広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説

この記事の所要時間: 256




ゆるい許褚

字(あざな)について、もう少し詳しく、〇三五三です。

三国志に初めて触れたアナタ、不思議に思いませんでしたか?

 

劉備(りゅうび)とか関羽(かんう)とか張飛(ちょうひ)とか、三国志の英雄たちのことを、

現代の人たちは普通「姓+名前」で呼ぶのに、

孔明だけ、諸葛孔明と「姓+字」で呼ぶ人が多いことが。

 

諸葛亮(しょかつりょう)と呼ぶ人もいることにはいますが、基本的に「孔明(こうめい)」と

呼ばれています。

 

なぜでしょうか。二文字で呼びやすいからでしょうか。

確かに司馬懿のことも「仲達」と呼ぶ人は多いですが、それは

「死せる孔明、生ける仲達を走らす」ということわざが

有名だからのような気がします。




孔明は偉大な人だから、字で呼ぼう

諸葛孔明019

 

三国志演義』の主人公は、劉備といって間違いありませんが、

劉備は物語の途中で亡くなってしまいます。

そして『三国志演義』は、主人公の死後もまだまだ話は続いていきます。

 

劉備死後の後半は、劉備の遺志を継いだ孔明が、魏軍に戦いを挑んでいく

物語となっています。

 

つまり、孔明は後半の主人公ということになります。

 

この孔明という人。

たいへん頭脳明晰で、かつては「伏龍」の異名を持ち、おまけに容姿端麗、

その上に忠義心が厚く、蜀のために尽力した偉人です。

 

豪傑たちに慕われはしたものの、本人自体はそれほどすごいことがなく、

人柄のよさだけはバツグンという、前半の主人公、劉備に比べて、孔明は

非の打ち所のない完璧なタイプです。

 

『三国志演義』生みの国である中国でも、孔明は絶大な人気があるそうです。

(逆に劉備はあまり人気がないとか……)

 

そこで、思い出してみてください。

字とは、成人男性が「こういうふうに呼んでください」とつけた名前。

諱(本名)は、「ごくごく近しい目上の人のみが呼ぶことを許される」名前。

 

孔明様のことを、「亮」だなんて恐れ多くて呼べない!

 

そんなふうに考えられ、諸葛孔明と呼ばれるようになったわけです。




字には意外と性格が表れている?

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

繰り返しますが、字というのは、成人男性が、あとからつけた名前です。

「こういうふうに呼んでもらいたいなあ」

という願望がギッシリ詰まっています。

 

そこで、試しに、有名な武将たちの字を挙げてみようと思います。

漢字を見てみると、そのキャラクターの性格が表れているような気が

してくるので不思議です。

 

 

流行ものが好き?

三国志 歴史

劉備「玄徳」

張飛「翼徳」

曹操「孟徳」

程昱(ていいく)「仲徳」

司馬徽(しばき)「徳操」

闞沢(かんたく)「徳潤」

 

みんな「徳」の字をつけすぎですよ!

流行の名前というのは、現代に限らず、昔からあったようです。

 

 

「伯仲叔季」は兄弟の順番

遅れて来た孫権 英雄

孫策「伯符」

孫権「仲謀」

孫翊(そんよく)「叔弼」

 

「俺のことはアニキと呼べ」

「じゃ、俺、弟な」

 

という孫家兄弟の会話が聞こえてきそうな名前です。

「伯」は一番の意味、「仲」は二番の意味、「叔」は三番の意味です。

ちなみに、「季」は最後という意味です。

前漢の初代皇帝、劉邦は末っ子だったので字が「季」でした。

 

司馬懿「仲達」も次男です。

董卓「仲頴」も次男ですね。みなさんわかりやすいです。

 

 

強そうな人たち

呂布VS劉備三兄弟

呂布「奉先」

趙雲「子龍」

甘寧「興覇」

馬超「孟起」

 

 

控えめそうな人たち

賈詡

周瑜「公瑾」

魯粛「子敬」

諸葛誕「公休」

周泰「幼平」

字から人となりを想像してみても楽しいかもしれません。

 

関連記事:諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの?




こちらの記事もよく読まれています

孔明過労死

 

よく読まれてる記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

司馬懿 はじめての三国志

 

よく読まれてる記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

最弱武将

 

よく読まれてる記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん)
  2. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは…
  3. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  4. とっても皇帝になりたかった袁術
  5. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持…
  6. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんな…
  7. 諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏…
  8. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?
  2. 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる
  3. 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕えていた男の人生
  4. 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』
  5. はじめての三国志 好きな武将アンケート
  6. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後半】 キングダム ネタバレ予想534話 日没まで 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの? 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れることになった戦い 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名士達 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢を見る目と優秀な智謀を持った肥前の名将

おすすめ記事

  1. 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能!
  2. 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた
  3. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る
  4. 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる
  5. 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの?
  6. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  7. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  8. 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP