145話:合肥新城の敗北と諸葛恪の没落のはじまり【全訳三国志演義】




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

呉の大黒柱孫権(そんけん)の死の混乱を狙い、呉の戦略上の要衝、東興(とうこう)の堤防の左右にある城を攻撃した司馬昭を総大将とする30万の魏軍。しかし、左右の城の守備は固くさらに魏の将軍、胡遵(こじゅん)の油断で僅か3000の丁奉軍の奇襲を許し28万の魏軍は総崩れになり大敗牧を(きっ)しました。

 

ところが、この大勝利に気を良くした諸葛恪(しょかつかく)は、逆に魏の領地に攻め込もうと難攻不落の合肥新城に攻撃を仕掛けて大敗してしまうのです。




諸葛恪が魏の攻略を宣言

諸葛恪

 

諸葛恪は兵を率いて東興まで進撃し全軍を集めて苦労をねぎらいました。そして、主だった将軍達を集めて、こう切り出します。

 

「司馬昭めは負けて北へ帰って行く、災い転じてとは、まさにこの事じゃ魏の戦力が回復しない間に魏の領地に攻め込み我が国の版図を拡大するぞ」

すぐに戦争したがる姜維

 

諸葛恪は急いで蜀に使者を派遣して、姜維に共同作戦を申し入れ「出兵して敵の北を攻めてくれ、うまく行けば天下を分け取りしよう」と告げると、20万の大軍を繰り出して合肥新城に向けて出陣します。

 

関連記事:ダメ親父文欽が司馬師に勝てるチャンスを逃していた?

関連記事:司馬師の性格ってめちゃくちゃマジメ?姜維との一騎打ちすら断らない健気さを見よ!




不吉な白霧が呉軍の行く手を阻む

劉虞

 

ところが、諸葛恪が軍を進めると、突如として地面から白い霧が立ち上り、たちまち呉の将兵は隣の兵士の顔も見えない濃霧に包まれました。

 

ここで、蔣延(しょうてい)という家臣が「これは白虹という現象で兵を失う兆しで御座います。魏は破れず遠征は必ず失敗しますから、大人しく建業に引き上げるべきです」と諸葛恪に進言しました。

 

すると、最初からケチをつけられた諸葛恪は猛然と怒り出し「なにゆえに、これからと言う時に不吉の事を申し鋭気を挫くのか!この者を打ち首にせよ」と命じます。

 

諸葛恪

 

周囲が「これから戦という時に味方を斬るのは不吉でございます」と助命嘆願(じょめいたんがん)したので、諸葛恪は打ち首は思い留まりますが、蔣延は平民に落されて軍を追放されました。

 

諸葛恪の栄光と破滅04 諸葛恪

 

諸葛恪が構わずに兵士を急き立てて進むと、冠軍将軍丁奉が

 

丁奉(ていほう)

 

「魏の国の要害は合肥新城(がっぴしんじょう)でござる。ここを落せれば司馬師も肝をつぶす事でしょう」と進言し、諸葛恪も「よいぞ、よいぞ」と賛成して合肥新城を包囲する事にします。

 

kawausoさん

 

いいんですかね?20万の軍の総大将がこんな近場でピクニックするみたいな軽い決断で…

 

関連記事:丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣

関連記事:徐盛と丁奉は自らの才覚で成り上がった将軍だった?その共通点は?

 

【孔明没後も続く!はじ三三国志演義全史】
全訳三国志演義

 

丁奉の提案を丸飲みし合肥新城を包囲

三国志 剣閣のお城

 

呉の大軍が合肥新城を包囲した時、城の総大将は張特(ちょうとく)という人物でした。張特はただちに城門を閉じて、呉の挑発に応じずに徹底した籠城戦に入ります。

 

同時に新城からは早馬が洛陽に派遣されました。

 

司馬師の主簿、虞松(ぐしょう)

 

諸葛恪の栄光と破滅03 諸葛恪

 

「諸葛恪は合肥新城を包囲しましたが、彼とは事を構える必要はありません。呉は大軍を率いてきたわりに兵糧が少なく、持久していればおのずと兵糧がなくなり退却します。その退却の時を狙って攻撃すれば大勝利できましょう。さりながら呼応して来たから攻め込んでくる蜀軍は厄介。そこは備えねばなりませぬ」

 

このように進言し、司馬師も「いかにも」と頷きました。

 

魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

 

そして、司馬昭に郭淮(かくわい)の援護を命じて姜維に備えさせ、毌丘倹(かんきゅうけん)胡遵(こじゅん)には兵を率いて合肥新城の救援に向かわせたのです。

 

関連記事:劉曄とはどんな人?人物観察が百発百中、予言者のような軍師の生涯

関連記事:司馬師ってめちゃくちゃ天才だったのでは?三国時代を終わらせた司馬師の「地味な天才っぷり」をまとめてみた

 

諸葛恪、百日ルールに欺かれる

炎上する城b(モブ)

 

呉軍が合肥新城を包囲して3ヶ月が経過しましたが、城はびくともしません。兵糧がとぼしくなってきた諸葛恪は焦り、将軍達を招集して「力の限り城を攻めよ、怠る者は首を打つ」と厳命します。必死になった呉軍は、ようやく城の東方の隅をまもなく取れる所まで来ました。

 

ここで張特は一計を案じ、ひとりの口が達者な男を選んで、自分の偽物とし城内の戸籍や帳簿を持って呉の陣内に赴かせます。

 

「合肥新城の総大将、張特にござる。総大将閣下にお会いしたい」

 

孔明のテントがある野外のシーン

 

諸葛恪は城内から張特が戸籍と帳簿を持ってやってきたと聞き、面会すると張特に成りすました偽物は言いました。

 

「魏国の掟では、城主は敵に攻められても百日持ちこたえて降伏すれば無罪というモノがあります。すでに閣下が新城を攻めて90日余り、あと10日も経過しないで私は降伏しても罪を免れる事が出来ます」

 

諸葛恪「それで、貴君はわしにどうせよと言うのか?」

 

軍もしっかりと把握できていない諸葛恪

 

「されば、閣下におかれましては、後数日、包囲を解いて城外で待機して頂きたい。籠城から、ちょうど百日目に私は全将兵を率いて貴公に降伏いたします。これならば不毛な損害を防ぐ事が出来、お互いに悪い話ではないと思いますが?」

 

「ふうむ…考えておこう」

 

等といいながら、諸葛恪は内心有頂天で男の話を信じ込んでしまい、呉軍に対して数日間、攻撃の停止を命じて軍を引き揚げさせました。

 

関連記事:【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪!

関連記事:諸葛恪は父諸葛瑾に期待されていなかった?

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>
  • コメント: 0

関連記事

  1. 張遼 カカロットーーーー!

    全訳三国志演義

    100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

    劉備(りゅうび)の提案に乗った孫権(そんけん)は、10…

  2. 張任

    はじめての蜀

    93話:名将 張任、遂に堕ちる

    張任(ちょうじん)の立て籠る雒城は名城であ…

  3. 始皇帝 はじめての三国志
  4. 関羽 男だち
  5. 船酔いする曹操

    デザイン担当:よりぶりん

    75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化

    孫権(そんけん)が降伏を拒否したと知った曹…

  6. 孟達を討伐する司馬懿

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP