ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
歯痛の中国史


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

何で日本人は三国志が好きなの?

三国志の主人公・劉備




三人(魏 呉 蜀)

 

三国志は、中国のお話ですから、

いかにも中国でも人気があるように思いますが、

実はそうでもないようです。

 

というのも歴史が長い中国では、三国志ばかりではなく、

楚漢決戦も、史記もあれば、楊家将もあれば、水滸伝もあればで、

歴史劇に事欠かないからなのだとか、、

 

中国人の認識での三国志は、日本の源平合戦のようなもので、

あらすじは知っていても、細かくは分からない

という人が多いとの事です。

 

では、どうして、日本では、中国史=三国志となるのでしょうか?

そこには、日本人に好かれる約束パターンを三国志が不思議に

踏襲しているという事実がありました。




日本人のお約束:主人公は志半ばで死ぬ

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

日本人は、主人公に人生を全うする事を望みません(笑)

 

全ての願いを叶えてライバルを蹴落とし大往生を遂げる

という最期は、あまりに上手く行きすぎて嫌みだからです。

 

徳川家康は、天下を取り、徳川300年の歴史を築くのに

秀吉、信長より人気がないのも、それが原因です。

 

例えば、日本史最初のスーパースター源義経は、

平家を壇ノ浦で滅ぼす武勲を立てながら、

最期には、兄頼朝に疎まれて奥州平泉で最期を迎えます。

 

また、幕末最大のヒーローである坂本龍馬も、

薩長同盟を締結させ、大政奉還を実現させながらも、

名も知らぬ暗殺者に殺され最期を迎えます。

 

劉備孔明も、蜀漢を建てるまではいくのですが、

宿敵魏を打倒できず、無念のまま最期を迎えるのです。

 

ここが、何とも言えない判官ひいきの感情を誘い、

三国志に日本人を引きつけるのです。




日本人のお約束:主人公はだらしがない(笑)

劉備 だらしない

 

日本人は主人公に完全無欠の英雄を求めません、、

というか、完全無欠のキャラクターは嫌われ、仇役になる事が多いです。

 

その代表例は、坂本龍馬でしょう、、

少年時代は寝小便たれ、青年期には剣術だけで難しい事は分からない

坂本龍馬は、勝海舟の薫陶を受けて、非凡な政治センスを身につけます。

 

一方の劉備も、戦争は下手で負けてばかりですが、

孔明を得てからは、大きく成長し、蜀の皇帝へと貫録を付けていきます。

 

 

日本人のお約束:主人公は差別しない

桃園兄弟

 

日本人が好む主人公は差別をせず、多くの人を飲みこむ度量があります。

 

戦国のヒーロー豊臣秀吉は人たらしとして人心を掴むのに巧みで、

竹中半兵衛、黒田官兵衛のような軍師を迎え入れる事に成功して、

天下獲りの下地を築いていきます。

 

また、坂本龍馬は、倒幕組織である海援隊の中に佐幕

(幕府を助ける)派の小谷耕蔵という人を入れています。

仕事を真面目にしてくれれば思想・信条は問わなかったのです。

 

劉備も、孔明を得る時には20歳も年が違う孔明に臣下の礼を取り

その心を掴んでいます。

また、傲慢な所がなく、慕ってくる農民を見捨てなかった部分も

差別をしない事に繋がっています。

 

日本人のお約束:主人公は貧乏

朝まで三国志 呂布 劉備

 

日本人が求める主人公像には、貧乏というか主人公が

生まれつき逆境を背負っているというのがあります。

 

 

大体にしてライバルは金持ちのエリートというケースが

多く、それが感情移入しやすい側面を造っているのです。

 

まず、源義経ですが、彼は貧乏ではありませんが、

幼くして母と引き離され鞍馬寺に入れられて坊主になる運命でした。

 

坂本龍馬も貧乏ではありませんが、土佐では郷士という

身分の低いサムライで常に上士の圧迫を受けています。

それを抜け出す為に脱藩して狭い土佐を抜け出し、

土佐の龍馬から日本の龍馬に育っていくのです。

 

豊臣秀吉は、百姓の子供で幼い頃は貧乏でしたが、

それにも負けず、知恵と勇気と行動力で信長に認められ

出世街道を驀進していきます。

 

当然、劉備も演義では、母一人子一人の貧しい筵売りです。

おまけにライバルの曹操は大金持ちで、最初の出会いは、

曹操が官軍の将校で、劉備は義勇兵の兵卒でした。

 

これも、主人公に貧乏、或いは逆境を求める日本人の好みに

合致していると言えるでしょう。

 

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

関連記事:壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング

関連記事:三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

関連記事:日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

HN:

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 北伐でやりあう曹叡vs孔明 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!
  2. 甘寧 裏切る ゆるキャラ 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる
  3. 文臣の最高官位に登る鍾繇(しょうよう) 潼関の戦いを勝利に導いた鍾繇その隠れた功績を紹介
  4. 蜀の厳顔 蜀の老将・厳顔の年齢は一体いくつだったの??
  5. 陳平 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!…
  6. 董允 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!
  7. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  8. 連幹の計 呂布 貂蝉 連環の計って、どんな作戦?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉禅
  2. 攻め寄せる蒙古兵(モンゴル)
  3. 勉強に励んで文字も読めて賢くなる呂蒙
  4. 司馬懿
  5. 楚の旗と兵士
  6. 曹操 耳で聞いて覚える三国志
  7. 黄忠
  8. 三国志ライター黒田レン
  9. 曹操 五胡十六国

おすすめ記事

  1. 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
  2. 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1万 蜀の魏延
  3. 曹仁の弟である曹純は相当強かった?英雄記をもとに曹純の趣味や戦績を紹介 曹純
  4. 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕えていた男の人生 ホウ徳、馬超
  5. 裴松之の怒りの告発?賈詡を荀彧・荀攸と一緒にするな? 歴史書をつくる裴松之
  6. 劉備は本当に大器だったの?三国志演義の主役を斬る 蜀の皇帝に即位した劉備

三國志雑学

  1. 蜀の劉備
  2. 北伐したくてたまらない姜維
  3. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫堅逝く
  2. 郭嘉の本
  3. 赤兎馬を可愛がる董卓
  4. 山頂に陣を敷いた馬謖
  5. 赤穂浪士の吉良邸討ち入り
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

キングダム595話ネタバレ予想vol2羌瘣を救い那貴が大活躍 曹操と曹丕 【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった 董承 なぜ董承は死んだ!?後漢の忠臣の最期は召使いの裏切りだった!! 孫権に諫言する陸瑁 陸瑁(りくぼう)とはどんな人?人の苦境を救い、孫権の過ちを正そうと忠言を行った陸遜の弟 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼 夏侯惇 夏候惇の父親としての評価はどうだったの? 袁術に掴まれ強制ヘッドハンティングされる徐璆 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話 井伊直弼の首はどうなった?消えてしまった首の不思議

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP