涙なしには語れない桃園の結義


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

桃園の誓012

 

桃園の結義(または桃園の誓い)は、劉備(りゅうび)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)の三人が、義兄弟の契りを結ぶという有名なシーンです。「同年、同月、同日に死ぬことを誓う」このセリフに込められた想いは、並々ならぬものです。


三人の願った生き様が浮き彫りに

関羽 神様

 

劉備と関羽と張飛の三人は、「一緒に死ぬ」ことを誓い合いました。ここはもし孫策(そんさく)孫権(そんけん)の兄弟であれば、「一緒に天下を取ろうぜ!」という誓いである気がします。

 

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

ちなみに曹操(そうそう)夏候惇(かこうとん)夏侯淵(かこうえん)であれば(兄弟ではなく親戚ですが)、「一生俺を裏切るな」かもしれません。しかし劉備たち三兄弟の誓いは「死ぬこと」です。一緒に死ぬというのは、つまり、戦死。

 

黄巾賊

 

畳の上で大往生することなんて、望んでもいなかったということです。政治腐敗や黄巾の乱で乱れた世の中で、少しでも役に立つ働きをして、戦い抜いて一緒に散っていこうという誓いなのです。武士ですね。

 

セミナリオ(教会)

 

この時代ではまだ確立されていませんが、中国には道教という土着の宗教があります。これは中国独特の宗教で、仏教やキリスト教などの世界宗教とは大きく違う点があります。


道教の一番の特徴

子供 桃園

 

それは道教では、「現世利益」を大切にしているところです。死んだあとのことではなく、今生きているこの時が大事という思想です。こういう国民性を持つ人たちの中で、「一緒に死のう」と誓う三人の姿は、かなり特殊であり、胸を打つものであるといえます。数千年たっても、彼らの物語が人々の心を惹きつける理由も、ここにあるのかもしれません。

 

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

関連記事:太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?


誓いの通りの死に際

劉備 関羽途方 ぶち切れ

 

220年1月、関羽が呉軍によって殺されると、劉備は孔明が止めるのも聞かず、かたき討ちに出陣することを決めます。

 

亡くなる張飛将軍

 

221年6月、準備が整い、いざ出陣、というときになり、張飛が部下に殺されてしまいます。

 

張飛の寝込みを襲う張達と范彊

 

関羽のかたき討ちに息巻くあまり、部下に対する態度がひどかったためです。

 

劉備の臨終に立ち会う孔明

 

223年6月、関羽、張飛を失った劉備は、それでもかたき討ちに出陣しました。初めは連勝していたものの、だんだんと劣勢になり、陣中で病を得た劉備は、帰陣することなく途中の白帝城で亡くなります。同年同月同日、というわけではありませんが、ほぼ同時期に、三人とも無念の死を遂げました。

 

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったのか?

関連記事:滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 

関連記事

  1. 李儒と三国志(はてな)
  2. 劉秀(光武帝)
  3. 荀彧
  4. 関羽の降伏を説得しにいく張遼
  5. 魏曹操と魏軍と呉軍

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典




PAGE TOP