復讐に燃える曹操は三国鼎立を早める




裏切りは許さぬ 曹操

 

父曹嵩(そうすう)を殺された復讐として

曹操は徐州(じょしゅう)で無差別殺戮を行います。

これが、悪名高い徐州攻略戦で、曹操の人生の中で働いた

数多くの非道の中でも、最も残虐だといわれる戦いです。

犠牲者は数十万ともいわれる大虐殺は

秦の始皇帝や明の洪武帝とも並ぶ、凄まじい殺戮です。




曹嵩殺害の真相

董卓戦上手なの?

 

曹嵩は、もともと洛陽で大尉(たいい)の地位にありましたが、

董卓が支配者の座に上ると、洛陽を離れ、徐州で避難生活をしていました。

193年、袁術軍を打ち破った曹操は、父曹嵩を兗州(えんしゅう)へ

呼び寄せようとします。

しかし曹嵩は、その道中で、突然殺害されてしまうのです。

 

『武帝記』によると

曹嵩は陶謙(とうけん)軍に突然襲われ、一族郎党皆殺しにされました。

徐州で闕宣(けつせん)が皇帝を称して反乱を起こしたのですが、

陶謙はこの反乱に加担して、曹嵩を殺し、兗州に侵略したのです。

 

『呉書』によると

陶謙は配下に命じて曹嵩を護送しようとしていました。

ところが配下のものが裏切り、曹嵩を殺して財宝を奪って逃げてしまった

ということになっています。

 

『三国志演義』は劉備が善玉、曹操が悪玉とはっきりとした善悪二元論で

描かれた作品のため、曹操の残虐ぶりを強調するために、

陶謙はあくまで被害者であるという立場の『呉書』の説をとっています。




復讐の炎は凄まじく

キレる曹操2

 

父を殺された曹操の怒りは凄まじく、

たちまちに10もの城を落としていきます。

陶謙は逃げ回り、曹操はそれを追い、徹底的に陶謙の勢力範囲を

叩き潰していきます。

 

曹操は城を落とすだけでは飽き足らず、

徐州の民をも皆殺しにして進みます。

徐州は死屍累々で犠牲者は数十万にも及んだといいます。

泗水(しすい)の流れは死体で埋もれて止まってしまったくらいです。

 

人々の曹操に対する恨みは深く、

曹操は一気に人望を失いました。

 

 

曹操の徐州攻略により、劉備は出世する

公孫攅と劉備

 

この頃の劉備は、公孫瓚(こうそんさん)配下の一武将にすぎませんでした。

ところが、曹操を怖れて逃げ回る陶謙は、劉備に救援を求めるのです。

陶謙と劉備は共に公孫瓚の支配下で一緒に戦ったことがある旧知の仲でした。

 

劉備はたった1000の民兵を率いて徐州に向かいます。

もちろん曹操軍にかなうはずはなく、敗走する羽目になります。

 

しかし、この事件後、劉備は陶謙の配下となり、

陶謙は劉備に本拠地として小沛(しょうはい)を与えるのです。

そしてまもなく、陶謙は病でこの世を去ってしまいます。

その際、劉備の人柄に魅せられた陶謙は、

「徐州を任せた」

と遺言するのです。

 

劉備はついに、徐州牧となり一国の主となったのです。

曹操が人望を失ったのと同時に、

劉備は人望によって出世し、のちの三国鼎立につながっていくのです。




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

関連記事

  1. 環夫人

    三国志の雑学

    曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1

    曹操には、13人の妻と、32人の子供がいたといいます。…

  2. 漢呂布の怒りを買う侯成(こうせい)
  3. 尹夫人 曹操

    デザイン担当:よりぶりん

    後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2

    曹操(そうそう)に見初められて、曹操13人の妻の一人になった尹…

  4. 荊州争奪戦
  5. 盧植
  6. 袁術と一緒にはちみつを楽しむ袁燿(えんよう)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP