はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

孔明もコペルニクスに似ていた




孔明 コペルニクス

 

三国志演義』に登場する諸葛孔明は地理天文に通じ、

星々の動きを見るだけで人間の運命や寿命まで読み当てたと描写されています。

 

星を見れば人の寿命がわかるなんてありえない。

現代に生きる私たちは通常、常識的にそのように考えます。

 

孔明は星占いなんてものに頼るような、あやふやな人間だったのだろうか?

そんな疑問を抱いた人も、あるいはいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、三国志の時代、天文は非常に重要な学問だったのです。

それには占いというオカルト以上に、重要で切実な理由があったのです。




4000年以上前にはすでに存在していた中国の占星術

photo credit: eclipse luna via photopin (license)

photo credit: eclipse luna via photopin (license)

 

中国においては、占星術は三国志の時代から遥かに昔、紀元前2000年頃にはすでに誕生していたと考えられています。

 

実在が確認されている中国最古の王朝である殷(いん)よりも前の時代に、夏(か)という王朝があったと伝えられています。

この夏王朝に義氏(ぎし)と和氏(わし)と呼ばれる二人の人物がいました。

 

中国の神話には羲和(ぎか)という太陽を司った女神が登場しますが、

この女神の名前からそれぞれ「義」と「和」を取って名づけられた氏族の名であったという説があります。

 

その名が指し示す通り、義氏と和氏は天文官として夏王朝に仕え、暦を定めたとされます。

 

あるとき皆既日食が発生しました。

現代のような天文学が発達するはるか以前の時代、

日食という現象は非常に不吉なものとして恐れられていました。

 

しかし、肝心の義氏と和氏はこの現象が起こることを予め帝に伝えることはできませんでした。

帝は大いに怒り、二人を処刑してしまったと言われています。

 

春秋戦国時代の中頃まで、王が戦を起こそうとする際には天文官が星占いを行い、

その吉凶の判断に従って、戦争をするかしないかを決定していたと言われています。

 

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

関連記事:殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた『封神演義』

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる




風が吹かせた孔明、雨を予知することはできなかった?

孔明 東南の風

 

三国志演義における諸葛孔明は、地理天文に通じ、あたかも預言者のように物事の未来をも見通す神算鬼謀の持ち主として描かれています。

 

赤壁の戦いにおいて、曹操率いる艦隊を焼き討ちするために、孔明は天に祈念し、東南の風を吹かせたエピソードはあまりに有名です。

 

また、その赤壁の戦いの後、かつて世話になった義理から曹操(そうそう)を見逃してしまった関羽を咎める劉備に対し、

孔明が「私が天文を見る限り、曹操の命運はいまだ尽きてはおりません。関将軍の判断は間違ってはおりません」と言って諌めた話も知られています。

 

孔明 コペルニクス

 

天文の知識を用いて風を起こし、一方では敵将の命運すらも読み解いてしまう。

まさに神算鬼謀の主とはこのことではないでしょうか?

 

ところが、そんな天文の知識に長けていたはずの孔明が、

雨が降ることを予知できずに戦に勝てなかった、というエピソードも「演義」には存在します。

 

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

関連記事:実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

 

北伐で孔明は司馬懿と対峙する

司馬懿

 

劉備亡き後、魏を討つための北伐の兵を起こした孔明は、魏の指揮官、司馬懿と対峙します。

 

孔明は一計を案じ、司馬懿を地雷(現代でいう爆弾のようなもの)で爆殺しようとしますが、

折しも降りだした雨によってその火種が消えてしまい、みすみす司馬懿を取り逃がしてしまいます。

 

作戦に失敗したことを知った孔明は天を仰いで、

 

『ああ……天候ばかりは、この私でもどうすることもできない……』

 

と慨嘆しました。

 

風を起こす知識を持っているはずの孔明が、雨を予知できなかった……

ちょっと矛盾のある話ですよね?

 

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

関連記事:中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?

 

天文学は、古代文明でも発達していた

 

果たして、孔明は本当に天文学を学んでいたのでしょうか?

 

天文学は古代中国のみならず、多くの古代文明で発達していたことが知られています。

バビロニアやギリシヤ、マヤなど、数多の文明が天文学を研究し、

天文の運行についてかなり正確な知識を持っていたことは良く知られています。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6
  3. 【保存版】これだけ見れば万事OK!アニメ版「三国志」7選
  4. 曹仁 曹仁が最強の将軍たる所以とは?チート級の武勇を紹介
  5. 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯
  6. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 泣いていると鬼ではなく、張遼がやってくる!?
  7. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選
  8. 五虎大将軍の馬超 馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 華雄と呂布
  2. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
  3. 曹操を逃す関羽
  4. 典韋にボコボコにされる成廉
  5. 年越しそばを食べる馬謖
  6. 劉備 婿
  7. 徳川家康をボコボコにする武田信玄

おすすめ記事

  1. 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せください!風占いの達人
  2. 【悲報】ついに夏侯惇が最弱劉備に負けてしまう!! 夏侯惇
  3. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信
  4. 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?
  5. 完全無欠の敵役!?曹操の弱点とは?
  6. 8話:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは? 張角は歴史の表舞台に登場

三國志雑学

  1. 張遼・楽進・李典
  2. 大声を出す張飛
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉邦
  2. 弓矢を構える李広
  3. 許攸 兵糧のありか教えますひひひ
  4. 「斉」の旗を持った兵士

おすすめ記事

顔良と文醜 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの? 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その5「別離の日」 【第2回 幻想少女】我が陣営のエース・関羽雲長を紹介します! 董太后、王族ボンビーから一転セレブ 献帝の祖母の波瀾人生 はじめての三国志からのお知らせ バナー 【告知】はじめての三国志コミュニティ10月1日よりリリース開始 三国志演義が詳細に描く諸葛孔明の病状とはどんなモノ? 徐盛(じょせい)呉の将軍 徐盛(じょせい)ってどんな人?人生を戦いの中で過ごした呉の将軍 曹操を逃す関羽 【三国志平話】関羽が昔の恩義で曹操を見逃す名シーンがない!?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP