はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西




太陽 三国志 写真

 

中国の清の時代の初期に纏(まと)められた兵法三十六計は、

兵法における戦術を六段階、36に分類したものです。

 

その中の14番目に、借屍還魂(しゃくち・かんこん)という計略があります。




借屍還魂(しゃくち・かんこん)ってどういう意味?

借屍還魂 名前をかたる

 

おおまかな意味は、すでに亡くなった権威や、いなくなった他人の名声を

利用して、自分の利益を上げるという方法です。

 

これは、中国史ばかりでなく、他国でも似たような方法が、

取られているので、少し紹介してみましょう。




① 有名人の名前を借りて、利益を得るタイプ

劉備 黒歴史

 

一番ポピュラーで簡単なのは、すでにいない有名人の名前を騙り

自分の野望を達成するというタイプの、借屍還魂です。

 

有名なのは、秦末の叛乱を起した陳勝(ちんしょう)と呉広(ごこう)でしょう。

平民に過ぎない彼等は、農民軍に権威を付ける名目で、

始皇帝の長男で、名声の高い扶蘇(ふそ)の名前を使ったり

秦の天下統一に最後まで抵抗した楚の項燕(こうえん)大将軍の名前を

騙ったりしています。

 

新聞もテレビもない時代ですから、それを信じる人は多く

陳勝・呉広は、大勢の人間を集める事に成功しました。

 

 

② 先祖の名前を使い利益を得るタイプ

劉備

 

先祖に有名人がいた場合には、その名前を出す事で、

自分の力を大きく見せる事が可能になります。

 

三国志劉備(りゅうび)は、前漢の景帝の子孫、

中山靖王劉勝(りゅうしょう)の末裔という400年も遡る、

うっすい血縁を最大限利用し、乱世を渡るテクニックにしました。

 

 

日本史でも、鎌倉幕府を起した源頼朝は、父が源氏の大将、

源義朝だった事を最大限に利用しています。

義朝は、頼朝が挙兵した頃にはすでに殺されているので、

これも借屍還魂の一種でしょう。

 

 

また、中央アジアの覇者、チムールは、チンギス・ハーンの末裔を

名乗り敵に威圧感を与えていましたし、

インドのムガル王朝を開いたバーブルは、このチムールの末裔を

自認して、戦いインドを統一しています。

 

 

強くて残忍無比なチンギスハーンの勇名は中央アジアや、

インドに轟いていて、多くの相手は戦う前に怯んでしまったのです。

 

 

③過去の故事を利用して利益を得るタイプ

古代琉球 三国時代

 

 

借屍還魂には、過去の故事を利用して、自分の利益にするタイプもあります。

最初に琉球を統一した覇王、尚巴志(しょうはし)は、

西暦1416年に北山(ほくざん)王、攀安知(はんあんち)を攻めるのですが、

この時に北山の他の豪族を仲間に引き込んで攀安知を孤立させています。

 

実は、攀安知は、祖父の代に北山の前の王を追い出して今帰仁城を乗っ取った

下剋上の人物で、北山の他の豪族は、この追放された王の末裔でした。

 

そこで尚巴志は、北山の豪族に先祖の仇討ちをさせる事を大義名分とし

自分はそれに手を貸すとしたのです。

 

※もちろん、尚巴志は、北山の前の城主とは縁もゆかりもありません。

 

 

こうして、今帰仁城を攻め落とした尚巴志は、前の北山王の末裔の

護佐丸(ごさまる)という武将を今帰仁城主に任命させて、

形上、仇を討たせたという体裁を取り繕ったのです。

 

 

いかがでしょう? こうして見ると、時代と社会は違っても、

借屍還魂が広く計略として使われているのが分かりますね。




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 曹操 孔明をチェック 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  2. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけ…
  3. 関羽に手紙を送る陸遜 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ…
  4. 董卓を倒す呂布 呂布はどうして義父の董卓を裏切ったの?
  5. 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀…
  6. 世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い!
  7. キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想!…
  8. 顔良と文醜 顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徳川慶喜(幕末)
  2. 始皇帝
  3. 馬謖を斬り悲しむ孔明
  4. 張遼・楽進・李典
  5. 宋姫

おすすめ記事

  1. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生 曹仁
  2. 【病は気から?】姜維が諸葛亮に延命祈祷を勧めた理由
  3. 張飛の武器は蛇矛じゃなかった?蛇矛は三国志の時代の武器だった? 張飛が使う蛇矛
  4. 3周年を迎える「はじめての三国志」公式オンラインストアをオープン!
  5. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将 ホウ徳
  6. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!

三國志雑学

  1. ハッポウ茶
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 玉磁と孫堅
  2. 船冒険する諸葛直 船
  3. 鄧禹と兵士
  4. 美女を集めた曹叡
  5. 劉姫

おすすめ記事

三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ 沙摩柯 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表者達 劉備孔明と出会う? 【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!? 曹操は褒め上手 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの? 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る! 曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP