ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
歯痛の中国史


はじめての三国志

menu

はじめての漢

李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師

李儒




李儒

 

李儒(りじゅ)の生まれは、司隷にある馮翊郡とされていますから都近くです。

朝廷ともつながりをもっているいわば都会人です。

対して董卓(とうたく)の配下は辺境の地で生まれ、異民族を討ち果たすのが仕事という猛者ばかり。

朝廷の習わしはおろか、都の暮らしも経験ないものばかりです

李儒には李儒の使い方があり。武辺者たちにはそれに合った使い道というものがあります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選

 

 

経歴不明謎の軍師:李儒

李儒と董卓

 

董卓がいかに政権をまとめていくのかについてのブレイン(頭脳)、それが李儒の役目です。

三国志演義のような董卓と李儒の関係であれば実に息がピッタリのコンビともいえます。

袁紹(えんしょう)曹操(そうそう)孫堅(そんけん)ら諸侯を

出し抜く作戦を見事に成功させていきます。

 

 

まずは上洛の策略

董卓

 

董卓が涼州から上洛したときに、

密かに都内部の人間たちとコンタクトをとっていたのが李儒だったことでしょう。

おそらくその役を担えたのは李儒だけだったはずです。

 

小帝

 

誰に渡りをつけておけば少帝の身柄を確保できるのか、

その際に逆らうのは誰か。事前にかなりの分析があったのではないでしょうか。

軍事面だけ突出している董卓を踏み台に使ってさらに出世を夢見ていた官吏多かったことでしょうが、

ところがどっこい、腐敗政治にどっぷりと

浸かっていた人物は董卓の命令でことごとく誅殺されています。

 

小帝と董卓

 

巨大な権力を握っていた十常侍も傍若無人の董卓の前に壊滅していきます。

これで新皇帝の献帝は外戚の干渉をうけることなく、

腐敗政治の温床ともいうべき宦官からも遠ざけられ、

清風一陣の朝廷に座して新しい漢皇室を目指すことになります。

 

関連記事:実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる

関連記事:ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説

 

名士を集める

竹林の七賢

 

司隷に住んでいた李儒は、「名士のつながり」やその言葉の重みから、

名士は組織作りに欠かせない人物だと把握していたことでしょう。

董卓は清流派の官吏を牢屋から解き放ちました。

そして新しい息吹をもった若いパワーが復興に必要だと、

多くの才能豊かな若者を重役に据えていきます。

新政権をまとめあげるうえで一番必要だったものは

暴力でも兵力でも権威でもなく人の繋がりだったのです。

董卓も李儒もそんなに器用にひととの結びつきを作れたわけではありません。

失敗も苦労もしたことだと思います。誤解もされたでしょう。

しかし蔡邕のように心から心腹した官吏もいたのです。

 

関連記事:董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

関連記事:竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく解説

 

董卓への反乱

孫堅と董卓

 

しかし董卓への風当たりは非常に強いものがありました。

田舎者の董卓の独断政治に徹底的に抵抗しようと叫び合った組織も多かったのではないでしょうか。

まさに現在のアメリカ合衆国の大統領選のような様相です。

遠く東の地でその声は大きくなり、やがて反乱という形になるのです

 

関連記事:偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

関連記事:あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由

 

董卓の懐刀、李儒

李儒

 

政権を担うことになると膨大な仕事が待っています。

公共事業や異民族などの軍事面の対応、人事面の対応。

外交面の対応。そのような細かい作業の計画を建て指示したのが李儒だったのではないでしょうか。

秘書長官と呼ぶのがぴったりです。

東で大きな反乱が起きても充分にあしらうことができました。

多方面で準備を整えていたのが勝因だと思われます。

外交交渉も重ねていくつも行っていたことでしょう。

敵方を離反させる餌も撒いていたと思われます。

こうして考えると李儒はかなりやり手の軍師であり、政治家だったといえると思います。

 

関連記事:賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

李儒は董卓が暗殺された後に磔にされたという説と、

その後も董卓の残党のなかで生き抜いたという説のふたつがあります。

どちらにせよ、このタイミングで李儒は表の世界から完全に消えていくのです。

三国志のなかで、最初に有能な軍師の価値というものを

見い出すことができたのが李儒ではないでしょうか。

三国志のゲームでももう少し目立出せてあげたい存在ですね。

それだけの政治力は有していたと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1

関連記事:蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 赤兎馬 赤兎馬はどうして名馬?呂布の相棒の嘘のようなホントの話
  2. 張飛にボコボコにされる魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん) 魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)はどんな人?呂布を裏切った八健将…
  3. 漢呂布の怒りを買う侯成(こうせい) 侯成(こうせい)とはどんな人?禁酒中でイライラしている呂布に斬首…
  4. 張魯 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操…
  5. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法
  6. 関羽 3つの条件 40話:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件
  7. 曹操を逃す関羽 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  8. 孫権 劉備 対立 81話:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志 歴史
  2. 黒田官兵衛
  3. 織田信長
  4. 豊臣秀吉 戦国時代
  5. 于吉
  6. 諸葛瑾
  7. 連幹の計 呂布 貂蝉
  8. 関羽
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

華陀と麻沸散 三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた! 【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備 フビライ・ハーン モンゴル帝国 フビライ・ハンとは何者?モンゴル帝国のラスボスに迫る! 章邯(しょうかん) 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん) 孔明 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した? 劉備の黒歴史 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密! 超爽快シミュレーションRPG「三国志CROSS」の後半イベント『帝ちんの宝貝ザクザク祭』がスタート 李儒と董卓 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP