も董卓の残党のなかで生き抜いたという説のふたつがあります。

どちらにせよ、このタイミングで李儒は表の世界から完全に消えていくのです。

三国志のなかで、最初に有能な軍師の価値というものを

見い出すことができたのが李儒ではないでしょうか。

三国志のゲームでももう少し目立出せてあげたい存在ですね。

それだけの政治力は有していたと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1

関連記事:蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力
  2. 王異(おうい)ってどんな人?戦乱の中で数々の逸話を残してきた女性…
  3. 9話:張角が太平道信者を増やした方法
  4. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  5. 法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀
  6. 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る
  7. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  8. とっても皇帝になりたかった袁術

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【1/30〜2/5】
  2. 曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者
  3. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】
  4. 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した?
  5. 【はじさん編集部】編集長kawauso日記 第1話 KDPを出版せよ!
  6. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ! 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった? 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス! 85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利 【祝】はじめての三国志!月間100万PV達成のお祝い 93話:名将 張任、遂に堕ちる

おすすめ記事

  1. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  2. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】
  3. 三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!
  4. 54話:劉備、再び曹操に敗れる
  5. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信
  6. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  7. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】
  8. 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP