公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

白馬義従の公孫サン

 

白馬将軍、公孫瓚(こうそんさん)。このあだ名の響き……素敵すぎて、ご飯が三杯くらい進みますね!白馬に乗るのはイケメンに限る!きっと、どこかにそういう法則はあるはずです。……ただし、三国志の場合は白馬<赤兎馬ですが。


雨を降らせる……?

劉ぐ

 

さて、公孫瓚といえば、気になることがあります。公孫瓚は、ライバルである幽州牧の劉虞(りゅうぐ)を捕らえると、市中引き回しの上、

「おまえは皇帝になれるんだろう?それなら、雨くらい降らせてみろよ」と、無茶なことを言いつけます。

 

公孫瓚と劉虞

 

結局、真夏に雨は降らず、それを理由に斬り殺してしまうのです。

 

劉邦

 

そんなの、ありなのでしょうか。古代の三皇五帝時代ならともかく、漢王朝は、劉邦というヒトが建てた王朝なので、皇帝はヒトです。どうして雨を降らせなくてはならないのでしょう?

 

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?


瑞兆があちらこちらに現れるのは人為的?

鳳凰

 

中国史を見ていて興味深いと思うのは、「瑞兆」と呼ばれる不思議な現象が、歴史書に堂々と記載されていることです。

 

皇帝になることを決意する孫権

 

たとえば、ドコドコに麒麟が現れた!とか、甘露の雨が降った!とかふたつの太陽を見た!とか。いやそれ、デマですよね……?歴史書に書くことではないのでは?と思わず言いたくなる怪奇現象が、普通に記されています。

 

荒れる黄河

 

黄河が氾濫したとか、ほうき星が現れたとか、地震があったとかそういう自然現象と同系列なのです。そして、その現象は、なにかの前触れであり、特に政治的に大きな変革があるときに使われるのです。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

さて、そんなわけで、公孫瓚に話を戻します。公孫瓚は、劉虞に「雨を降らせてみろ」と言いました。

 

漢李カク・郭祭り78 献帝

 

この背景には、董卓(とうたく)がバックについている献帝を廃して、劉虞を皇帝に立てようという動きがあり、そういう人たちが、

 

袁術

 

「星の動きがおかしい」「劉虞が皇帝になると書かれた玉璽を見つけた」「ふたつの太陽を見た」など、瑞兆が現れたと言い出したのです。ものすごく……人為的なにおいがします。

 

民衆に慕われる劉虞

 

しかし、こういう瑞兆を、信じてしまうのが民衆なのです。特に劉虞は民からの人望が高い人でした。そこで公孫瓚は「みんな見てみろよ。あいつ、ただの人間だぜ」と、瑞兆を跳ね返すことで、民に知らしめたかったのです。

 

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2

 

【劉備の兄貴分の真実の姿を大紹介】
公孫瓚特集

 

関連記事

  1. キラー陳泰
  2. 逃げる夏侯覇
  3. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  4. 劉備
  5. 黄蓋、赤壁の戦いでうっかり河ポチャ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP