よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

赤壁の戦い

 

建安13(西暦208)年冬、有名な赤壁の戦いは行われました。

この時、諸葛孔明が東南の風を祈祷によって起し、

孫呉軍の火攻め作戦を成功に導くエピソードは、赤壁のクライマックスとして大変よく知られています。

 

 

実際は東南の風は吹いてない件について

孔明南東の風

 

ところが、実際正史である『三国志』を見ても、そんな話はどこにも載っていません。

それもそのはず、これは後世の創作だからです。

 

仮にもし諸葛孔明にそんなマジックパワーがあったなら、とっくに彼によって天下は統一されていたことでしょう。

では赤壁で吹いた「東南の風」も、全くのデタラメなのでしょうか。

 

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

 

呉書周瑜伝を調べてみると実際には吹いていた?

孔明 東南の風

 

三国志』呉書周瑜伝には、周瑜の部下の黄蓋が火攻めを提案し、いざ攻撃を仕掛けたところ、

折りよく吹いた強風に煽られ、大火が曹操軍の船団から対岸の軍営地までも焼いたことが記されています。

 

この時の両軍の位置関係を考えてみると、曹操軍は軍需補給点である烏林を背にして周瑜軍と対峙していたはずですから長江の西北岸に、

周瑜軍は対面の東南岸に陣取っていたと推測されます。

 

そして炎は岸にあった曹操軍の軍営地に及んだというので、西北向きの風に煽られたことになります。

このことから、赤壁の戦いの最中、しかも黄蓋が曹軍に奇襲を仕掛けたタイミングで、強い南東風が吹いたのは間違いないようです。

 

舞台となった現在の湖北省は亜熱帯モンスーン気候に分類されます。

この気候における風向きは、夏は南東風、冬は北西風が基本です。

 

関連記事:老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

関連記事:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く

 

何で諸葛孔明は南東風が吹くのを知っていたの?

諸葛孔明

 

真冬に南東風が吹くのは通常考えにくいのですが、

これについては諸説あり、諸葛孔明は

 

①天文暦学に精通していたので、星の動きやカレンダーから風向きを観測できた。

②易(占い)に精通していたので、10月の小春日和に南東風が吹くことを知っていた。

③地元の漁師に、ドジョウが引っくり返ってお腹を見せたら南東風が吹くと教えてもらった(赤壁地元の民間伝承)

 

などと言われています。

 

関連記事:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れたの?

 

赤壁の戦いは何月にあったの?

 

なお赤壁の戦いが『三国志演義』で10月とされているのは主に

②のような理由からと思われますが、『三国志』に日時は書かれておりません。

 

一般的には前後の記述から、旧暦12月頃だったと考えられています。

 

現代の中国気象学者の間でも支持されている説

劉琦 ゆるキャラ 三国志

 

一方、映画『レッドクリフ』では、「暖冬の年、長江の地形では、陸湖風が吹く」とより科学的な説明がされ、

これは現代の中国気象学者の間でも支持されているようです。

 

「陸湖風」とは「海陸風」や「山谷風」のことです。

ざっくり言うと、海や湖、川といった水辺であったり、山谷のように地形に高低差があると、

気温と気圧の関係で、風向きが変化する現象が起きるのです。

 

長江の場合は「川陸風」ですが、高い山に囲まれた地形では、山谷風が加わって、強い川風と陸風が吹きます。

赤壁の厳密な地点は不明とされますが、「壁」というほどなので崖がそびえていたのでしょうし、

現在のその周辺地域を見ても高い崖に挟まれています。

 

しかし川風は、夜間は上流から下流(海)に向かって吹くものなので、

黄蓋が奇襲した夜間において南東風が吹いたのだとすると、辻褄が合いません。

また「暖冬の年」といっても、この時代は寒冷期であったそうなので、条件に当てはまるのか定かでありません。

 

中国気象庁の公式発表(!)では、前線低気圧か移動性高気圧ではないかとのことですが、可能性は微妙なところです。

いずれにせよ何らかの条件が重なった結果、確かに東南の風は起きたのです。

 

確かに東南の風は起き三国志は、より面白くなった

諸葛孔明019

 

後世の考証家・裴松之は、風が吹いたのは偶然であって人の力が及んだものではないとコメントしています(『三国志』周瑜伝注)。

ですが、天下分け目の戦いで「吹くはずのない風」が吹いた奇跡は、じつにドラマチックで神秘的です。

 

日本でいえば、蒙古襲来での神風や、桶狭間の合戦での豪雨と同じで、まるで天意を得たかのようです。

物語的には格好の題材でしょう。

 

しかし『三国志』のままだと、天が味方したのは周瑜軍となってしまいます。

蜀をヒーローにしたい『三国志演義』は、諸葛孔明に風を呼ばせることで(あるいは民間伝承を採用して)、

「正義の蜀」「超人的な諸葛孔明」と一石二鳥の展開にしたのです。

 

そしてこの演出が大当たりをして、史実はさておき、人々に強い印象を残しました。

沖田総司の池田屋喀血シーンとも通じるものがあります。

 

全くあり得ない話ではなく、事実に劇的な脚色を加えたことで、現代にも残る名シーンとなったのです。

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

孔明 矢

 

よく読まれてる記事:蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義

 

周瑜くやしい 呉

 

よく読まれてる記事:孔明に嫉妬する周瑜

 

孫権 劉備 対立

 

よく読まれてる記事:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの?

 

 

この記事を書いた人:楽凡

baienfu

自己紹介:歴史専攻は昔の話、今は漢文で妄想するのが得意なただのOLです。

楽凡

楽凡

投稿者の記事一覧

HN:

楽凡

自己紹介:

歴史専攻は昔の話、今は漢文で妄想するのが得意なただのOLです。
何か一言:

タイムマシンが欲しいけど発明されたくない葛藤。

関連記事

  1. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!
  2. 【あわれ趙雲】桃園義兄弟に入れないやむを得ない事情とは?
  3. 楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美…
  4. びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?
  5. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙
  6. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  7. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  8. 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 鄧禹と兵士

おすすめ記事

  1. エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?
  2. 郭嘉と陳羣を見習えばいじめが無くなるってホント?
  3. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち
  4. 【ネタバレ注意】キングダム547話「矛の嘆き」ネタバレ&レビュー
  5. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将
  6. 怪談話のルーツは中国にあり!オカルト集、捜神記とは?

三國志雑学

  1. 庶民、村人の家
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔融
  2. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

週刊ビジネス三国志vo1サービスは出し惜しみするな 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」の見どころ紹介 キングダムネタバレ予想 バジオウが戦死する6つの理由 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説! 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介 ボロボロになった馬超 馬超の死因は何か?病死?隠居?暗殺?自害?

おすすめ記事

  1. 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話
  2. 楽進はチビだけどスゴイヤツ背が低いのは不利じゃない!
  3. 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹操もリスペクト
  4. 三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた
  5. 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?
  6. 総制作費40億円!!三国志史上、最も美しいエンターテインメント時代劇『三国志 ~趙雲伝~』を11月2日からレンタルをスタート
  7. 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは?
  8. キングダム 519話 ネタバレ予想:強力な山の民の戦闘力

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP