呂布特集
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング

ロボ関羽




ロボ 関羽

 

中国は、白髪三千畳の国とも言い、とにかく表現がオーバーな国です。

三国志もその例外ではなく、身長一丈(3m)という兀突骨(ごっとつこつ)

という南蛮武将は、全身をウロコに覆われている設定です。

 

しかも兀突骨は、諸葛亮(しょかつりょう)の新兵器、

地雷によって、仲間もろとも焼き殺されて全滅してしまうのです。

ほとんど宮崎アニメの巨人兵のような扱いのように思えます。

 

また、三国志と言うと、武将の無念の死に様として、やたら吐血する

という事でも有名ではあります。

 

このコラムを書くにあたり、改めて、血を吐き、或いは血を噴き出して

死んでいく武将の多さにびっくりしました。

 

なので、ここで供養もこめて、そんな吐血武将を紹介します(笑)




吐血ナンバー① 袁術公路(えんじゅつ・こうろ)

袁術くやしいいい

 

袁紹の同族、4代に渡り、漢王朝で三公を出した名門の家柄

庶民の苦しみを知らず、重税を課し、搾取を行い、

戦争と飢饉で、国が弱体化、曹操軍に追われ

袁紹の下に逃げる途中、食糧が尽き、あまりの惨めさに絶叫し、

大量の血液を口から吐いて憤死、、

 

関連記事:袁術祭り開催日程のお知らせ

関連記事:三国志一の策謀家、袁術の伝説

関連記事:とっても皇帝になりたかった袁術




吐血ナンバー② 孫策伯符(そんさく・はくふ)

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

江東の虎、孫堅(そんけん)の子、父の戦死後、袁術(えんじゅつ)の

支配下から独立して、長江の以南で各地を転戦、

会稽郡、呉郡を制圧し小覇王と呼ばれる。

 

しかし、曹操にスパイ行為を行った許貢(きょこう)を処刑後、

その食客により襲われて、頬に矢傷を受ける。

傷は浅かったが、顔には醜い後遺症が残り、それを鏡で見て絶望

傷口が開いて、大量の出血を起こし、以後、衰弱し死亡。

 

関連記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

関連記事: 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

関連記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策

 

 

吐血ナンバー③ 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)

袁紹逝く! ゆるキャラ

 

4代に渡り、後漢王朝で三公を出した袁家の名族出身

有能な家臣に恵まれ、華北の冀州、幽州、櫲州など4州を支配し、

北方の雄、公孫瓚(こうそん・さん)を降して、曹操を凌ぐ力を持つ。

 

西暦200年に、官渡の戦いで曹操(そうそう)と激突するが、

優柔不断が祟り許攸(きょゆう)の裏切りで食糧庫の烏巣を焼かれて敗戦。

敗戦のショックで、病気に罹り、三男、袁尚(えんしょう)が曹操に敗れると

それが駄目押しになったのか、、血を吐いて死亡。

 

関連記事:象対蟻か?袁紹vs曹操

関連記事:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー

関連記事:袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょっぴり不謹慎

 

吐血ナンバー④ 周瑜公瑾(しゅうゆ・こうきん)

周瑜逝く

 

小覇王、孫策の幼馴染で智謀と武勇に優れた武将、、

特に赤壁の戦いで、曹操に降伏する方向に傾いていた呉の世論を

主戦に纏め、圧倒的多数の曹操軍の軍船を焼き討ちにして

戦いを勝利に導いたとして有名。

 

演義においては、諸葛亮の才能に嫉妬し、これを亡き者に

しようとして動くが、すべて諸葛亮に裏を掻かれ、

恨み事を吐きながら喀血して死亡、、

 

関連記事:周瑜公瑾の輝かしい功績

関連記事:孔明に嫉妬する周瑜

 

 

吐血ナンバー⑤ 曹真子丹(そうしん・したん)

三国志 歴史 老いには勝てず

 

曹操の甥、曹操、曹丕(そうひ)、曹叡(そうえい)の

三大の主君に仕えた大将軍、、

諸葛亮の北伐に対して、対抗してこれを阻止するなど

対蜀漢政策に中心的な役割を果たした他に、

西暦230年には、逆に蜀に攻め入るプランまで立てた実力派、、

 

しかし、演義では、司馬懿(しばい)に存在感を喰われてしまい、

諸葛亮の智謀に翻弄される無能な人として描かれ、

最期には病床で自分を侮辱する諸葛亮の手紙を読んで、

血を吐き憤死する、、

 

上の五人以外にも、関羽を討ち取った呂蒙(りょもう)も、

演義では関羽(かんう)の呪いで、原因不明の病に罹り最期は、

喀血して死ぬなど、、血を吐いて死ぬシュチュエーションは、

三国志には、事欠かない現象であると言えます。

 

ああ、吹きまくる血しぶきに、貧血になりそう、、、




こちらの記事もよく読まれています

張遼 カカロットーーーー!

 

よく読まれてる記事:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

 

劉備にそそのかされて出撃

 

よく読まれてる記事:荊州を餌に孫権を合肥を攻めさせる劉備

張昭 VS 孫権

 

よく読まれてる記事:孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

関連記事

  1. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた…
  2. 司馬懿と魏延 【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説
  3. 関銀屏 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎…
  4. 劉備の黒歴史 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは?…
  5. どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません
  6. 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族) 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  7. 曹丕 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  8. 曹操 劉備 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラVSゲイリー・グッドリッチ 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 王允と呂布
  2. キングダム53巻
  3. 孫権と張昭
  4. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  5. ネズミで人生を変えた李斯
  6. 桓騎

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/18〜12/24】
  2. 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!? 城 銅雀台
  3. 前原一誠は超がつく真面目人間だった! 前原一誠
  4. コミュニティ機能アップデートのお知らせ(10月22日実施) 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250
  5. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】 劉備と曹操
  6. 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第1回 ドラゴンブレイドを攻略挑戦

三國志雑学

  1. 魏三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操
  2. 司馬懿
  3. 呉の孫権
  4. 曹叡


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明による出師の表
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖
  3. ロボ関羽
  4. キングダム
  5. 呂布に暗殺される董卓
  6. チャーチル

おすすめ記事

【三國志女性列伝】「私、失敗しないので」三国志時代にも存在したドクターX 辛憲英(しんけんえい) 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い? 光武帝(劉秀)陰麗華 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せください!風占いの達人 環夫人 曹操に寵愛された環夫人は、控え目な子育て上手な女性だった 曹操を好きになってはいけない6つの理由 曹芳 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ? BOOK☆WALKERにて『#君主論』の販売を開始しました。

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP