広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

この記事の所要時間: 452




孔明 コペルニクス

 

三国志演義』に登場する諸葛孔明は地理天文に通じ、

星々の動きを見るだけで人間の運命や寿命まで読み当てたと描写されています。

 

星を見れば人の寿命がわかるなんてありえない。

現代に生きる私たちは通常、常識的にそのように考えます。

 

孔明は星占いなんてものに頼るような、あやふやな人間だったのだろうか?

そんな疑問を抱いた人も、あるいはいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、三国志の時代、天文は非常に重要な学問だったのです。

それには占いというオカルト以上に、重要で切実な理由があったのです。




4000年以上前にはすでに存在していた中国の占星術

photo credit: eclipse luna via photopin (license)

photo credit: eclipse luna via photopin (license)

 

中国においては、占星術は三国志の時代から遥かに昔、紀元前2000年頃にはすでに誕生していたと考えられています。

 

実在が確認されている中国最古の王朝である殷(いん)よりも前の時代に、夏(か)という王朝があったと伝えられています。

この夏王朝に義氏(ぎし)と和氏(わし)と呼ばれる二人の人物がいました。

 

中国の神話には羲和(ぎか)という太陽を司った女神が登場しますが、

この女神の名前からそれぞれ「義」と「和」を取って名づけられた氏族の名であったという説があります。

 

その名が指し示す通り、義氏と和氏は天文官として夏王朝に仕え、暦を定めたとされます。

 

あるとき皆既日食が発生しました。

現代のような天文学が発達するはるか以前の時代、

日食という現象は非常に不吉なものとして恐れられていました。

 

しかし、肝心の義氏と和氏はこの現象が起こることを予め帝に伝えることはできませんでした。

帝は大いに怒り、二人を処刑してしまったと言われています。

 

春秋戦国時代の中頃まで、王が戦を起こそうとする際には天文官が星占いを行い、

その吉凶の判断に従って、戦争をするかしないかを決定していたと言われています。

 

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

関連記事:殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた『封神演義』

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる




風が吹かせた孔明、雨を予知することはできなかった?

孔明 東南の風

 

三国志演義における諸葛孔明は、地理天文に通じ、あたかも預言者のように物事の未来をも見通す神算鬼謀の持ち主として描かれています。

 

赤壁の戦いにおいて、曹操率いる艦隊を焼き討ちするために、孔明は天に祈念し、東南の風を吹かせたエピソードはあまりに有名です。

 

また、その赤壁の戦いの後、かつて世話になった義理から曹操(そうそう)を見逃してしまった関羽を咎める劉備に対し、

孔明が「私が天文を見る限り、曹操の命運はいまだ尽きてはおりません。関将軍の判断は間違ってはおりません」と言って諌めた話も知られています。

 

孔明 コペルニクス

 

天文の知識を用いて風を起こし、一方では敵将の命運すらも読み解いてしまう。

まさに神算鬼謀の主とはこのことではないでしょうか?

 

ところが、そんな天文の知識に長けていたはずの孔明が、

雨が降ることを予知できずに戦に勝てなかった、というエピソードも「演義」には存在します。

 

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

関連記事:実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

 

北伐で孔明は司馬懿と対峙する

司馬懿

 

劉備亡き後、魏を討つための北伐の兵を起こした孔明は、魏の指揮官、司馬懿と対峙します。

 

孔明は一計を案じ、司馬懿を地雷(現代でいう爆弾のようなもの)で爆殺しようとしますが、

折しも降りだした雨によってその火種が消えてしまい、みすみす司馬懿を取り逃がしてしまいます。

 

作戦に失敗したことを知った孔明は天を仰いで、

 

『ああ……天候ばかりは、この私でもどうすることもできない……』

 

と慨嘆しました。

 

風を起こす知識を持っているはずの孔明が、雨を予知できなかった……

ちょっと矛盾のある話ですよね?

 

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

関連記事:中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?

 

天文学は、古代文明でも発達していた

 

果たして、孔明は本当に天文学を学んでいたのでしょうか?

 

天文学は古代中国のみならず、多くの古代文明で発達していたことが知られています。

バビロニアやギリシヤ、マヤなど、数多の文明が天文学を研究し、

天文の運行についてかなり正確な知識を持っていたことは良く知られています。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11…
  2. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選…
  3. 羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将
  4. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加してい…
  5. 三国志時代の大晦日が楽しそう!プレゼント交換、友達と夕食や夜更か…
  6. 曹操の偏頭痛は歯ぎしりが原因だった?歯ぎしりが引き起こす英雄の悲…
  7. 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?
  8. 荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官
  2. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  3. 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何?
  4. 衝撃の事実!卑弥呼はアイドル活動をしていた?通説・卑弥呼伝
  5. 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る
  6. 【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父の跡を継ぐことになった

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい) 司馬懿は何で諸葛亮宛に黄権を好評した手紙を送ったの? 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国志もよく分かる! 85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利 蒼天航路が1〜3巻まで無料【お知らせ】 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサシン 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相

おすすめ記事

  1. 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師
  2. 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!
  3. 【軍師連盟】司馬懿は遼東遠征の時なんで大虐殺をしたの?
  4. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活
  5. 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最期
  6. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  7. 毛玠(もうかい)とはどんな人?魏の人事担当者として辣腕を振るった政治家
  8. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP