呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

何で日本人は三国志が好きなの?

三国志の主人公・劉備




三人(魏 呉 蜀)

 

三国志は、中国のお話ですから、

いかにも中国でも人気があるように思いますが、

実はそうでもないようです。

 

というのも歴史が長い中国では、三国志ばかりではなく、

楚漢決戦も、史記もあれば、楊家将もあれば、水滸伝もあればで、

歴史劇に事欠かないからなのだとか、、

 

中国人の認識での三国志は、日本の源平合戦のようなもので、

あらすじは知っていても、細かくは分からない

という人が多いとの事です。

 

では、どうして、日本では、中国史=三国志となるのでしょうか?

そこには、日本人に好かれる約束パターンを三国志が不思議に

踏襲しているという事実がありました。




日本人のお約束:主人公は志半ばで死ぬ

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

日本人は、主人公に人生を全うする事を望みません(笑)

 

全ての願いを叶えてライバルを蹴落とし大往生を遂げる

という最期は、あまりに上手く行きすぎて嫌みだからです。

 

徳川家康は、天下を取り、徳川300年の歴史を築くのに

秀吉、信長より人気がないのも、それが原因です。

 

例えば、日本史最初のスーパースター源義経は、

平家を壇ノ浦で滅ぼす武勲を立てながら、

最期には、兄頼朝に疎まれて奥州平泉で最期を迎えます。

 

また、幕末最大のヒーローである坂本龍馬も、

薩長同盟を締結させ、大政奉還を実現させながらも、

名も知らぬ暗殺者に殺され最期を迎えます。

 

劉備も孔明も、蜀漢を建てるまではいくのですが、

宿敵魏を打倒できず、無念のまま最期を迎えるのです。

 

ここが、何とも言えない判官ひいきの感情を誘い、

三国志に日本人を引きつけるのです。




日本人のお約束:主人公はだらしがない(笑)

劉備 だらしない

 

日本人は主人公に完全無欠の英雄を求めません、、

というか、完全無欠のキャラクターは嫌われ、仇役になる事が多いです。

 

その代表例は、坂本龍馬でしょう、、

少年時代は寝小便たれ、青年期には剣術だけで難しい事は分からない

坂本龍馬は、勝海舟の薫陶を受けて、非凡な政治センスを身につけます。

 

一方の劉備も、戦争は下手で負けてばかりですが、

孔明を得てからは、大きく成長し、蜀の皇帝へと貫録を付けていきます。

 

 

日本人のお約束:主人公は差別しない

桃園兄弟

 

日本人が好む主人公は差別をせず、多くの人を飲みこむ度量があります。

 

戦国のヒーロー豊臣秀吉は人たらしとして人心を掴むのに巧みで、

竹中半兵衛、黒田官兵衛のような軍師を迎え入れる事に成功して、

天下獲りの下地を築いていきます。

 

また、坂本龍馬は、倒幕組織である海援隊の中に佐幕

(幕府を助ける)派の小谷耕蔵という人を入れています。

仕事を真面目にしてくれれば思想・信条は問わなかったのです。

 

劉備も、孔明を得る時には20歳も年が違う孔明に臣下の礼を取り

その心を掴んでいます。

また、傲慢な所がなく、慕ってくる農民を見捨てなかった部分も

差別をしない事に繋がっています。

 

日本人のお約束:主人公は貧乏

朝まで三国志 呂布 劉備

 

日本人が求める主人公像には、貧乏というか主人公が

生まれつき逆境を背負っているというのがあります。

 

 

大体にしてライバルは金持ちのエリートというケースが

多く、それが感情移入しやすい側面を造っているのです。

 

まず、源義経ですが、彼は貧乏ではありませんが、

幼くして母と引き離され鞍馬寺に入れられて坊主になる運命でした。

 

坂本龍馬も貧乏ではありませんが、土佐では郷士という

身分の低いサムライで常に上士の圧迫を受けています。

それを抜け出す為に脱藩して狭い土佐を抜け出し、

土佐の龍馬から日本の龍馬に育っていくのです。

 

豊臣秀吉は、百姓の子供で幼い頃は貧乏でしたが、

それにも負けず、知恵と勇気と行動力で信長に認められ

出世街道を驀進していきます。

 

当然、劉備も演義では、母一人子一人の貧しい筵売りです。

おまけにライバルの曹操は大金持ちで、最初の出会いは、

曹操が官軍の将校で、劉備は義勇兵の兵卒でした。

 

これも、主人公に貧乏、或いは逆境を求める日本人の好みに

合致していると言えるでしょう。

 

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

関連記事:壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング

関連記事:三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

関連記事:日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

HN:

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 袁尚と対立する袁譚 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?
  2. 陳寿(晋) 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成した…
  3. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  4. 空城も計 孔明 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?
  5. 魔王曹操 【それは偏見!】偏ってしまった英雄曹操の実像
  6. 孔明 諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?
  7. 祁山、街亭 125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの?
  8. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだっ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 項羽と劉邦
  2. 関羽に惚れる曹操
  3. 劉備と張松(ちょうしょう)
  4. 孔明
  5. 抜き出た曹操
  6. キングダム

おすすめ記事

  1. 【正史と政治】張巡は歴史書で英雄に祀り上げられた 陳寿(晋)
  2. 西郷慎吾(従道)はどんな人?大器だが能天気な西郷どんの弟 西郷従道 幕末
  3. 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1万 蜀の魏延
  4. 【子供は親のコピー】劉備の阿斗投げを容認する儒教の驚きの論理 孔子と儒教
  5. 【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!?
  6. 【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】

三國志雑学

  1. 甘露寺 十字紋石
  2. 餓えた農民(水滸伝)
  3. 呂壱と孫権
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽千里行 ゆるキャラ
  2. 孔明
  3. 西夏の旗の兵士
  4. 卑弥呼
  5. 始皇帝
  6. 鎌倉時代の侍

おすすめ記事

曹沖 曹沖(そうちゅう)とはどんな人?曹操が最も愛した幻の皇帝 餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?中国のお正月を分かりやすく紹介 京劇の格好をした関羽 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志 張嶷 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】 徐庶 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは? 今川義元 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!? 蜀の皇帝に即位した劉備 もし劉備が白帝城で死ななかったら三国志はどうなる? 呂不韋 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP