曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説

この記事の所要時間: 256




ゆるい許褚

字(あざな)について、もう少し詳しく、〇三五三です。

三国志に初めて触れたアナタ、不思議に思いませんでしたか?

 

劉備(りゅうび)とか関羽(かんう)とか張飛(ちょうひ)とか、三国志の英雄たちのことを、

現代の人たちは普通「姓+名前」で呼ぶのに、

孔明だけ、諸葛孔明と「姓+字」で呼ぶ人が多いことが。

 

諸葛亮(しょかつりょう)と呼ぶ人もいることにはいますが、基本的に「孔明(こうめい)」と

呼ばれています。

 

なぜでしょうか。二文字で呼びやすいからでしょうか。

確かに司馬懿のことも「仲達」と呼ぶ人は多いですが、それは

「死せる孔明、生ける仲達を走らす」ということわざが

有名だからのような気がします。




孔明は偉大な人だから、字で呼ぼう

諸葛孔明019

 

三国志演義』の主人公は、劉備といって間違いありませんが、

劉備は物語の途中で亡くなってしまいます。

そして『三国志演義』は、主人公の死後もまだまだ話は続いていきます。

 

劉備死後の後半は、劉備の遺志を継いだ孔明が、魏軍に戦いを挑んでいく

物語となっています。

 

つまり、孔明は後半の主人公ということになります。

 

この孔明という人。

たいへん頭脳明晰で、かつては「伏龍」の異名を持ち、おまけに容姿端麗、

その上に忠義心が厚く、蜀のために尽力した偉人です。

 

豪傑たちに慕われはしたものの、本人自体はそれほどすごいことがなく、

人柄のよさだけはバツグンという、前半の主人公、劉備に比べて、孔明は

非の打ち所のない完璧なタイプです。

 

『三国志演義』生みの国である中国でも、孔明は絶大な人気があるそうです。

(逆に劉備はあまり人気がないとか……)

 

そこで、思い出してみてください。

字とは、成人男性が「こういうふうに呼んでください」とつけた名前。

諱(本名)は、「ごくごく近しい目上の人のみが呼ぶことを許される」名前。

 

孔明様のことを、「亮」だなんて恐れ多くて呼べない!

 

そんなふうに考えられ、諸葛孔明と呼ばれるようになったわけです。




字には意外と性格が表れている?

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

繰り返しますが、字というのは、成人男性が、あとからつけた名前です。

「こういうふうに呼んでもらいたいなあ」

という願望がギッシリ詰まっています。

 

そこで、試しに、有名な武将たちの字を挙げてみようと思います。

漢字を見てみると、そのキャラクターの性格が表れているような気が

してくるので不思議です。

 

 

流行ものが好き?

三国志 歴史

劉備「玄徳」

張飛「翼徳」

曹操「孟徳」

程昱(ていいく)「仲徳」

司馬徽(しばき)「徳操」

闞沢(かんたく)「徳潤」

 

みんな「徳」の字をつけすぎですよ!

流行の名前というのは、現代に限らず、昔からあったようです。

 

 

「伯仲叔季」は兄弟の順番

遅れて来た孫権 英雄

孫策「伯符」

孫権「仲謀」

孫翊(そんよく)「叔弼」

 

「俺のことはアニキと呼べ」

「じゃ、俺、弟な」

 

という孫家兄弟の会話が聞こえてきそうな名前です。

「伯」は一番の意味、「仲」は二番の意味、「叔」は三番の意味です。

ちなみに、「季」は最後という意味です。

前漢の初代皇帝、劉邦は末っ子だったので字が「季」でした。

 

司馬懿「仲達」も次男です。

董卓「仲頴」も次男ですね。みなさんわかりやすいです。

 

 

強そうな人たち

呂布VS劉備三兄弟

呂布「奉先」

趙雲「子龍」

甘寧「興覇」

馬超「孟起」

 

 

控えめそうな人たち

賈詡

周瑜「公瑾」

魯粛「子敬」

諸葛誕「公休」

周泰「幼平」

字から人となりを想像してみても楽しいかもしれません。

 

関連記事:諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの?




こちらの記事もよく読まれています

孔明過労死

 

よく読まれてる記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

司馬懿 はじめての三国志

 

よく読まれてる記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

最弱武将

 

よく読まれてる記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた
  2. 呂布、ナイスシュート!
  3. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  4. 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまる…
  5. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ
  6. 「濮陽の戦い」と「定陶の戦い」における曹操の復讐行為まとめ
  7. 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情
  8. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 黄皓(こうこう)は本当に悪い宦官だったの?実はあのキャラのモデルだった【HMR】
  2. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  3. 【三国志と節税】ふるさと納税で得しよう
  4. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  5. 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる
  6. 復讐に燃える曹操は三国鼎立を早める

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る! ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた! 『まだ漢王朝で消耗してるの?』の電子書籍出版のお知らせ 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1 【キングダム】呂不韋の子孫は前漢の皇后と三国志のあの人だった! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4】 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】
  2. 三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15】
  4. 【衝撃の事実】劉備と同郷の簡雍(かんよう)がいなければ三国志がなかったかも!?
  5. 【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの?
  6. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇
  7. 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話
  8. 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってどんな計略?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP