三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

何で日本人は三国志が好きなの?




三人(魏 呉 蜀)

 

三国志は、中国のお話ですから、

いかにも中国でも人気があるように思いますが、

実はそうでもないようです。

 

というのも歴史が長い中国では、三国志ばかりではなく、

楚漢決戦も、史記もあれば、楊家将もあれば、水滸伝もあればで、

歴史劇に事欠かないからなのだとか、、

 

中国人の認識での三国志は、日本の源平合戦のようなもので、

あらすじは知っていても、細かくは分からない

という人が多いとの事です。

 

では、どうして、日本では、中国史=三国志となるのでしょうか?

そこには、日本人に好かれる約束パターンを三国志が不思議に

踏襲しているという事実がありました。




日本人のお約束:主人公は志半ばで死ぬ

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

日本人は、主人公に人生を全うする事を望みません(笑)

 

全ての願いを叶えてライバルを蹴落とし大往生を遂げる

という最期は、あまりに上手く行きすぎて嫌みだからです。

 

徳川家康は、天下を取り、徳川300年の歴史を築くのに

秀吉、信長より人気がないのも、それが原因です。

 

例えば、日本史最初のスーパースター源義経は、

平家を壇ノ浦で滅ぼす武勲を立てながら、

最期には、兄頼朝に疎まれて奥州平泉で最期を迎えます。

 

また、幕末最大のヒーローである坂本龍馬も、

薩長同盟を締結させ、大政奉還を実現させながらも、

名も知らぬ暗殺者に殺され最期を迎えます。

 

劉備も孔明も、蜀漢を建てるまではいくのですが、

宿敵魏を打倒できず、無念のまま最期を迎えるのです。

 

ここが、何とも言えない判官ひいきの感情を誘い、

三国志に日本人を引きつけるのです。




日本人のお約束:主人公はだらしがない(笑)

劉備 だらしない

 

日本人は主人公に完全無欠の英雄を求めません、、

というか、完全無欠のキャラクターは嫌われ、仇役になる事が多いです。

 

その代表例は、坂本龍馬でしょう、、

少年時代は寝小便たれ、青年期には剣術だけで難しい事は分からない

坂本龍馬は、勝海舟の薫陶を受けて、非凡な政治センスを身につけます。

 

一方の劉備も、戦争は下手で負けてばかりですが、

孔明を得てからは、大きく成長し、蜀の皇帝へと貫録を付けていきます。

 

 

日本人のお約束:主人公は差別しない

桃園兄弟

 

日本人が好む主人公は差別をせず、多くの人を飲みこむ度量があります。

 

戦国のヒーロー豊臣秀吉は人たらしとして人心を掴むのに巧みで、

竹中半兵衛、黒田官兵衛のような軍師を迎え入れる事に成功して、

天下獲りの下地を築いていきます。

 

また、坂本龍馬は、倒幕組織である海援隊の中に佐幕

(幕府を助ける)派の小谷耕蔵という人を入れています。

仕事を真面目にしてくれれば思想・信条は問わなかったのです。

 

劉備も、孔明を得る時には20歳も年が違う孔明に臣下の礼を取り

その心を掴んでいます。

また、傲慢な所がなく、慕ってくる農民を見捨てなかった部分も

差別をしない事に繋がっています。

 

日本人のお約束:主人公は貧乏

朝まで三国志 呂布 劉備

 

日本人が求める主人公像には、貧乏というか主人公が

生まれつき逆境を背負っているというのがあります。

 

 

大体にしてライバルは金持ちのエリートというケースが

多く、それが感情移入しやすい側面を造っているのです。

 

まず、源義経ですが、彼は貧乏ではありませんが、

幼くして母と引き離され鞍馬寺に入れられて坊主になる運命でした。

 

坂本龍馬も貧乏ではありませんが、土佐では郷士という

身分の低いサムライで常に上士の圧迫を受けています。

それを抜け出す為に脱藩して狭い土佐を抜け出し、

土佐の龍馬から日本の龍馬に育っていくのです。

 

豊臣秀吉は、百姓の子供で幼い頃は貧乏でしたが、

それにも負けず、知恵と勇気と行動力で信長に認められ

出世街道を驀進していきます。

 

当然、劉備も演義では、母一人子一人の貧しい筵売りです。

おまけにライバルの曹操は大金持ちで、最初の出会いは、

曹操が官軍の将校で、劉備は義勇兵の兵卒でした。

 

これも、主人公に貧乏、或いは逆境を求める日本人の好みに

合致していると言えるでしょう。

 

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

関連記事:壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング

関連記事:三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

関連記事:日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

HN:

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【忠誠心はどっちが上】太史慈と趙雲を今夜比べてみた!?
  2. 泣いていると鬼ではなく、張遼がやってくる!?
  3. 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察
  4. 【朝まで三国志 2017】周瑜、郭嘉、荀彧も参戦のお知らせ
  5. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで…
  6. 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?
  7. 袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介
  8. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明もコペルニクスに似ていた

おすすめ記事

  1. 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?
  2. キングダム557話「王翦の計略判明!」ゴールデンウィーク大予想
  3. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  4. 『三国志大戦』2017 公式全国大会「覇業への道 英傑再臨」が10月7日より開催。「日本最強の君主」は誰だ!?
  5. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生
  6. 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇伝

三國志雑学

  1. 玉璽
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の孫堅

おすすめ記事

【衝撃の事実】劉備と同郷の簡雍(かんよう)がいなければ三国志がなかったかも!? 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その6「変遷」 海賊時代の孫堅と孫策 孫堅と孫策の似てないところは一体どこ? 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】 劉備の若妻孫尚香はとんでもない爆弾娘だった理由とは? 【三顧の礼】Three Kingdomsの諸葛亮が一瞬で張飛のハートをキャッチ! 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言

おすすめ記事

  1. 意外!中国人は三国志をあまり読んでない!? 韓非の本を熟読して感銘を受ける政
  2. 【三顧の礼】諸葛亮の嫁の父・黄承彦の詩にドラゴンが出てカッコいい!
  3. 関羽の名言にはどんなモノがあるの?
  4. 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?
  5. 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る!
  6. kawauso編集長のぼやきVol.26「倒れない編集長」
  7. 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの?
  8. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP